超小型スマホのJellyがスペックアップして復活へ。「Jelly 2」がクラウドファンディングにて129ドルから開始予定

2020年6月20日NEWSJelly,Unihertz

あの世界最小スマホといわれたJellyがスペックアップして復活とのことです。

Super Early Birdでは129ドルとのことですが、一体何個用意されているのか気になるところです。

スペックアップしたJelly 2が公開

OGadgetというサイトにて、Jellyの後継機であるJelly 2が掲載されていました。

初代Jellyの小型軽量という利点は残しつつ、スペックを大幅アップさせた製品となるようです。

個人的に大きな利点と思えるのが、バッテリー容量が元々のJellyから2倍になっていること。

正直以前のJelly Proを使っていても電池持ちが気になったのは事実なので、容量倍増により改善されていることが期待できます。

カメラも画素数が多くなっていますが、あまりカメラに期待する機種でもないので実際のところどうかは試してみないとわかりませんね。

また、背面に見える○は指紋認証のようです。生体認証が出来るのは嬉しいです。

他にもメモリが6GBと大幅増となっていることや、NFC対応など、小型ではあるものの妥協しないスペックとなっています。

しかしこれ、Felica使えればおサイフケータイ用に良さそうなんですけど厳しいでしょうね……。

こちらがJellyとの比較となりますが、画面や本体サイズは少し大きくなってしまったものの、その代わりにバッテリーが大きくなったのでこれはこれで良いと思います。

また、既にYouTubeにレビュー動画がありました。結構サクサク動いてるようですね。

クラウドファンディング開始日はまだ未確定

クラウドファンディングにて募集予定となっているものの、まだ何日からということは未確定のようです。

また前回と同じく何個かまとめれば安価にというものも出たりする可能性があるので、今のうちに他に欲しい人が居ないか確認しておくのも良いかもしれませんね。

OGadgetに登録しておくとクラウドファンディングの開始の通知が来る模様

先に紹介したOGadgetにメールアドレスを登録しておくと、クラウドファンディングの開始の通知が来るようです。気になる人は登録しておきましょう。