6gramが透明なリアルカード及びVisaバーチャルカードを発行開始

2021年6月8日キャッシュレス6gram,JCB,VISA,Visaのタッチ決済

Coming Soonでいつまで待たせるのかと思ってましたが、ようやくリアルカードの発行が開始されました。

JCBなのかなと思ったらまさかのVisaカード。JCBよりは使い勝手は良いのですが、ちょっと意外でしたね。

6gramがようやくリアルカードを発行

一体どんなカードになるのかなと思っていたら、まさかの透明カード。ICチップ付きのVisaタッチ決済にも対応したカードとなっています。

なおカードには番号などは記載はなく、アプリでも確認不可ということで、カードは完全に実店舗専用となります。(暗証番号は自動設定されてアプリで確認可能)

リアルカードの発行手数料は600円

リアルカードの発行手数料は、通常800円のようですがキャンペーンで600円となっているようです。

ICチップ付きのカードということで、価格としては高すぎるという程でもないと思います。

残高&ポイントを送るとリアルカードが無料になる抽選に参加可能

リアルカードをGETできるキャンペーン実施中です | 6gram

通常600円掛かるリアルカードの発行ですが、キャンペーンで残高&ポイントを送るか受けとると抽選で無料で発行できるキャンペーンを行っています。

  • 残高&ポイントをSNSアカウントに送るだけ
  • 送るのはポイントにしないとお金が消える
  • さっぱり当たる気配がない

6gramをSNSアカウントに連携した上で行うので、まずは連携を行いましょう。

SNSとの連携

で、連携はどこからやるのかという話なのですが、インフォメーションからキャンペーンページを開きます。

そうして右上の歯車からってわかりにくい……。アカウント設定とかの所から出来ると楽そうですけどね。

Twitterと連携して送金(ポイント)

次にTwitterのツイートに対して送金を行います。

送りたいツイートを共有して6gramを選択

そうすると送金画面が出てきますが、デフォルトはお金になっているので、ポイントに変えてからTAP!をタップして送るを選択します。これで完了です。

その送金されたポイントを相手が受けとると抽選が行われ、当選するとお知らせに通知されるという仕組みです。

なおポイントは無料で送れますが、貯まっても決済に使えるわけでもないらしい。キャンペーン専用ポイントみたいな感じです。

送金の受け取り

逆に送られた残高&ポイントを受けとることも可能です。受け取りでも抽選対象です。

トップページの下部にある「もらう/おくる」を開くと、届いていた場合に「未受取あり」となります。

そこを開いてすべて受け取るを選ぶと受けとることが出来ます。

バーチャルカードがVisaとJCBのデュアルブランドに

今まではJCBしか発行はなかったバーチャルカードですが、新たにVisaブランドの提供が始まりました。

  • VisaとJCBが選べて双方発行可能
  • カードごとに利用停止ができる
  • 各ブランド2枚目からは手数料100円発生
  • 3Dセキュアには非対応(対応予定らしい)

今までは無料で何枚でも発行できたバーチャルカードですが、アップデートによって各ブランド共に2枚目からは手数料100円が発生するようになりました。

とはいえ、VisaとJCBを各1枚ずつであれば無料なので、Visa対応とのトレードオフかなと思っています。

なおブランド選択は発行時に行います。欲をいえばMastercardも対応してれば面白いのにと思いつつ←

ユーザーが増えれば投げ銭のようにも使えそうな新たな6gram

多くの人には透明なリアルカードや、Visaブランドの追加が大きな特徴となった今回のアップデートですが、個人的には「ツイートに対して送金可能」というのがとても気になりました。

というのも、Twitterでも投げ銭機能は試験中ですが、6gramはアカウント連携をすることで、相手には個人情報を送ることもなくクレジットカード経由で投げ銭のようなことが可能となっています。

ユーザー数が増えれば、投げ銭アプリとしても使えるようになるのではと思いますが、その方向性になるのかはmixi次第なのかなぁと思います(そうそう、6gramってmixiが運営元なんです)

とりあえずリアルカードを発行して色々遊んでみようかなと思ってます。抽選当たんないけど。

結局当たらなかったけど発行しました