ロリポップのプランをライトからハイスピードに変更してみた

2020年12月16日その他WordPress,ハイスピードプラン,ライトプラン,レンタルサーバー,ロリポップ

2018年のWordPress移行時から使い続けていたロリポップのライトプランですが、今回ハイスピードプランに変更してみました。

単純にプラン移行でも良かったのですが、諸事情にてサーバー移行という流れで変更しました。せっかくなのでつまづいた点などを書いてみたいと思います。

ライトプランとハイスピードプランの違いは

超高速・高い安定性のハイスピードプラン|ロリポップ!レンタルサーバー

そもそもライトプランとハイスピードプランの違いはという話なのからですが、大きくは容量や転送量の違い、そしてWebサーバーの性能です。

ライトスタンダードハイスピード
価格 *1250円~500円~500円~
容量100GB150GB250GB
WebサーバApacheApacheLiteSpeed
ストレージSSDSSDSSD
データベース150無制限
バックアップ有料有料無料
電話サポート無し有り有り

*1 価格に関してはライト・スタンダードは半年以上の割引金額、ハイスピードは3年一括時の割引金額。

先日ロリポップ全体的なスペック向上が行われて、ストレージが全てSSDとなりました。そう考えるとWebサーバ部分の速度がどれだけ違うかという点になってきそうです。

また、バックアップが無料なのは嬉しい点ですね。といいつつさくらとか前からスタンダードレベルでも有ったので最近としては有って当然という気もしなくはないですが……。

バックアップオプションに関しては実質的に有料じゃんということに。これに関しては騙された気分です。

ライトプランだと若干の遅さを感じていた

そもそも何でプランを変更しようとしたかというと、まずはライトプランの遅さを感じていたこと。

あまりプラグインなどの多用はしていないつもりでしたが、何だか詰まっているような感覚が気になっていました。

(というか、SSD化してからの方が遅くなったよーなみたいな感覚も。)

ハイスピードプランが安くなった

もうひとつの理由がまあ値段です。月額1,000円だとConohaやmixhostなど早いと言われているサーバーより高いためにそちらと悩んでいました。でも3年とはいえ安価になったのでこれを期に切り替えることに。

お試し契約からの移行をすることで無料で試せる

今回ライトプランからハイスピードプランに切り替えるに当たって、単純にプラン移行ではなく別に契約して移行しています。

というのも、ハイスピードって早いのどうなの?と一度試してみたかったからなんですよね。新規開設なら10日間の無料お試しが可能となっています。

ロリポップに同一契約で試せないのと聞いたら一度別契約してくれと言われたので、やり方的には問題ないようです。

データベースとデータを新サーバーにコピー

ハイスピードプラン側のFTPの情報などを確認し、BackWPupで取得していたデータを復元しました。今回の移行で気づいたのですが、無駄な画像が大量に有ることでかなりの容量に。

これからブログを始めるという人は必ず不要なサムネイルを出力しないように設定を行っておきましょう。

今回はドメインは同一のため、そのままコピーするだけで問題なく(無くは無かったけども)移行可能でした。

移行時・移行後に気になったこと

今回は同サービス内でしたが、別サービスに移行するような形で移行を行いました。その際に気になったことも何点か有ります。

WordPress簡単引っ越し機能は使えなかった

WordPress(ワードプレス)簡単引っ越し | ロリポップ

ロリポップにはWordPressの移行を簡単に行える簡単引っ越し機能があるのですが、何度行ってもエラーで出来ませんでした。

サポートに聞いてみたところ、サイトによっては移行できないとのことでこの方法は使えませんでした(容量多すぎたかなぁ)

一部の絵文字が「?」に文字化けした

タイトルや本文に絵文字を使っていることが結構有ったのですが、「?」と半角はてなに文字化けしてしまうことを確認しました。

調べてみるとBackWPupの問題だからphpMyAdminからエクスポートすれば良い、SSHで「–default-character-set=binary」を付けてエクスポートすれば良いなどの情報を見つけましたが、前者は治らず後者はライトプランがSSH対応していないために使えずとどうしようもありませんでした。

最終的に記事自体途方もない程でも無かったので、全記事を確認して修正して回るという人海戦術にて対応しました。

教訓としては絵文字を使うなってことのようです。てか環境依存文字とか使うもんじゃないですね。Android、iPhone、Windowsで表示も違うので誤解を招く可能性もあります。

肝心の速度は確かに早くなったような(気がする)

そして肝心の速度ですが、確かにワンテンポ早くなったような感じがしています。実際の価格差考えたら悪くは無いのかなという感じです。

一応ライトプラン側のサイトも生きているのですが、ドメインをロリポップの物に変えようとして四苦八苦。別ドメインで公開できたら比較用に一時公開したいと思います。

12月31日まで初期費用無料&ドメインも無料

ちなみに現在ロリポップではキャンペーンを行っていて、初期費用が全プラン無料&ライトプラン以上を12ヶ月以上契約するとドメインも無料というキャンペーンを実施しています。

ライトプランであれば、12ヶ月で3,300円=月額275円でドメインが貰えてレンタルサーバーが借りられるので、独自ドメインのホームページを作りたいという人には良い機会かもしれません。

プランを上げることは可能なので、とりあえずライトで初めてというのがオススメです。