ローソンのお試し引換券の争奪戦が酷いことになっている件

2021年2月27日その他お試し引換券,ローソン

ローソンのお試し引換券って知ってますか?通常150円程度のドリンクが50ポイント程度で交換できたりしてお得にポイントを使えるサービスです。

しかし、最近争奪戦が酷すぎて取得する気にも無くなっている状況に。まあ愚痴なのですが……

以前は平和だったお試し引換券

自分がお試し引換券を使い出したのはまだdポイントが始まる前のPontaしかローソンで使えなかった頃。リクルートカードで貯めたポイントを使って引き返していました。

その頃は人気なものでも当日には無くならず、翌日などでも気軽に引き換えが出来、紙パックのドリンクなどは1、2週間経過しても残っている状況で、「ああ喉が渇いたな。お試し引換券何かあるかな」って気軽さで引き換え可能でした。

dポイント参戦で若干争奪戦に

その後ドコモのdポイントのサービスが開始されて、Pontaに比べてポイントばら蒔きが多いことから以前よりも枯渇までの速度が早く。とはいえ確保が大変ってレベルでもありませんでした。

朝7時~8時の争奪戦が毎度のことに

しかしここ最近は異常なほどの争奪戦となっているような気がします。お試し引換券自体の発券開始は朝の7時なのですが、その時間にローソンアプリを開くと以下のような状態に。

予約画面までは行けるのですが、予約しようとするとエラーで予約できず。これが1回か2回ならまだしも、何回やってもエラーで取得できません。

散々やり続けてようやく1品取れる状況。労力の無駄な気がしますこれ。また別日にはハーゲンダッツという争奪戦の頂点の品があったのですが、10分格闘してもダメでした。指が腱鞘炎になりますよ。

昼過ぎにはほぼ全ての商品が枯渇

最近はそもそも昼過ぎに「あ、お試し引換券の日か」と思い出すようなことも多いのですが、今は昼過ぎに見るとほぼ全て枯渇しているような状態。

人気の無さそうな商品が少しだけ残っているような状況です。

ポイント還元が200円単位になったこともあって引き換え数が激減

昨年7月からポイント還元が200円単位になったんですが、それに伴って引換券1枚では0ポイントになることが続出するようになりました。

そうなると1店舗に複数の商品がないとまとめて買える店に行こうと買わず、他店でも無かったらじゃあ良いやとなってしまうことが大半に。

どうしても欲しいものじゃなきゃ良いやっていう考えが強くなっているのが現実ですね。

労力の割に合わなくなったお試し引換券

以前のような欲しいときに貰えるのであれば良いのですが、今のように朝から争奪戦でアプリと戦ったり、ポイント還元的に店を回らないとならなくなったお試し引換券って労力の割に合わないのではと思ってしまっています。

そしてお試し引換券の謎ドリンクとかって大抵ディスカウントストアで後から同じくらいの額で普通に山積みになってたりするのでそっちで良いかなと思ってしまうのも事実。

昔はポイントはお試し引換券に使わないと損!だったんですが、今はもう1P=1円で欲しいものに充てたほうが良いなと思っています。