新型コロナウイルスによる航空会社の対応まとめ(国内線)

2020年9月18日その他COVID-19,新型コロナウイルス,航空券

新型コロナウイルスの影響により、航空会社各社が特別対応を行っています。自分用のメモも兼ねてまとめてみました。

なお、最新情報は各航空会社のホームページなどを確認してください。なお間違いなどありましたらコメント及びTwitterにてお教え頂ければ幸いです。

大手航空会社(ANA・JAL)

大手航空会社に関しては基本的に国内全路線にて無条件にて無手数料払い戻しを行っています。

ANA【5月6日分まで無手数料にて払い戻し】

ANAに関しては国内全路線(特典航空券・ツアー)にて、無手数料にて払い戻しを行っています。

払い戻し期間予約日
4月6日~4月30日2020年3月19日まで
5月1日~5月6日2020年4月7日まで

なお、払い戻し以外には2020年3月31日から2021年2月28日までの有効期限のマイル・スカイコインの有効期限が2021年3月31日に延長されます。

JAL【5月6日分まで無手数料にて払い戻し】

JALに関してはANAとは若干条件が異なり、期間は5月6日分まで、発券日による制限は特に無いようです。なお、特典航空券やツアーも無手数料にて払い戻し可能になっています。

また、マイレージ等に関しては、事前登録が必要なものの、2020年2月1日から2020年7月31日までの有効期限のマイル、eJALポイントの有効期限が1年延長となります。

なお、マイルは1.5倍換算のeJALポイントとして積算されます。

中堅航空会社(SKY・SNJ・ADO・SFJ)

中堅航空会社に関しては、ANAとの繋がりが大きい所があるのか、基本的にANAの払い戻し規定に合わせているところが多くなっています。

スカイマーク【5月6日分まで無手数料にて払い戻し】

スカイマークに関しては、ANAというよりJAL寄りの対応となっていますが、JALが無手数料にて払い戻し可能開始日としている日がスカイマークは発券期限日となっています。

対象期間発券日
2020年3月19日までの航空券2020年2月28日まで
2020年4月5日までの航空券2020年3月6日まで
2020年4月30日までの航空券2020年3月18日まで
2020年5月6日までの航空券2020年4月7日まで

ソラシドエア・AIRDO・スターフライヤー【5月6日分まで無手数料にて払い戻し】

ソラシドエア及びAIRDO、スターフライヤーに関しては国内全路線(特典航空券・ツアー)にて、無手数料にて払い戻しを行っています。

払い戻し期間予約日
4月6日~4月30日2020年3月19日まで
5月1日~5月6日2020年4月7日まで

この3社に関しては基本的にANAの対応と同じのようですね。

格安航空会社(ジェットスター・ピーチ・春秋航空日本)

格安航空会社に関しては、各社対応がバラバラとなっています。大手や中堅に比べるとやっぱり格安航空という感じなところが多い印象です。

ジェットスター【5月31日分まではバウチャーにて払い戻し】

対象期間発券期限
2020年3月31日まで2020年3月4日まで
2020年4月27日まで2020年3月25日まで
2020年5月31日まで2020年4月8日まで

ジェットスターに関しては国内線全路線に関して払い戻しは行うものの、クレジットカードなどへの返金ではなく「6カ月間有効なバウチャー」での返金となります。なお、運休便に関しては全額払い戻しとなります。

ピーチ【5月31日分までは無手数料にて払い戻し】

記事の掲載当時は無対応だったのですが、緊急事態宣言の翌日に4月8日までの予約便に対して5月31日まで分に関しては無手数料にて払い戻しとなりました。

なお、払い戻し期限は4月21日までとなっているので要注意

春秋航空日本【5月31日分までは無手数料にて払い戻し】

春秋航空日本に関しては、国内線全路線にて2020年5月31日までの運航便の航空券に関しては2020年4月9日までの発券分に限り全額払い戻し対応を行っています。