シャープのミドルレンジの新スマートフォンが一挙に4機種発表。5G対応モデルも。

スマートフォン5G,AQUOS,AQUOS sense,AQUOS zero,SHARP,SIMフリースマートフォン

シャープのミドルレンジの新スマートフォンが一挙に4機種発表されました。

5G対応の機種も発表され、5Gが徐々に手に届く価格帯に広まっていきそうですね。

Senseシリーズが3機種とZeroシリーズが1機種

今回発表されたのは以下の4機種で、4G対応と5G対応が2機種ずつとなっています。

AQUOS sense44G対応
AQUOS sense4 plus4G対応
AQUOS sense5G5G対応
AQUOS zero5G basic5G対応

sense5Gはsense4の5Gという形となっていますが、zero5G basicは完全な別機種となっています。

AQUOS sense4

AQUOS sense4はsense3の後継機となっていて、今回発表された中では一番低価格になると想定されます。

今までのsenseシリーズとは異なり、今回からはRシリーズのようなノッチ付きのデザインとなりました。

名称AQUOS sense4
OSAndroid 10
※2年間のアップデート保証
CPUSnapdragon 720G オクタコア
RAM4GB
ストレージ64GB UFS2.1
アウトカメラ(標準)約1,200万画素 F2.0
焦点距離:24mm相当
電子式手ぶれ補正
アウトカメラ(広角)約1,200万画素 F2.4
焦点距離:18mm相当
電子式手ぶれ補正
アウトカメラ(望遠)約800万画素 F2.4
焦点距離:53mm相当
電子式手ぶれ補正
フロントカメラ約800万画素 F2.0
焦点距離:26mm相当
ディスプレイ5.8インチ FHD+ 2,280×1,080
IGZO 60Hz駆動
生体認証顔認証、指紋認証
バッテリー4,570mAh
ネットワークIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
Felica / NFC
サイズ・重量148 x 71 x 8.9mm
176g
その他防水・防塵対応

senseシリーズとして初めてトリプルカメラ搭載となり、広角だけではなく望遠レンズも搭載となっています。

ディスプレイは60Hz駆動でハイスピードIGZOにはなっていません。

AQUOS sense4 plus

次にsense3の後継機のsense4 plusです。こちらはノッチではなくピンチホールのフロントカメラの他、指紋認証が背面になっており前面がほぼ全てディスプレイとなっています。

名称AQUOS sense4 plus
OSAndroid 10
※2年間のアップデート保証
CPUSnapdragon 720G オクタコア
RAM8GB
ストレージ128GB UFS2.1
アウトカメラ(標準)約4,800万画素 F1.8
焦点距離:25.3mm相当
電子式手ぶれ補正
アウトカメラ(広角)約500万画素 F2.2
焦点距離:16.7mm相当
電子式手ぶれ補正
アウトカメラ(マクロ)約200万画素 F2.4
アウトカメラ(深度)約200万画素 F2.4
フロントカメラ(標準)約800万画素 F2.0
焦点距離:26.4mm相当
フロントカメラ(深度)約200万画素 F2.5
ディスプレイ6.7インチ FHD+ 2,400×1,080
90Hz駆動
生体認証顔認証、指紋認証
バッテリー4,120mAh
ネットワークIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
Felica / NFC
サイズ・重量166 x 78 x 8.8mm
198g
その他防水・防塵対応

CPUはsense4と同じものの、ディスプレイやカメラ、ストレージやメモリなどの性能が向上したモデルとなっています。

カメラは4つとなっていますが、sense4に搭載される望遠カメラはありませんが、標準カメラの画素数が高いのでトリミングしてということでしょうか。

また、ディスプレイは90Hz駆動となっていますが、IG ZOではないようです。IGZOでないのだと電池持ちが気になってしまいます。

AQUOS sense5G

次にsense4の5G対応版のAQUOS sense5Gです。基本的にsense4のスペックから代わらずに5G対応のためにCPUが変わっている程度の違いとなります。

名称AQUOS sense5G
OSAndroid 11
※2年間のアップデート保証
CPUSnapdragon 690 5Gオクタコア
RAM4GB
ストレージ64GB UFS2.1
アウトカメラ(標準)約1,200万画素 F2.0
焦点距離:24mm相当
電子式手ぶれ補正
アウトカメラ(広角)約1,200万画素 F2.4
焦点距離:18mm相当
電子式手ぶれ補正
アウトカメラ(望遠)約800万画素 F2.4
焦点距離:53mm相当
電子式手ぶれ補正
フロントカメラ約800万画素 F2.0
焦点距離:26mm相当
ディスプレイ5.8インチ FHD+ 2,280×1,080
IGZO 60Hz駆動
生体認証顔認証、指紋認証
バッテリー4,570mAh
ネットワークIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
Felica / NFC
サイズ・重量148 x 71 x 8.9mm
176g
その他防水・防塵対応

CPUがSnapdragon 720Gから690 5Gになっている他は変わりはありませんが、CPUのスペック的には720Gのが上のため、5Gがどうしても……というのでなければ無印の方が良さそうではあります。

AQUOS zero5G basic

最後に今回の目玉とも言えるAQUOS zero5G basicです。デザイン的にはsense 4シリーズと同じ形ですが、有機ELや疑似240Hz対応などの「zero」の特徴も兼ね備えています。

個人的にはこのデザインのが好きなのでありがたいかも。

名称AQUOS zero5G basic
OSAndroid 10
※2年間のアップデート保証
CPUSnapdragon 765 5G オクタコア
RAM6GB / 8GB
ストレージ64GB / 128GB UFS2.1
アウトカメラ(標準)約4,800万画素 F1.8
焦点距離:26mm相当
ハイブリッドAF
電子式手ぶれ補正
アウトカメラ(広角)約1,310万画素 F2.4
焦点距離:15mm相当
電子式手ぶれ補正
アウトカメラ(望遠)約800万画素 F2.4
焦点距離:79mm相当
電子式手ぶれ補正
ハイスピードAF
フロントカメラ約1,630万画素 F2.0
焦点距離:29mm相当
ディスプレイ6.4インチ FHD+ 2,340×1,080
有機EL 120Hz駆動(疑似240Hz)
生体認証顔認証、指紋認証
バッテリー4,050mAh
ネットワークIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
Felica / NFC
サイズ・重量161 x 75 x 9.0mm
182g
その他防水・防塵対応

AQUOS zero2に比べてかなり重さが増えてしまっていますが、その代わりにバッテリー容量も増え、さらにCPUもミドルレンジとなったことで、電池持ちは向上するのかなと期待できます。

またRAMとストレージは6GB/64GBモデルと8GB/128GBモデルが選べます。ストレージに関してはMicroSDで増やすことも可能となっています。

バランスの取れたミドルレンジが勢揃いの新機種。あとは価格がいくらになるか……

ちゃんと使えるスペックのバランスの取れたミドルレンジを揃えてきたといえる今回の発表ですが、気になるのは発売価格。

また公表されてはいませんが、過去の流れ的にsense4は3万円台、sense4 plusは5万円台となると予想しています。

また、sense5GはPixel 4aの価格差からみてsense4 plusと同等程度になるのかなと思います。

そして気になるのはzero5G basic。6万円前半~7万円程度で収まってくれればと思いますが、さてどうなるのでしょうか。価格や発売日の発表に期待して待ちたいと思います。