メルペイが毎月決まった金額を支払える「定額払い」という名のリボ払いサービスを開始へ

キャッシュレスメルペイ,メルペイスマート払い,リボ払い,定額払い

メルカリがメルペイスマート払いでの支払い残高を毎月定額で返済できる「定額払い」を開始するようです。

どうみてもリボ払いですね。だんだんとメルカリも金利ビジネスに走っていくようです。

毎月決まった金額を支払える「定額払い」

内容としてはメルカリやメルペイ加盟店(QR及びiD加盟店)にてメルペイスマート払い(後払い)で支払った物を、あとから毎月定額払いに割当が出来るというもの。

簡単にいえばクレジットカードで良くある「あとからリボ払い」サービスですね。

今月の支払金額を変えたり出来るなど、クレジットカードのリボ払いを持ってきたように思えます。

クレジットカードのリボ払い以上の金利発生か

通常のクレジットカードの場合、リボ払いにしたとしても設定金額よりも支払額が低いなどの場合は手数料無料となったりするカードもありますが(無いカードも有ります)、メルペイの定額払いの場合はそのような物はないようです。

また、年利15%というのは一般的なリボ払いの手数料ではあるものの、通常クレジットカードでは「締め日」以降金利が発生するところ、メルペイの場合は購入日翌日から金利が発生します。

そのため、クレジットカードのリボ払い以上に金利が掛かってくるというサービスに。

ご利用は計画的に……というか基本使わない方が良い

メルペイスマート払い自体は、売上金やポイントなどと合わせて物を買って、翌月に差額精算などが可能なので使うことはあります。

しかし、この定額払いサービスはクレジットのリボ払い以上の金利が発生するサービスなので、基本的には使わない方が良いのかな……と思います。

もし単純に3万円を毎月5000円の返済で購入すると、手数料だけで1256円(メルペイの場合は翌日からなのでさらに高い)と手数料だけでかなり持っていかれてしまいます。

今欲しいものが支払を先送りで買えるのは魅力かもしれませんが、その欲しい物は今どうしても買わないといけないのか、良く考えてみてくださいね。