EMOBILEを契約する際は「4G」契約と「LTE」契約にご注意を!

2020年5月10日MNO/MVNO

今現在EMOBILEのデータ通信サービスには二種類あり、「EMOBILE 4G」と「EMOBILE LTE」です。
ぱっとみ価格も変わりませんし、通信速度を見ると「EMOBILE 4G」の方が早そうに見えます。

しかし私個人としては契約するなら最高速度75Mbpsの「EMOBILE LTE」サービスを推奨します。
下記に理由を書いていきたいと思います。・・・がまずはその他のサービス内容から。

①EMOBILE 4G
imp20131101.jpg

●最高速度(理論値)
 AXGP(4G)→110Mbps
  サービスエリア(http://emobile.jp/area/areamap_emobile4g.html
 EMOBILE LTE(LTE)→75Mbps
  サービスエリア(http://emobile.jp/area/areamap.html
 ULTRASPEED(3G)→42Mbps
  サービスエリア(http://emobile.jp/area/areamap_emobile4g.html
 EMOBILE 3G(3G)→21Mbps
  サービスエリア(http://emobile.jp/area/areamap.html
 SoftBank 3G(3G)→21Mbps
  サービスエリア(http://www.softbank.jp/mobile/network/area/?service=sb3g

●価格
 主たる契約プラン→4Gデータプラン(にねん) 月額3,991円
 契約期間→2年契約(自動更新)更新月以外での解約は違約金として10,260円請求

②EMOBILE LTE

charge_topimg_emlte.png

●最高速度(理論値)
 EMOBILE LTE(LTE)→75Mbps
  サービスエリア(http://emobile.jp/area/areamap.html
 EMOBILE 3G(3G)→21Mbps
  サービスエリア(http://emobile.jp/area/areamap.html

●価格
 主たる契約プラン→LTEプラン(にねん) 月額3,991円
 契約期間→2年契約(自動更新)更新月以外での解約は違約金(契約期間によって変更)請求

さてここまで書いてみました。
ここまでではどう考えても「EMOBILE 4G」の方がいいと思って契約してしまうかもしれません。
では次に問題の通信速度の制限を見ていきたいと思います。

①EMOBILE 4G
●通信速度制限
 (1)前日までの3日間のご利用通信量が1GBを超えた場合。(当日6時から翌日6時まで)=終日
   ソフトバンクの1GB規制そのまんまですね。これに関しては下記をご覧ください。
「ソフトバンクの「3日1GB制限」がどんどん酷くなっている件。これがつながりやすさNo.1だ!」
「ソフトバンクの3日1GB規制に苦しむ人多数。厳密に適用されるから月間7GBより酷い」
「ソフトバンクの3日1GB規制と月間7GB規制の合わせ技。容量増加に2700円(税込)払っても無駄金に」

   あとEMOBILEのオンラインショップでボロクソ言われています。
「EMOBILE 4G対応 Pocket WiFi 【GL09P】新規/機種変更/契約変更受付|Pocket WiFi/スマートフォン」

 (2)当月ご利用のデータ通信量が7GBを超えた場合。
   これに関しては月末まで128Kbpsに速度制限されます。

●ご利用できないコンテンツ・サービス等
 お客さまへよりよいネットワーク品質を提供するため通信毎にトラヒック情報の収集、分析、蓄積を行います。
 また、下記のコンテンツ・サービスなどをご利用の際、通信速度の制御や各種ファイルの最適化を行う場合があります。

 (1)VoIP(Voice over Internet Protocol)を利用する通信
(音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス)→LINE、Skype等
 (2)動画、画像などの一部
(MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル/BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル)
 (3)大量のデータ通信、または長時間接続をともなうパケット通信
動画閲覧、高画質画像閲覧をともなうサイト、アプリケーションなど)

  ・・・いやぁ厳しいですね。あと各種ファイルの最適化っていったい何なんでしょうかねw

※6/8日追記 画像に関して確認してみました。
ソフトバンクグループの画像圧縮の実態を検証してみた。

②EMOBILE LTE
●通信速度制限
 (1)24時間ごとのご利用通信量が300万パケット(約366MB)以上(当日21時から翌日2時まで)→5時間
 (2)2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合当月末までの通信速度を制御します。

●ご利用できないコンテンツ・サービス等
 (1)P2P(Peer to Peer)通信方式を用いたファイル交換や一部のオンラインゲームはご利用できません。

 ・・・まあP2Pは仕方ないですね。

まとめ
EMOBILE 4Gは見かけ上速度が早そうに見えますが、規制が非常にきつい上に、
エリアに関しても正直ソフトバンクのメインのLTE(iPhoneで使用している物)が使用できないのであまり変わりません。
それに対しEMOBILE LTEは元々EMOBILEがソフトバンクに買収される前から行っていたもので、規制も緩い上に、
2014年5月から制限が始まるとはいえ、同じ価格で+3GBも使用できます。

速度は早いけどすぐ規制され、動画等も規制されてしまう回線と、最高速度は少々遅くても規制の緩く動画等の規制のない回線。
あなたはどちらの回線が欲しいですか?

結論から言って、EMOBILEの「EMOBILE 4G」は今までのとは大違いです。契約してはいけません。

あれはEMOBILEという名前のソフトバンクのPocketWiFiです。
ソフトバンクの203zと301HWがGL09P、GL10Pと名前を変えているだけの。

EMOBILE LTE回線は違約金が高いのだけが問題ですが・・・

おことわり
この記事はあくまで私個人の意見であり、もし契約して使用場所にて速度が出ない等あっても一切責任はとりません。
電波を使用している以上、電波が悪く速度が出ない場所は確実にあり、全ての場所を把握しているわけではないので。