楽天モバイルでAQUOS sense4 liteが実質1円に。回線も無料なのでほぼ無料でスマートフォンがゲットできます。

MNO/MVNOAQUOS,AQUOS sense4 lite,UN-LIMIT Ⅵ,楽天モバイル

楽天モバイルでは以前から無料の端末としてRakuten〇〇系が有りましたが、ふと見てみたらSHARPのAQUOS sense4 liteも実質無料で提供されていました。

AQUOS sense4 liteはミドルレンジとしては評判の良いsense4のちょっと廉価モデル。とはいえ無料で手に入るなら買い替えやサブスマホとてもピッタリかもしれませんね。

AQUOS sense4 liteが25,001円から25,000ポイント還元

AQUOS sense4 lite | 楽天モバイル

今回の「実質1円」というのは、支払金額が1円なのではなく、25,001円の端末代金を支払うと25,000円分の楽天ポイントが還元されることで実質1円となるキャンペーンです。

AQUOS sense4 liteの金額内訳

端末料金25,001円
ポイント還元25,000ポイント
※半年間の期間限定ポイント
実質金額1円

なお付与されるポイントは期間限定ポイントとなる上に25,000ポイントと比較的大きいので、楽天関連で月に結構使っている人は消化も簡単かと思いますが、そうでない人は予め消化するスケジュールなどを考えておいたほうが良いと思います(私も結構直前になって消化に焦るということも多く……。)

AQUOS sense4 liteのスペック

次にAQUOS sense4 liteのスペックを確認していきたいと思います。個人的にはこれなら多くの人には特に不満無く使っていけるスペックだと思います。

また、「lite」の意味も気になると思うので、今回は無印のSIMフリー機種との比較も行っていきます。

AQUOS sense 4AQUOS sense 4 lite
OSAndroid 11Android 11
対応通信規格4G/3G/2G4G/3G/2G
CPUSnapdragon™ 720GSnapdragon™ 720G
ストレージ64GB UFS 2.164GB UFS 2.1
RAM4GB4GB
外部メモリmicroSDXCカード(最大1TB)microSDXCカード(最大1TB)
カメラ(標準)有効画素数 約1,200万画素 CMOS
F値 2.0[広角83°焦点距離24mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正
有効画素数 約1,200万画素 CMOS
F値 2.0[広角83°焦点距離24mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正
カメラ(望遠)有効画素数 約800万画素 CMOS
F値 2.4[広角45°焦点距離53mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正
有効画素数約800万画素 CMOS
F値 2.4[広角45°焦点距離53mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正
カメラ(広角)有効画素数 約1,200万画素 CMOS
F値 2.4[広角121°焦点距離18mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正
未搭載
バッテリー容量4,570mAh4,570mAh
ディスプレイ約5.8インチ IGZO
フルHD+ (1,080 × 2,280)
約5.8インチ IGZO
フルHD+ (1,080 × 2,280)
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothVer 5.1Ver 5.1
SIMスロットnanoSIM *2eSIM + nanoSIM
対応周波数(4G)Band1 / Band3 / Band5 / Band8 / Band12 / Band17 / Band18 / Band19 / Band39 / Band41Band1 / Band2 / Band3 / Band5 / Band8 / Band12 / Band17 / Band18 / Band19 / Band39 / Band41
対応周波数(3G)Band1 / Band5 / Band6 / Band8 / Band19Band1 / Band2 / Band5 / Band6 / Band8 / Band19
テレビチューナー未搭載未搭載
防水・防塵などIPX5/IPX8/IP6X/MIL-STD-810HIPX5/IPX8/IP6X/MIL-STD-810H
外部端子USB-C (PowerDelivery対応)USB-C (PowerDelivery対応)
サイズ約148mm×約71mm×約8.9mm約148mm×約71mm×約8.9mm
重量約177g約176g

一通りスペックを見ていくと、違いとしては「広角カメラの有無」と「eSIMの有無」となっています。それ以外のメモリやストレージ、CPUなどの動作に直結する部分に関しては違いはありません。

楽天モバイルでは他社のように元々デュアルSIMの端末をシングルSIMに潰すようなことは行っていないので、楽天モバイルをeSIMで使って他社SIMをnanoSIMで使うというのも可能となっています。

実質1円で買えるのは新規のUN-LIMIT IVユーザーのみ

今回のキャンペーンの対象となるのは、以下の条件を満たしたユーザーのみとなります。

  • 楽天モバイル「UN-LIMIT IV」を新規に契約
  • UN-LIMIT IV契約同日に端末を購入(同時でなくても可)
  • 開通して到着後に「Rakuten Linkにて10秒以上の通話」

そのため、既に契約している人が端末のみを購入しても対象外となるようです。

なんだかんだ言っても楽天モバイルの維持費は最低で0円からとほぼ負担にはならず、端末代も実質1円となるので、機種変更を考えていた人はついでに楽天モバイルを契約してみても良いかもしれませんね。

楽天モバイルの契約は以下からどうぞ↓↓↓

なお楽天モバイルを契約したら、間違えてVoLTE発信しないようにする必須アプリ「Rakuten Linkサポーター」も一緒に入れておきましょう。