1000円程度の安価なモバイルルーターで楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を使ってみた

2020年5月27日MNO/MVNO304HW,GL04P,GL06P,UN-LIMIT,楽天モバイル

1年間無料で使える楽天モバイルですが、現状のコロナの関係でテレワークで使いたいという人も多いと思います。しかし、公式で出ているルーターは1万円以上と結構な値段になっています。

そのため、中古で販売されている安価なルーターで楽天モバイルを試してみることにしました。

楽天モバイルの使用しているバンド3に対応している機種は多い

楽天モバイルの使用しているバンドはバンド3というメジャーバンドのため、多くのモバイルルーターで使用できますが、SIMロック解除されている物では使用できないので要注意。

今回は安価という点に争点を当てて紹介してみたいと思います。

大昔のEMOBILEのルーターがバンド3対応

もう8年近く前になりますが、EMOBILEがLTEサービスを開始した際に使用していたバンドは「バンド3」で同じでした。

当時のEMOBILEは発売当初からSIMロックフリーというのが一つの売りとなっており、モバイルルーターもSIMロックフリーにて販売されていました。

機種名Wi-Fi対応規格連続通信時間理論値
GL01PIEEE802.11 b/g/n
2.4GHzのみ
約9時間下り:100Mbps
上り:50Mbps
※無線では最大72Mbps
GL02PIEEE802.11 b/g/n
2.4GHzのみ
約9時間下り:100Mbps
上り:50Mbps
※無線では最大72Mbps
GL04PIEEE802.11 b/g/n
2.4GHzのみ
約10時間下り:150Mbps
上り:50Mbps
GL05PIEEE802.11 b/g/n
2.4GHzのみ
約12時間下り:100Mbps
上り:50Mbps
GL06PIEEE802.11 b/g/n
2.4GHzのみ
約12時間下り:150Mbps
上り:50Mbps

メインとして出ていたのは上の4機種になっています。GL01PとGL02Pはメーカー違いなだけで仕様はほぼ変わらず、GL04PとGL06Pもバッテリー容量の違い程度です。GL05Pは影が薄すぎて実機を見たことがありません。

なお、GL01PとGL02Pは無線LANがMIMO非対応&20MHzしか対応しておらず、リンク速度が72Mbpsしか出ないのでおススメしません。(昔それで消費者庁に怒られてたという過去が)

(余談:これUSBモデム機能でお茶を濁しつつ、サポートセンター宛てに文句を言う人にはGL04Pを無償送付してたんですよね)

この中の機種はもう既にどの機種も1000円前後で売られており、特にこだわりが無ければGL04P/GL06Pを選んでおくのがおススメ。SIMは標準/microSIMですが、楽天モバイルのSIMはマルチサイズなので問題ありません。

これが楽天モバイルのSIM。標準、micro、nanoに切り取りが可能です。

非公式であるが無料でSIMロック解除可能な機種もある

先のEMOBILEのルーターは元からSIMロックフリーのため、用意してAPN設定の上でSIMを入れれば使用可能です。しかしかなり古いルーターのため、細かい設定などが全てWEBUIなのが面倒な所。

タッチ対応のルーターは基本SIMロックが掛かっている機種となっていますが、実は一部の機種に関しては非公式ではあるものの無料でSIMロック解除ができたりします。その機種一覧が以下。

機種名Wi-Fi対応規格連続通信時間理論値
GL10P / 301HWIEEE802.11 b/g/n
2.4GHzのみ
約10時間下り:150Mbps
上り:50Mbps
303HW / 304HWIEEE802.11 b/g/n
2.4GHzのみ
約9時間下り:150Mbps
上り:50Mbps
HW-01FIEEE802.11 a/b/g/n
5GHz / 2.4GHz
約7時間下り:150Mbps
上り:50Mbps

この3種類の機種はほぼベースとしては同等の機種です。なぜかHW-01FのみがWi-Fiの5GHzに対応していますが、他の機種より中古相場が若干高いのがネックです。

なおSIMロック解除方法に関しては「GL10P SIMロック解除 無料」などで調べると出てきますが、あくまで非公式な方法なので自己責任で。

WIMAX 2+ルーターも注意が必要ではあるが使用可能

WIMAX 2+のルーターの一部はバンド3に対応だったことも有り、使用が可能になっています。

機種名Wi-Fi対応規格連続通信時間理論値
W03IEEE802.11 a/b/g/n/ac
5GHz / 2.4GHz
約10時間下り:150Mbps
上り:50Mbps
W04IEEE802.11 a/b/g/n/ac
5GHz / 2.4GHz
約9時間下り:150Mbps
上り:50Mbps
W05IEEE802.11 a/b/g/n/ac
5GHz / 2.4GHz
約7時間下り:150Mbps
上り:50Mbps

「だった」というのがどういうことかというと、途中から嫌がらせのようなファームウェアアップデートでバンド3が塞がれてしまって使用できなくなってしまっているのですよね。

こちらも非公式ではありますがダウングレード方法などが紹介されており、使用可能なバージョンまでダウングレードすれば使用可能です。

また、au端末なのでパートナーエリアにも繋がるのですが、良いのか悪いのか微妙な所ではあります。

無難なのはGL04PもしくはGL06Pか

色々と使用できる機種はありますが、手間が無くAPN設定だけで使用できるという点ではGL04PもしくはGL06Pが現状無難だと思います。

SIMロック解除やダウングレードが可能な人で有れば別の機種でも良いですが、よくわからないという人はGL04PかGL06Pを入手することをおススメします。

実際に楽天モバイルのSIMを使って通信してみた

前項でGL04PとGL06Pをおススメしておきながらなんですが、今回は別の使用用途もあるということで304HWを入手してSIMロック解除して使ってみました。

SIMロック解除を行ってからAPN設定(プロファイル設定からAPN名を"rakuten.jp"に設定)を行い、その状態で楽天モバイルエリアに行くと44011という表示と共に楽天モバイル網につながっていることが確認できました。

WEBUI上でも接続状態となっており、インターネットへも問題なく接続できました。

せっかくなのでスピードテストを行ってみました。エリアが結構ギリギリの所だったのですが、比較的速度は出てくれました。

ダウンロードアップロード
1回目16.5Mbps5.23Mbps
2回目20.2Mbps1.08Mbps
3回目19.8Mbps3.19Mbps

正直この程度の速度が出ていれば、通常のWEBブラウジングや動画視聴などには問題なく使用できるのではないでしょうか。

また、別日に都内でスピードテストする機会があったので同じ場所&同じ時間に複数端末で速度に差があるか見てみました。

端末名ダウンロードアップロード
GL06P
Wi-Fi 2.4GHz
22.4Mbps30.4Mbps
304HW
Wi-Fi 2.4GHz
28.8Mbps29.0Mbps
SHV42
SIMロック解除済
51.7Mbps48.6Mbps

結果としてはさすがに直接SIMを差して通信したSHV42が一番早い速度となっているものの、2.4GHzのWi-Fi接続をしたGL06Pと304HWでは大きな差はありませんでした。

安価にインターネット環境を作るにはおススメ

現状テレワークで在宅勤務になるが、固定回線が無いという人も居ると思います。一時しのぎであればテザリングなどで補うことも出来ますが、長期間になると制限などの問題も出てくると思います。

現状楽天モバイルは1年間無料で楽天エリアなら無制限(1日10GBで3Mbps制限有り)で使用できるため、安価なルーターと組み合わせてインターネット環境を作ってみるのもいいのではないでしょうか。

楽天モバイルの契約は以下から↓↓

また紹介者ID「2020030301051」を入れていただけると2000ポイント貰えるので良かったらどうぞ