エポスゴールドのようなゴールドカード「三井住友カード ゴールド(NL)」が誕生。年間100万円使えばずっと年会費無料

クレジットカードエポスゴールド,ゴールドカード,ナンバーレス,三井住友カード

何だかだんだん「ゴールドカードとは」みたいなカードが増えてるような気がしますが、遂に三井住友カードからも年会費無料のゴールドカードが登場しました。

しかしこれ、なんかエポスゴールドのパクリ……のような気がしないでもないのは気のせいでしょうかね。

年間100万円以上使えば永年で年会費無料

今までも三井住友カードには20代限定の低価格なゴールドカードであるプライムゴールドがありましたが、今回は年齢制限はなく条件を充たせば誰でも年会費無料となります。

なお年会費無料の条件を充たさない場合は5,500円の年会費となります。

NLゴールドプライムゴールドゴールド
年会費5,500円5,500円11,000円
年齢制限20歳以上20代のみ30歳以上
旅行保険
(海外・国内)
2,000万円
自動付帯:300万円
5,000万円
自動付帯:1,000万円
5,000万円
自動付帯:1,000万円
ショッピング保険300万円300万円300万円
ポイント還元率0.5%0.5%0.5%
空港ラウンジ利用可能利用可能利用可能

他の三井住友のゴールドカードと比較すると、旅行保険部分の上限金額が低くなっていることがわかります。

プライムゴールドが20代向けに安価にしているだけなのに対して、NLゴールドはそもそもゴールドカードの中でもグレードの低いカードという位置付けです。

なお空港ラウンジは特に表記はないため通常の三井住友ゴールドカードと同じ空港で利用できるものと思われます。

エポスカードゴールドみたいなカード

年会費無料のゴールドカードといえば、普通に使っていれば勝手に無料招待がやってくるようなエポスカードゴールドが有名ですが、どうにも意識したようなカードとなっています。

エポスカードはインビテーション以外では、1年で50万円使えば翌年から永年で年会費が無理となります。

エポス三井住友
通常年会費5,500円5,500円
年齢制限20歳以上20歳以上
国内旅行保険無し2,000万円
自動付帯:300万円
海外旅行保険自動付帯:1,000万円2,000万円
自動付帯:300万円
ポイント還元率0.5%0.5%
ボーナスポイント年間50万円で2,500ポイント
年間100万円で1万ポイント
年間100万円で1万ポイント
ポイントアップ指定した3加盟店コンビニ等
空港ラウンジ
※1
利用可能利用可能

三井住友カードのほうが、旅行保険は手厚いものの、ボーナスポイント制度などの似たサービスが多いように思えます。ポイント還元率はどちらも0.5%ですが、100万円使った際には1.5%となります。

なお、空港ラウンジはどちらも利用可能ですが、利用できる空港には違いがあります。

新千歳空港、函館空港、旭川空港青森空港秋田空港、仙台国際空港、新潟空港富山空港、小松空港、中部国際空港、富士山静岡空港、成田国際空港、羽田空港、伊丹空港、関西国際空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子空港山口宇部空港出雲縁結び空港徳島空港高松空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港

国内ラウンジ

ダニエル・K・イノウエ国際空港、仁川空港

海外ラウンジ

上の一覧で赤色はエポスカードゴールドの利用不可のラウンジで、青は三井住友ゴールドカードの利用不可ラウンジです。国内に関してはエポスは使える空港が少ないので、空港ラウンジ目当てであれば三井住友ゴールドカードの方が良さそうですね。

しかし私の会社はITS健保なので、普通にタダで三井住友ゴールドカード作れることを考えると悩みどころです。

9月までの申し込みで初年度年会費無料

三井住友カード ゴールド(NL)初年度年会費無料キャンペーン

また、2021年9月までの期間限定で新規入会特典として初年度の年会費が無料となります。なお切り替えでも対象となるようなので、ナンバーレスの無印からゴールドカードに切り替えでも年会費は初年度無料となるようです。

今ナンバーレスカードを持っていて、2年目以降に100万円を1年で支払う予定があるのであれば、作っておいても損はないのかなと思いますね。

しかしゴールドカードの安売りはあんまり良くない気がするんだよなぁ。

あとはナンバーレスカード。使いたい時に使えないことがあるのでそれが不便には思うなというのも。