富士ソフトから端子がType-Cになったモバイルルーター「FS040W」が発売

NEWSFS040W,モバイルルーター,富士ソフト

隠れたSIMフリーモバイルルーターメーカーの富士ソフトから、接続端子がType-CになったFS040Wが発売されました。

これを機にSIMフリーのモバイルルーターでもType-Cのものが増えてきてくれると嬉しいですね。

created by Rinker
富士ソフト

4Gで最大300Mbps対応になったFS040W

ソフトバンクの再販SIMではお馴染み感がある富士ソフトからFS030Wの後継機種のFS040Wが発売されました。

クレードルを用いての固定運用や、特徴であるバッテリー無しでも動作するという利点はそのままに通信速度などがグレードアップした機種となっています。

また、個人的に一番嬉しいのは充電端子がType-Cということ。もうMicroUSBの機器は買いたくありませんからね。

FS040WFS030W
最高速度(WAN)下り300Mbps
上り50Mbps
下り150Mbps
上り50Mbps
対応バンド(4G)1/3/8/11/18/19/21/26/411/3/8/11/18/19/21
対応バンド(3G)1/6/191/6/19
無線LANWi-Fi5 a/b/g/n/ac
最大433Mbps
*クレードル使用時:866Mbps
Wi-Fi5 a/b/g/n/ac
最大433Mbps
同時接続数15台
*クレードル使用時:32台
15台
Bluetooth非対応対応
連続通信時間20時間Wi-Fi:20時間
BT:24時間
バッテリー3,060mAh3,060mAh
対応SIMnanoSIMmicroSIM
外部接続USB Type-C
*USB 3.0
MicroUSB
*USB 2.0
充電5V-3A/9V-2A/12V-1.5A5V-1.5A
充電時間最大3時間最大3時間

基本的にはFS030Wの順当なスペックアップとなっていますが、唯一の劣化点として、Bluetooth通信が不可になっています。

もしBluetoothで使えないと困るという人はFS030Wを選ぶようにしましょう。

クレードル(ホームキット)に差すとスペックアップする

家庭利用にクレードル(ホームキット)が別売で販売され、これに差し込むとWi-Fiが866Mbpsの倍速になるほか、同時接続数が15台から32台へと倍増します。

クレードル自体の値段もそこそこしてしまうのが難点ではありますが、家でも固定回線代わりに使用するのであれば備えておきたいですね。

created by Rinker
富士ソフト