Pixel 4aが届いたので簡易レビュー。第一印象は「かるっ!?」なスマートフォン

スマートフォンGoogle,Pixel,Pixel 4a

待ち焦がれたPixel 4aが発売日に届いたので早速使ってみました。大きさの割に想像以上に軽さを感じます。

まずは軽く触ってみたレビューを書きたいとおもいます。

開封の儀

Pixel 4aの箱には特に開封シールなどは着いていません。あれあんまり好きじゃないので嬉しいですね。

箱を開けるとPixel 4aが後ろ向きに入っています。なんとなくディスプレイ側で入っているのをよく見るので逆向きなのはこれはこれで新鮮です。

内容物は冊子(中にSIMピンが入ってます)とUSB Type-Cケーブルと18Wの充電器、そしてOTG用のアダプターです。

外観

次に外観を見ていきたいと思います。ディスプレイ面はシンプルですが左上にピンチホールのカメラが有ります。

また、通話用のスピーカーはPixel 3aとは異なり凹んでいないのはホコリがたまりにくいので個人的には好みです。

背面は指紋センサーとカメラ、そしてマークは有りませんがFelica/NFCが搭載されています。

カメラ部分は若干出っ張りがあるので、ケース無しで机などに置くときは要注意。

左側面にはSIMカードスロットが搭載されています。付属のピンで開ける形。

SIMカードスロットには防水用のゴムのようなものが付いており、防水対応とは書いてないものの最低限の対策はされているようです。

右側面は電源ボタンと音量ボタンとなっています。電源ボタンがミント色なのは賛否あるかもしれませんが、目立つという点では色分けされている方が良いとは思います。

上部にはPixel 4には無いイヤホンジャックが搭載されています。小さな穴はマイクのようです。

底面にはマイクとスピーカーとUSB Type-Cポート。写真で言う右側の穴がスピーカーとなっているようです。

軽く使ってみた

基本的にフィルムやケース付けないと持ち運ばないスタンスなのでまだ自宅で軽くといった所ですが使ってみました。

やはり大きく感じたのは本体の軽さ。このディスプレイサイズなのに143gとPixel 3aよりも軽い軽さには驚かされます。

逆に気になったのは背面の指紋センサーです。段差が少ないというのは良いのですが、そのせいで不意に触ってしまって通知バーが下りてくるということが何度もありました。

どちらにしろケースを付けるので問題ないとは思いますが、このスライドの感度の調整が出来れば良かったなと思います。

まとめ

元々の予定よりも待たされてしまった感があったPixel 4aですが、やっと届いて使えるようになりました。やはり大きな特徴はこの軽さにあると思うスマートフォンです。

手元にはまだPixel 3aもあるので、Pixel 3aとの比較や色々使ってみてのレビューをまた書ければなと思います。