網走駅近くの安価な民宿「民宿ランプ」に宿泊してきた

2021年の旅行記9月:女満別空港と道東,民宿ランプ,網走

先日網走駅近くに宿泊した時に利用した民宿ランプさん。網走駅近くで安価に宿泊できる貴重なスポットなので、宿泊費を抑えたい人は参考にしてみてくださいね。

なお民宿なので、一般的なホテルとは色々と異なるのでその点は気を付ける必要があると思います。

網走駅から徒歩数分で行ける民宿ランプ

網走駅の反対側なのでちょっと歩きますが、そこまで遠くも無い距離にある民宿ランプさん。色々なホテルが乱立している網走駅周辺でも特に安価に宿泊できる宿です。

ちなみに網走駅から徒歩で最短ルートで来ようとすると、遮断機の無い踏切を渡っていく必要が有ります。昼まであれば良いのですが、夜間は足元も安定していないので気を付けて進んでいきましょう。

周囲に比べて特に大きいというわけでもないので、右手を見ながら歩いて行かないと気づかないで通り過ぎてしまうかもしれません。看板に「民宿ランプ」と書かれている所です。

入り口の扉を開けると、民家のような入り口がお出迎え。インターフォンもあるのですが、奥に行ってしまったほうが早いと思います。お話好きな女性が出迎えてくれます。

いわゆる受付兼フリースペースになっている広間。ここでチェックインなどを行います。

電気ポットや電子レンジもあるため、近く(と言ってもセコマやスーパーは結構遠い)で仕入れた食材などを温めることも可能です。私はセコマで買ってきたカップ麺を食べてました。

館内の上下移動は階段のみです。エレベーターなどは無いので、足腰が悪い人には向かないと思います。

バストイレ、洗面所は共用

民宿ランプでは、お風呂やトイレは部屋には備え付けられておらず、共用利用となっています。

風呂はシャワーの他バスタブも備え付けられていますが、シャンプーはあるけどボディーソープは無く石鹸だけなので、必要な人はあらかじめ用意していきましょう。

トイレはウォシュレットは無いですが一応洋式になっています。

そしてこちらが洗面台です。なんだか合宿所のような雰囲気ですね。

洗濯機は1回300円で使用可能

私はあんまり宿で洗濯はしないのですが、1回300円で使える洗濯機の設備が整っています。でも横の乾燥機故障になってるような……。

部屋は和室で布団は自分で出すスタイル

今回宿泊したのは一番狭い4畳半の部屋。1人で泊まるならこの広さでも十分です。布団はクローゼットに入っているので自分で敷く必要が有ります。

部屋としては「綺麗」とは言えるかは微妙ではありますが、個人的には全然気になりません。とはいえこの写真を見てうーんと思うならやめておいた方が良いと思います。

なおコンセントの設備はちゃんとありましたが、エアコンは設置されていません。北海道の民宿とかって結構無いことが多い印象です。(冬季はストーブがやってくる模様)

また場所が線路の真横なので、日中夜間問わずに定期的に列車の通過音が鳴り響きます。好きな人には良いのですが、気になって眠れないって人も居るかもしれないので注意点です。

朝食にランプパンがおススメ

民宿ランプの名物と言えばこの大きなレーズンパンのランプパン。予め組み込まれているプランも有りますが、そうでない場合はチェックイン時に追加で200円を支払うことで購入することができます。

受け取った直後は冷えているので、一晩おいて翌日の朝に食べると美味しく食べることができるようになっています。朝食にぜひおすすめできる美味しいパンですよ。

チェックアウトは鍵を置いて退出

チェックアウト時には誰も居ないことも有り、鍵を指定の場所に置いて退出となります。ビジネスホテルとかでもある鍵を入れて勝手にチェックアウトしてというスタイルですね。

網走駅近くで安価に宿泊したいならおすすめの宿

この宿の一番の特徴は宿泊費が2,000円台という低価格なこと。特に繁忙期とかもなくいつでも同じような価格なので、行く予定が決まったら早めに予約しておくと良いと思います。

今回は2回目の宿泊でしたが、また網走に来る際にはお世話になると思います。

民宿ランプ | 楽天トラベル 民宿ランプ | じゃらん

なお宿泊した時の旅行記はこちら。