Ankerのコンセント付きのモバイルバッテリーの新商品「Anker PowerCore Fusion 10000」が発売。使いやすさはそのままに容量が倍増

ガジェットAnker,PowerCore,USB充電器,モバイルバッテリー

旅行などに行く場合は急速充電&大容量のモバイルバッテリーを持っていくのですが、普段使うには便利なコンセント付きのモバイルバッテリー。

Ankerから容量が倍増した新モデルが発売されました。これは前作に引き続き人気がでそうな商品です。

容量が倍増した「Anker PowerCore Fusion 10000」

Anker PowerCore Fusion 10000 | Anker

充電器とモバイルバッテリーがセットになった人気のFusionシリーズの新機種となるFusion 10000。前機種よりも容量が倍増(4,850mAh→9700mAh)し、最大出力も18WからiPhone 12シリーズに適した20Wと微増しています。

USB-Cは給電専用

前機種もそうだったのですが、搭載されているUSB-Cは給電専用となっており、18W/20Wでのバッテリへの充電は不可となっています。

とはいえコンセントからの給電が4.5時間で満タンとなっており、18WのPD充電に引けを取らない速度で充電可能となっています。

前機種Fusion 5000との比較

前機種の後継ということで、前機種「PowerCore Ⅲ Fusion 5000」とのスペックの差異を比較してみました。

Fusion 5000Fusion 10000
容量4,850mAh9,700mAh
出力
(USB-C)
18W
5V-3A/9V-2A
20W
5V-3A/9V-2.22A
出力
(USB-A)
12W
5V-2.4A
12W
5V-2.4A
合計出力15W
5V-3A
15W
5V-3A
充電時間約2時間40分約4時間
サイズ約78 x 71.5 x 30mm約82 × 82 × 35mm
重量約176g約278g

一覧を見る限り、容量が倍増して20W対応したこと以外は大きな違いは無いようです。サイズや重さに関しては容量の差ほど大きくはなっていないようです。

また、双方とも12V-1.5Aの出力には未対応となってきとなっています。

コレ1つで充電器とモバイルバッテリーを賄える便利なバッテリー

いざ外にでて使おうとしたらモバイルバッテリーが空っぽということを経験した人も居ると思います。しかしこのバッテリーなら家でスマホなどを充電しながらバッテリーの充電も可能なのでそういう心配がなくなると思います。

あとは持ち運び荷物を減らせるメリットもあるので、使ってみると中々手放せないバッテリーになると思います。