3年ぶりにJALパックで沖縄へ。レンタカーで適当に巡る3日間:3日目

2022年1月24日2022年の旅行記1月:JALパック&レンタカーで沖縄へ,アマミチュー,古宇利島,御菓子御殿,浜比嘉島,海人の宿,那覇空港

おはようございます。今日は最終日。名護から色々巡りながら那覇空港に向かっていきます。しかし沖縄帰りたくないなぁ。また来たい。

最終日は天気も回復して晴れ間ではないですが雨は無し。ある意味土砂降りは昨日でちょうど良かったのかもしれない。

海人の宿での朝食は沖縄の家庭料理

食事は2食付きなので、早速朝食を食べに行ってきます。とその前に宿の前の砂浜に行ってみましょう。

ドアを開けて沖縄の朝。平屋が多いのは沖縄の特徴なのでしょうかね。

奥に見えるのがビーチです。そして止まってるのが借りてたレンタカー。昨晩は土砂降りで手前の水溜まりが迫らないか何回か見に行ってしまいました。

奥には小さな島が見えますが、泳ぎの得意な地元民とかなら泳いでいったりしたりしてるのでしょうか。泳いだりしてみたいけどまださすがに寒すぎです。

砂浜は「沖縄!!」という雰囲気の綺麗な砂浜と海がみられます。やっぱり沖縄と言ったらこれが定番の光景ですよね。

しかし少し手前を見ると最近は話題にもならなくなった軽石の山と、隣の国から流れてきたであろう漢字やハングルのゴミが。しかしなんでこんな固まりになったペットボトルが流れてくるのか少し謎です。

朝食は夕食と同じ隣の食堂でいただきます。昨晩はヤモリを見ましたが、今朝はカタツムリが居ました。半袖でもいけそうな気温だし居ますよね。

朝食はこちら。沖縄の家庭料理が並んだ定食スタイルです。正直昨日のホテルのバイキングよりもよっぽどこういう地物が食べられる方が嬉しい。味付けもちょうど良くごちそうさまでした。

チェックアウトは鍵を置いて出ていけばいいようなので、荷物を片付けて出発しましょう。

ちなみに宿泊費は7515(名護行こ)割引とじゃらんクーポンを組み合わせ、5,500円から全額割り引かれて0円!ポイント貰えるのでプラスになりました(?)GoToトラベルとは違ってこういうことが起きるのが自治体割の利点ですね。

那覇空港に向かいながら沖縄ドライブ

今日は17時にレンタカーを返すので、名護から那覇方面に向かいつつ色々巡っていきたいと思います。「橋で繋がってる島」に色々行きたいなってのが今日の行程です(?)

綺麗な海に掛かる橋が見られる古宇利島

適当に地図を見て近くにある古宇利島へ行ってみました。もうすぐ古宇利島への橋という所で間違いない景色の予感が。既に楽しみになってきました。

橋の手前の駐車場に車を停めて橋の方へ。橋からの景色が絶景と有名なスポットのようです。そんなことは全く知らずに来ちゃいました。

駐車場から橋とセットで海を。綺麗なのですが右手前に軽石が溜まっていて景観が損なわれているのが残念。自然現象なので仕方ないんですけどね。

島をぐるっと回ってみましたが、閑散期だからかまん延防止だからか不明ですが、店が全く開いていません。最後に高台から橋と海を撮影。手前の畑はカボチャ畑になってました。

紅いもタルトで有名な御菓子御殿へ

今回は7515キャンペーンで宿泊したため、地域クーポンが3,000円分付与されます。タダで宿泊したのにクーポンまで貰えるという……。とはいえこのクーポン、使える店が結構少ないのでちゃんと調べていく必要があります。

ということでやってきたのは国際通りにもお店があって沖縄土産として有名な紅いもタルトのお店「御菓子御殿」です。しかし客が居ないんですが。

今ポケモンコラボのパッケージがあるらしい。とはいえこのタルトは散々食べているので今回は買わないでおきます。美味しいんだけどね。

そして一部の方に悲報です。御菓子御殿でジェフグルメが使えなくなります。ギリギリ使えなくなってて悲しい。

そうして色々お土産としてバラで買ってきたのですが、別に今食べる用にシュークリームを買ってみました。甘すぎなくて美味しいですね。なお店内に地域クーポン停止の掲示がありますが、7515は別なので問題なく使えます。

想像以上にヒドイ軽石の被害を目の当たりに

沖縄と言えば少し前まで軽石の被害という報道が全国放送にも出ていましたが、最近は全然無くてもう大丈夫なのかな?と思っている人も多いのかもしれません。

私も古宇利島の手前などでは見ましたが、「こんなもんか」と思ったのが大間違いなことを目の当たりに。

御菓子御殿を出て昼ご飯を食べる場所に向かっている最中、車窓から灰色の物体が。砂浜かな?と思ってたけどちょっと広すぎて「まさか?」と思って停めて見てみると、これ全部奥まで軽石で愕然。

Twitterに呟いたあと、近くまで行ける場所を走っていると「いややっぱり砂浜なのでは?」と若干疑問に思ったので降りて目の前に行ってみました。こう見ると遠くまで続く砂浜にも見えるでしょ?

近くまで降りてみても、広すぎてまさか全部軽石とは思えません。これだけ目前に見てもまだ信じられないレベルです。

でもこうやって波打ち際とセットで見るとどうでしょう。砂浜ならこんな感じにはならないはずですよね。

どうしても信じられないので、そこら辺に落ちていた木の枝を拾ってきて手前をほじってみると、やっぱり砂浜じゃなくて海に浮かんでいる軽石だ……。これじゃ船も出れやしないですよ。

あとは正直陸地が続いているように見えてしまうので走っていくと海に落ちるので注意しましょう。海面も見えないので普通の海より危険度が高そうです。

もう忘れ去られているような感じもしますが、現地は何も変わってないというのが現実のようですね。

お昼ごはんにソーキそば「我那覇そば」を食べる

7515クーポンが使える店で沖縄っぽいものを食べられる場所はと見つけたのがこの道の駅「羽地の駅」です。ソーキそばがあるようなので、食べに行ってみましょう。

名護なのに那覇とは?と若干謎ですが、ここで我那覇そばとじゅーしーのセット1,100円を注文。価格的にもちょうど良かった。

やってきたのがこちらのセット。麺が見えないほどのお肉が乗っていて、じゅーしーもてんこ盛りでボリューム満点です。

麺はきしめんのような平べったい麺でした。スーパーとかにいくと色々種類があるので、店によって違いがあるかもしれません。

結構ボリューミーだったけどもあんまり重くはなく完食。3日で沖縄グルメを色々味わえて満足です。7515クーポンでの昼食にはおすすめです。

残りの1,000円は横の売店で塩とか野菜とか海ぶどうとかを買って終了。頑張って使うという感じにはならなくて良かったです。

平安座島への長い橋「海中道路」を通って浜比嘉島へ

名護から離れて那覇空港に向かう道中、ちょうど反対側にも同様に橋で渡れる島があるので寄り道してきました。

海中道路と呼ばれる長い橋があるのですが、途中に道の駅があってビーチもあるということで良い景色を求めて写真を撮りに降りることに。

ここは先ほどの場所よりも軽石はなく、波打ち際には海草が浮かんでいて沖縄らしい光景が見られます。

ビーチから歩いていける場所にある謎の岩。名前はあるはずですが見てくるのを忘れてしまいました。写真を撮るために先端まで向かいます。

先端から眺めるとマリンスポーツをしている人がたくさん。「1月にマリンスポーツ」と聞くと???と思ってしまいますが、ここでは1月で既に気温は23℃近くて蒸し暑い。正直自分も半袖で十分なのでは?と思えるレベルなので、海に入りたくなるのもわかります。

浜比嘉島にあるアマミチューの墓へ

この浜比嘉島には「アマミチュー」と「シルミチュー」という神様の伝説があり、そのうちのアマミチューの墓に行ってみることに。

実を言うとシルミチューの方にも行こうとしたのですが、時間が微妙で行くのを断念したんですよね。次回の宿題です。

アマミチューの墓へはコンクリートで補強された道を通って行きます。頭上と足元に注意しないと転びます。

岩場を過ぎると解説が書かれた石碑も。この場所全体が霊場になっているようです。

アマミチューの墓へは最後階段を使って登っていきます。段差が大きいので足元に注意しながら進んでいきましょう。

そこから背後を見ると浜比嘉大橋までを一望できます。天気が曇っているのが残念ですが、何だか神聖な雰囲気を味わえるスポットです。

来るときにカニが居たんですが奥に隠れちゃって見えない。

このアマミチューの墓の手前でもずくを売っていたので食べてみました。シークワーサーもずくと沖縄×沖縄というグルメ。そこら辺で取れたもずくらしいのですが、やっぱり地物は美味しいですよね。良くあるスーパーのプリンみたいなのに入ったもずくとは大違い。

名残惜しいけど沖縄から帰路へ

3年ぶりの沖縄、3日間があっという間に過ぎ去ってしまいました。なんか名残惜しいんですが、そろそろ帰って家の布団で寝たいと思っているのも事実。まずはレンタカーを無事に返しましょう。

めちゃくちゃ高い指定ガソリンスタンド

レンタカー屋の指定スタンドってのがあるのですが、まあ数円程度の差額なら良いかなと思って向かってみると、174円という超絶ボッタ……高額でビックリ。(市内で安い所なら150円台もあり)といっても返却時間が迫っているので給油しましたが。

沖縄って金額が道からわからないけどもレンタル直後に訪問して金額チェックしないとダメかなと思いました。とはいえアクアの27.26km/Lという良い燃費のお陰で350円程度の差額で済みましたが。しかしe-Powerよりアクアのが燃費良いんですね。

もう帰るのに当たるシークワーサーアイス

1月なのですが、アイスを食べたくなるような気候なので沖縄のシークワーサーアイスを購入。さっぱりしてて美味しいんですこれ。

これガリガリくんのように当たりくじが付いているのですが、もう帰るのにまさかの当たり。沖縄にまた来いという暗示なのかもしれません……。大切に保管して持ってきましょう。

那覇空港のサクララウンジで休憩

那覇空港のサクララウンジは行ったこと無かったのと、カードラウンジが狭くて混んでいるのでこっちにやってきました。

サクララウンジではソフトドリンクとアルコール(泡盛、オリオンビール)、ハッピーターンが提供されています。しかしこの誰も話してないサクララウンジでアルコールを20時までにする意味ってあるんでしょうかね。

道の駅で購入したパンとサーターアンダギーなどと共に夕飯。サクララウンジはダイニングエリアなら持ち込み飲食が可能です。

私お酒飲めないのですが、「少しだけ」とオリオンビールを持ってきてみました。これでも多すぎたレベルなのですが、飲んでみてやっぱり体が受け付けませんね。まあそれならそれで良いのです。旅行でも飲料代全然掛かりませんから……。

今回の謎お土産シリーズ。にがなという野菜とパパイヤです。以前はパパイヤは沖縄からの持ち出しが禁止でしたが、今では自由に持ち帰ることが可能となっています。

那覇空港から羽田空港まで:JL918便

沖縄での時間もついに終わり。羽田空港へと出発の時間です。元は帰りクラスJにしようかなとか思っていたのですが、あのボッタクリスタンドで350円程度の損をしたので、代償としてアップグレードは無しです。

最近は損をして悔やんでも意味がないので、他で代償を支払って帳消しにするみたいな方式にしています。悔やんで無駄な時間を過ごすよりはマシです。

夜間のフライトということで、夜景が良く見えました。2時間程度のフライトですが、ブログとか書いていたらあっという間でしたね。

羽田空港から押上まで:京急空港線、本線、都営浅草線

さて、現実に帰ってきました。さっさと家に帰って寝るまでが旅行です。ギリギリ0時前には寝られそうな時間です。

  • 2123T
  • 羽田空港→京急蒲田:京急空港線
  • 京急蒲田→泉岳寺:京急本線
  • 泉岳寺→押上:都営浅草線
  • エアポート急行(泉岳寺から特急)
  • 羽田空港→印旛日本医大
  • 羽田空港→押上
  • 21時28分→22時20分

この後にエアポート快特もあって時間差が5分だったのですが、押上では20分に付くか25分に着くかは重要なのでエアポート急行に乗車。押上まで一気に帰ります。

車両は都営の新車の5500系。乗り心地は悪くないし綺麗なので好きな列車。以前の白いのはあんまり好きじゃなかったけどね!

3日間ノープランでなんとかなった沖縄旅行

今回の旅行はいつももそんな気がしますが、予め予定は全然立てずに当日ぶらぶらするスタイルで行ってみました。特にガイドブックなども見てませんが、何だかんだ沖縄を満喫できたんじゃないかなと思います。

とはいえ奄美大島も1回では回りきれないのに沖縄が回りきれる訳もなく、まだまだ行きたい場所はたくさんあります。また今年中に安く来れたら来ようかなとか目論んでいたりするので、数か月後とかに来たりして……。