18きっぷを使って日本列島横断旅。稚内から枕崎へ:2日目(稚内→森)

2020年8月12日2020年の旅行記8月:18きっぷだけで稚内→枕崎したかっ旅,ルーストンホテル,わっかない号,函館本線,千歳線,室蘭本線

早速予定が崩れましたが、列島横断は継続することに。全てキャンセルして帰っても暇なので……。

今日は森駅まで向かう予定です。函館からフェリーも考えたんですが、時間も微妙なのでやめることに。

わっかない号で札幌に向かう

JRが運休してしまったので急遽予約を取り乗ることにしたわっかない号。3列シートで運賃は6,200円。

……ここで大問題が発生。現金がない。下ろせる場所もない。クレジットカードも電子マネーも使えない。

クレカ、電子マネー、QR決済などなら何でも払えても現金がない。手持ちは2,000円のみ。

札幌で下ろして払うからという願いも虚しく却下されて途方にくれつつ、最後の手段で車内でお金を貸してくださいと頼むことに。

そうすると奥から名乗り出てくれる神が現れてなんとか乗車できました。今度から常に1万位は入れておこ……。

室蘭方面に向かって🚃

元々の予定ではまだ旭川の予定でしたが、札幌に着いてしまったこともあり先を急ぐことに。

札幌から苫小牧まで:函館本線、千歳線、室蘭本線

札幌発を13時までに間に合えば森駅に19時台には到着できるようだったので、まずは苫小牧行きで苫小牧まで向かいます。

居たのはこの車両。オールロングシートで苫小牧までか……。

苫小牧から東室蘭まで:室蘭本線

苫小牧からは室蘭本線を進んで東室蘭まで向かいます。この区間は久しぶりというか5年ぶりですね。急行はまなす経由で札幌に行った帰りに乗りました。

列車はキハ141系となっており、余ったオハ50客車を無理やり気動車にしてしまった車両で、窓や座席などは一部変更されているものの客車時代のものが使われています。

なおオハ50自体はキハ40と同世代の車両でありますが、気動車改造が新しいキハ141のほうが乗り心地は良く感じます。

函館本線の森駅まで突き進む

東室蘭からはさらに西に進んで函館本線の森駅まで向かいます。森駅といえばいかめしの駅ですね。

東室蘭から長万部まで:室蘭本線

1日に数本しかない東室蘭からの長万部行きに乗車します。Swarmでチェックインしたらやっぱり前に来たのは2015年でした。

この列車は2両編成ですが、後ろの車両は豊浦止まりなので前の1両目に乗車。サボ見ないと間違えそうですね。

室蘭本線は海沿いを走っていくので、景色を見たいなら進行方向左側に座るようにしましょう。

途中に秘境駅として有名な小幌駅に停車。降りたいんですが降りると森駅に着くのが22時になってしまうので断念。

長万部から森まで:函館本線

長万部から森まで向かいます。この区間の普通列車は1日たったの6本しかありません。特急は毎時1本程度は来てるんですけどね。

車両はキハ40の1両編成。これでもガラガラ状態です。

夕暮れの海を遠くに眺めながらの車窓。これはこれで良いものですね~。

ルーストンホテルに宿泊🛌

今回泊まったのは森駅前のルーストンホテルというホテル。今回の旅行で一番高い宿です……。素泊まりで6,500円は高いけど他に無いので。

てかGoToトラベル対象になってないのはなんか理由があるんでしょうかね。

部屋は和室なのですが、無駄に広い。アメニティが4人分あるので4人部屋なのでしょうか。

そして苫小牧で買っていた北海道に来たら必ず食べてる十勝納豆をパクパク。夕飯代わりに3パック食べてしまいました。

さて、ここでとりあえず元の計画に合流できたので明日からは元々の行程に。枕崎までいけるかな……?

今日の移動はこんな感じ。北海道大きいですよね……。