朝食は豪華な海鮮丼が食べ放題!なドーミーイン旭川宿泊レポ

2021年の旅行記3月:Peachきた北海道フリーパス,ドーミーイン,ドーミーイン旭川

天然温泉と美味しい朝食が特徴のドーミーイン。今回は旭川のドーミーインに宿泊してみました。

駅からはちょっと離れているけども温泉にごはんにと満喫できて「ととのう」ホテルです。

駅から少し距離があるのが難点

ドーミーイン旭川は歩くと15分程度と旭川駅から結構離れており、正直遠いなぁというのが第一印象。天気が悪くない時であれば良いですが、雨や雪などの悪天候の時は行くのが辛いかもしれません。

道の左手に見えてくるので、少し上を見ながら行くとわかりやすいと思います。

こちらが入口。良くみてないと通過しちゃうかも。

受付ではウェルカムコーヒーのサービス

受付には最近は良くあるウェルカムコーヒーマシン。自由にテイクアウトして飲むことができます。味的には酸味が強い感じのコーヒーでした。

部屋は一般的なビジネスホテルな雰囲気

ドーミーインに泊まったことのある人はわかると思いますが、部屋としては良さげなビジネスホテルという感じの部屋です。ベッドとテーブルなどが備え付けられています。

テーブルにはコンセントとLANのコネクター。ビジネスマン向けの仕様ですね。

そしてベッドの脇にもコンセント。これはスマホ弄りながらベッドで過ごすには好都合なのでないと困ります。

また、加湿器も設置されていました。

ドーミーインは、基本的に風呂は大浴場に入れというスタンスのため部屋にはシャワーのみ。私としても大浴場に行ってしまうのでこのブースは使いません。

ユニットバスがない代わりに洗面台は別途設置されています。こちらのほうが広くて使いやすいですね。

最上階には温泉が完備

こちらの最上階には神威の湯という天然温泉が提供されています。温泉といってもそこら辺から涌き出てるのでは無くて地中深くから取ったものではありますが……。

男女で若干異なるかもしれませんが、男湯に関してはミネラル水の内湯とサウナ、そして天然温泉の外湯という組み合わせでした。

外湯は熱い方と温い方がありましたが、熱い方でもそんなに熱いわけではないので、熱いのが好きな人には物足りないかも。

湯上がりには無料のアイス

大浴場の入口にアイスキャンディーが入ったボックスがあり、無料で食べることができます。

色々と種類がありましたが、今回はバニラをチョイス。小さいので食べやすいですね。

夜食に夜泣きそば。無料です。

温泉に入って一段落したらそろそろ夜泣きそばの時間。ドーミーインでは21時30分から夜泣きそばという中華そばが無料で提供されています。

味はあっさりとしたしょうゆ味。夜でもサッといただける小振りなサイズです。なお物足りないって人はおかわりとか大盛りもできるのでスタッフに訪ねてみましょう。

なお、夜遅くて間に合わない……!って人はフロントで代わりのご麺なさいってカップラーメンが貰えます。

朝食は海鮮丼&小鉢を取るバイキング形式

ドーミーインの朝食『味めぐり小鉢横丁』~ご当地逸品 と 朝の彩り献立~

ドーミーインの朝食は良くある自分でよそうスタイルのバイキングではなく、小鉢に揃えられたものを取っていくスタイル。盛り付けなどもちゃんとされているし取るのも楽なのでこれはこれで良いと思います。

そうして目を引くのは右上の海鮮丼。これももちろんバイキングに含まれています。

ベースとなる海鮮丼にいくらを好きなだけ盛ってくれるスタイルで、海鮮も新鮮で美味しい。なお、いくらだけのいくら丼とかもできるみたいです。

ちなみにスタッフに付くって貰うので若干行きにくいのですが、これ全部食べ放題なので海鮮丼も何度も貰えます。でも自分で盛り付けないのでホタテ山盛り!とか出来ないのが残念。(ホタテ好きなので無限に食べたい)

駅から遠いのがやはりネックなドーミーイン

このドーミーインはやっぱり駅から遠いのがネックかなと思います。繁華街からも少し歩くので車なら……といった所。

そして夜泣きそばは良いとして、朝食に関しては美味しいけども「北海道らしさ」があんまり見られないなというのが感想だったり。海鮮丼なら旭川の他のホテルもあるし……。

さて次また泊まるかと言われると微妙な所。駅前のWBFグランデ旭川のが良かったかなーと思います。天然温泉あるのは同じだし。

ドーミーイン旭川 | 楽天トラベル ドーミーイン旭川 | じゃらん

というか旭川のホテルの朝食レベルが高いだけかも。激戦区ですからねぇ。