WF-1000XM3のイヤーピースを評判のいい「AZLA SednaEarfit XELASTEC」に買い替えてみた。

ガジェットaiuto,AZLA SednaEarfit XELASTEC,SONY,WF-1000XM3,アユート

ワイヤレスイヤホンのメインはSONYのWF-1000XM3を使っていたのですが、歩いているときに段々落ちてきそうになるのが気になったのでイヤーピースを買い換えることに。

選んだのは評判の良いAZLA SednaEarfit XELASTECというイヤーピース。値段は高めですが、高いなりの良いイヤーピースです。

  • 体温で耳にフィット
  • 遮音性が高い
  • 多サイズ展開で合うものを選びやすい
  • 耳垢が付きやすい
  • 価格が割高

WF-1000XM3のイヤーピースを変えたい

このWF-1000XM3を購入した際に付属していたイヤーピースが合わなかったので、ソニーのハイブリッドイヤーピースを使っていました。

しかし通勤時などに使っていると、段々と耳から外れていくような感じになってしまうことが結構ストレスで、イヤホン自体が高いので落としそうになりヒヤヒヤということもありました。

ということで代えのイヤーピース探しをしていて行き着いたのがアユートのイヤーピース。

最初は価格が安価なこともあり、このイヤーピースを検討していたのですが、調べていくにつれて後から発売されたXELASTECの方を推している人が多いのでチェンジすることに。

あれです。「買う理由が価格なら買うな」ってことで、こっちのが安いからという理由だけでは買わない方が後から後悔しないと思うんですよね。

AZLA SednaEarfit XELASTECを購入

ということで、AZLA SednaEarfit XELASTECを購入してきました。価格としては1,500円↑とイヤーピースとしては割高ではありますが、頻繁に使うことを考えればすぐにペイすることが出来ると思います。

このメーカーのイヤーピースは、他社より少し大きいということで今回はMSサイズを選びました。サイズが心配という人は、SS/S/MSパッケージやMS/M/MLパッケージなどもあります。

イヤーピースといえば結構黒って印象も多いですが、このイヤーピースはクリアスタイルとなっています。

通常のシリコン素材に比べると、若干固いかなという印象です。ふにゃふにゃじゃなくてしっかりとした弾力がある感じです。

このイヤーピースは熱可塑性エラストマー(TPE)素材というものが使用されており、体温で柔らかくなって耳にフィットするという特徴を持っています。

また、購入後に今使っているサイズがなんだったかとわからなくなることがないように、裏面上部にサイズの記載があります。

ということで、既存のイヤーピースを取り外して差し替えていきます。装着方法は普通に差し込むだけで、特に固いなどの印象はありませんでした。

元々がフルワイヤレスイヤホン向けに作られていることもあり、長さは短めです。ちょっと先が太いような感じもしますね。

ケースには問題なく収納可能

既に情報を集めていて、問題なくケースに挿入可能なのは知っていたのですが、実際に試してみました。

イヤホンを装着した状態でケースに挿入してみましたが、カチっとちゃんと収納でき、充電も問題なく行うことが出来ました。

ケースを閉じても、変な隙間なども出来ずに収納できました。さすがにメーカーとしても検証をしているのでしょうか。

側面からみても隙間は見受けられません。合格ですね。

遮音性&音質は向上

ということで実際に装着してみましたが、確かに装着して数分すると耳にジャストフィットする感じです。今まででは落ちそうになってきていた歩行や少し走った際でもちゃんと耳にくれています。

それに伴って、遮音性も高まったことにより音質も向上しているように思えます。

しかしこれはイヤーピースの問題ではないのですが、やっぱりWF-1000XM3って大きいですよね……(耳が疲れる)

素材的に耳垢が付く

他のサイトでも多く書かれていると思いますが、やっぱり粘着質な素材ということもあって、耳垢は付く印象です。まあ逆に見えるので定期的に清掃する理由になるのかなとは思っています。

価格は割高でも試す価値があるイヤーピース

イヤーピースとしては若干高い印象ではありますが、毎日のように使うことを考えると悪くない投資に思えるイヤーピースの交換。

今の音質や遮音性などに不満を持っている人は一度試してみてはどうでしょうか。きっと満足できると思います。