【Pixel5までは対象外】2021年6月からGoogleフォトの規約が変更に。高画質であっても無制限の保存が不可能に

2020年11月13日スマートフォンGoogleフォト,Pixel,改悪

スマートフォンで撮影した写真などを無制限で自動でバックアップしてくれていたGoogleフォトですが、無制限の保存が不可能になるようです。

2021年6月以降はGoogleドライブの容量を消化していくことになるため、容量を気にしないとならないのは少し面倒ですね。

2021年5月までは無制限、それ以降は容量を消化

Googleから発表された内容によると、2021年6月以降はこれまで無制限で保存できていた「高画質」の画像や動画も全て容量消化の対象になるとのこと。

無料のユーザーであれば、Googleドライブの15GBまでの保存が可能になるという形です。

既にアップロードされている画像・動画は対象外

2021年の5月までに既に15GBを越えていた場合に関しては心配は無用で、あくまで容量消費されるのは2021年6月以降にアップロードされた画像及び動画となります。

それ以前にアップロードされている物に関しては、削除されるということもなく保持されます。

Pixel5までを使用した場合は継続して無制限の保存が可能

基本的に無制限が無くなる形ですが、例外としてPixelスマートフォンを使用した場合は継続して無制限の保存が可能となっています。

しかし気になるのが、Pixelからのアップロードなのか、Pixelでログインしたアカウントでのアップロードなのかということ。

予想としては前者と思われるので、Pixelを持っている人はPixelに他のスマートフォンの画像などもコピーしてアップロードするという方法になりそうです。

Pixelスマートフォンもあくまで既存機種のみ?Pixel6以降は無くなるかも

Pixelシリーズの利点として残るのかなと思ったのですが、そうではない模様です。

Pixel6からは対象外とは明記はない物の、Pixelなら今後も無制限ということはないようです。

しかし、初代Pixelの元データ無制限保存は継続していることを考えると、しばらくはPixel5以前の端末であれば継続して高画質の無制限保存は可能と思われます。

いつかは終わっていく無料サービス

便利な無料サービスというのは、提供側に負担となってしまうと遅かれ早かれ終わっていくことが多いですが、Googleフォトも同様に無制限の保存が終了となってしまいました。

個人的にはあくまで補助として使用しているGoogleフォトですが、結構痛い変更となる人も多いのではないでしょうか。