北関東にある硫黄泉へ。草津温泉の「ニュー紅葉」と塩原温泉の「湯荘 白樺」に泊まる湯めぐりの旅:2、3日目

2022年の旅行記
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。なお本記載は景品表示法改正に伴うASPからの要請に基づく表記であり、依頼された記事などは別途記載を実施しています。

昨日は草津温泉までやってきましたが、今日は群馬から奥日光を経由して塩原温泉へと向かっていきます。途中日光湯元温泉に寄っていくという完全な硫黄泉の湯めぐりですね。

今日泊まるのは奥塩原温泉。以前泊まった宿の向かいにある宿に宿泊してきます。

北関東にある硫黄泉へ。草津温泉の「ニュー紅葉」と塩原温泉の「湯荘 白樺」に泊まる湯めぐりの旅:1日目
今回は県民割を使って北関東にある硫黄泉巡りへ。今日は草津温泉のニュー紅葉に宿泊です。

早朝に草津温泉の共同浴場に入ってきてから朝食へ

草津温泉には観光客向けな外湯もありますが、基本的に地元民向けな外湯(共同浴場)もあります。多くはコロナの影響で町民限定とかになっていたりしますが、一部は今でも入れるので入ってきました。

そういえばニュー紅葉では入浴時に鍵をフロントに預けるようにと記載がというかキーの持ち込み禁止とまで書いてあるんですが、夜に入ろうとしたら「自己管理でよろしく」との記載が……。なんかまあ「おおるりだしな」という謎の納得をしてしまいます。

夜の話はさておき、明朝6時半に起床して湯畑方面に。ホテルの横手から西の河原公園への近道があるので行ってみましょう。

完全な山道みたいな道を巡っていきます。確かに近いけども……。坂は急だし草だらけなのであんまりおすすめはできませんね。

急な道を下って西の河原公園へ到着。目的の湯畑方面へと向かっていきましょう。

湯畑に近い白旗の湯

湯畑の前にある白旗源泉。実は横の御座之湯は別の源泉だったりします。この源泉を使っている温泉は手前にある「白旗の湯」です。御座之湯は観光客向けに設備も整った外湯ですが、白旗の湯は共同浴場なので脱衣所があるくらいで鍵付きロッカーやシャワーなどは設置されていません。

中には2つの湯舟があり、どちらも熱い温泉。無料で入れるけども物理的に入れるかは人によると思います。私は1分くらいが限度でした。

大滝乃湯の手前にある煮川の湯

続けて7時でもやっている共同浴場である煮川の湯にやってきました。ここの源泉は名前の通り煮川源泉。奥にある大滝乃湯でも同じ源泉が使われています。なおこちらも入浴料は無料となっていますが、案の定熱い(今回は45度でした)ので、熱いのが無理な人は控えたほうが良いかも(そもそも共同浴場が全般的に熱い)

今回は時間の関係で湯畑源泉である千代の湯には入れなかったのですが、今度来たときは入ってみたいですね。なお共同浴場は基本的には地元民向けなので、「入らせてもらってる」というスタンスで入るようにしましょう。

ホテル近くにある「篠」という店で朝食を食べてきた

おおるりで朝食食べるなら素泊まりで良いよということで今回は素泊まりなのですが、近くで美味しそうな朝食が食べられそうな店があったので来て見ました。温泉帰りに後で2名で行きます~と伝えてから訪問。基本は予約制らしいので前日までに伝えておくのがベストかと。

普段は甘味処のようなのですが、数年前から朝食の営業を開始したみたいです。

こちらが朝食定食です。旅館で出てきそうな朝食で、正直おおるりでもこういうのが出てくれれば全然いいのにという感じのメニューです。手作りのようですが濃すぎず薄すぎずちょうどよい感じ。みそ汁も具だくさんでした。

そして驚きなのが金額。これだけのセットなのに500円で食べられるんです。二人で行って1,000円を地域クーポンで支払えたので良い朝食が食べれられました。ごちそうさまです。

草津温泉から奥塩原温泉へと群馬&栃木を横に進む

今日の宿泊先は奥塩原温泉。草津が群馬の端のほうなら、塩原温泉は栃木の端のほう。ということで山のほうを延々と進んで塩原温泉へと向かう行程です。大体4時間くらいで着くようなのですが、寄り道するとなると大体6時間くらいはかかるかな?って感じです。

沼田市にある「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる吹割の滝へ

国道120号を走っていると人混みと共に「吹割の滝」という滝を発見。何やら東洋のナイアガラとも書かれていたので寄り道してみることに。

こちらが手前の鱒飛の滝なのですが、立ち入り禁止の柵が手前なのであんまり良く見えませんね。

別の角度からだとこんな感じ。滝が落ちていく場所は見られるものの、あんまり迫力とかは感じられないですね。先に進みましょう。

ここは滝が一応メインではあるのですが、遊歩道を歩くと岩場と綺麗な川を眺めることもできます。これも見に来る価値になるかもしれません。

こういう綺麗で冷たそうな川を見ると飛び込みたくなる感じはするんですが、その先は滝なので危ない。前後が緩やかな川とかなら良いんですけどね~。

そしてこちらが吹割の滝です。ナイアガラ……と比べるのは酷な気はしますが、橫幅広く水が流れ落ちています。しかしここももう少しこちらの高さが低ければなぁとモヤモヤしてしまう滝たちでした。

そしてこの吹割の滝ですが、入口にレトロなお土産屋さんが並んでいます。ある意味ここに来るのをひとつの目的にしても良いかもしれません。

軽く食べるようなお饅頭や串に刺さったきゅうりも。美味しそうなのでお饅頭食べてみましょうか。

味噌と山椒のお饅頭を購入。どちらも50円でお安い。

中身はこんな感じで、そんなにギッシリというわけではないですが素朴な味で美味しいお饅頭でした。

群馬県と栃木県の境にある「菅沼山小や」で昼飯を食べてきた

お昼ごはんをどこで食べようかなぁと思ったのですが、道中に山小屋があったので寄ってみることに。あたりにはペンション(?)などもあって避暑地のキャンプ場みたいな感じにもなってるのでしょうか。

値段は1,000円しないのがほとんどなリーズナブルな感じ。なんか色々あるけどもまた舞茸かなぁ。

舞茸天丼とミニそばのセットで1,000円。まあそんなもんじゃないでしょうか。味は……まあ悪くはないかなという感じだけども、わざわざ食べに来ることもないかな。横の店の焼き魚のが評判良さそうでしたね。

そしてこの場所は携帯が全キャリア圏外。栃木側に入ったらすぐに繋がったのでやはりここは未開の地グンマー?(違う)

日光の山奥にある「日光湯元温泉」へ寄って硫黄泉を堪能

先ほどの場所から車で15分ほどで日光湯元温泉に到着。ここまで来ると東武の陣地みたいな感じがしますね。東武日光行きのバスなども運行されています。

ここは日光としてはかなり外れのほうですが、白濁の硫黄泉が楽しめるスポットです。

奥には湿地帯があり、そこが源泉となっています。源泉は遊歩道になっていて散策することもできます。

足元が不安定なので気をつけて歩いていきましょう。落ちたら下手すると火傷しそうな感じです。そしてふと見ると小さな小屋に源泉の名前が書いてありました。

おおるり山荘の源泉がありました。おおるり山荘は既に閉館して亀の井ホテルに変わってしまいましたが、源泉自体はそのまま残されています。源泉自体は同じなのでしょうかね?

しかしおおるり時代に来てみたかったなぁという感じも。亀の井ホテルになったので敷居が高くなっちゃいました。

源泉の横に温泉寺があります。ここは名前だけではなく温泉が引かれていて日帰り入浴することもできるようになっています。

入浴料金は500円。まあ一般的な値段ではないでしょうか。

日光湯元温泉は硫黄泉ですが、草津などとは違う中性なのでピリピリした感じはありません。しかし源泉が熱いのでここの温泉も熱めです。とはいえ草津よりはマシだったかな。

浴室が狭いのでタイミングによっては結構込み合うことも。朝早くとかのがのんびり過ごせるかもしれませんね。

入浴後には広い休憩所で休憩ができる他、おせんべいがいただけます。領収書らしいものがありますが「休憩奉納」とはさすがお寺ですね。

川俣温泉近くにある川俣大橋から川俣湖を一望

日光湯元温泉から山道を進んで川俣温泉へと進むと、途中に大きな吊り橋が。地図を見ると川俣湖という名前の湖で、人工的にせき止めたダム湖のようですね。

橋からは左右に川俣湖が一望できます。かなり良い展望ですが人気もないので隠れ絶景スポット。こういうのが見つかるので山道を通っていくのは好きなんです。

奥塩原新湯温泉の「にごり湯の宿 湯荘白樺」に宿泊

今日の宿泊先は塩原温泉から山を5km位登ったところにある新湯温泉。以前に泊まった際に泉質が良くてまた来たいなぁと思っていて2年ぶりにやってきました。

塩原温泉の「渓雲閣」で温泉三昧とおいしいご飯!1泊2日の休息旅行に行ってきました
温泉旅館に行きたい!ということで塩原温泉の渓雲閣さんに宿泊してきました。

以前泊った渓雲閣の向かいにある旅館で、新湯温泉の中ではリーズナブルに宿泊できる宿です。源泉の真横にあるので泉質は抜群との評判です。

部屋は今回10畳の部屋を選びました。6畳の部屋もありましたが、ちょっと狭いとおもったので今回は10畳。差額は1,000円もしないので、こっちのほうが良いかなと思います。

なお結構外は涼しいので大丈夫でしたが、冷房が無いので暑いときは結構厳しいかもしれません。

トイレや洗面所は別となっています。個人的にはどっちでも良いという感じですが、抵抗がある人は居るかもしれません。

部屋には温泉まんじゅうがお茶受けとして置いてありました。こしあんで美味しいおまんじゅうです。