多摩センターの中小企業向けワクチン大規模接種に行ってきた

その他COVID-19,ワクチン,大規模接種

自治体のワクチン接種予約はまだまだ先で取れる気配も無く、自衛隊のも取れない……と思ってたらTwitterで多摩地区の大規模接種が都内勤務の中小企業にも解放されたよ!ってことで行ってきました。

多摩センター、少し遠いのは確かですが、来月半ばまで予約すらできない自治体を待つよりは行ってしまう方がよっぽどマシです。

多摩センターからは2つの接種会場があるので注意

多摩センター駅に到着。多摩センターは京王と小田急、そして多摩都市モノレールが走っていますが、どれも似た場所なので来やすい方法で来るのが良いと思います。

私は新宿経由なので、一番安価な京王線経由で。前みたいに地下鉄千代田線直通の多摩急行でもあれば乗り換え無しで良いのだけど……。

多摩センター(京王・小田急)を降りて大きな歩道の階段を登ると、さっそくワクチン接種会場の案内がありますが、これは別のワクチン接種会場。今回はこちらではありません。

もう少し進むと、下に東京都と書かれたワクチン接種会場の案内があります。これが今回行く予定の中小企業向けの大規模接種の案内看板です。

途中十字路がありますが、東京都の大規模接種は左です。右は違うワクチン接種会場なので間違えないようにしましょう。

左に曲がるとまた案内看板があります。「下に東京都」と掛かれた看板を目印に進んでください。

そうしてサンリオピューロランドを目の前にした所で左に曲がります。左を見ると小さな案内を持った係員が立っているので、案内にしたがって進んでいきましょう。

そして会場に入って階段を登って接種会場に。この先は撮影禁止なので文章のみで書いていきます。

到着時間は5分前くらいで問題なし

気になるのは到着時間かなと思うのですが、予約時間の5分前にビルの入り口に入るくらいで問題ないと思います。逆に早すぎると暑い中外で待たされます。

接種の流れはスムーズ

接種会場に入ると、まずは受付で消毒と検温の上、予約確認のために氏名を伝えます。問題なければ先に進みます。

なお、予診票に関しては事前に記載しておくのが良いですが、書き忘れた場合でも書くスペースが確保されていました。

医師の問診を受ける

受付を済ませたら、医師の問診を行います。問診といっても予診票の再確認といった感じで難しいことはありません。そこで問題がなければ接種となります。

接種は採血程度のチクッとさ

接種の場に行くと、まずは利き手を聞かれます。接種後に腕が上がらなくなる副反応があるために、支障がないようにと言う配慮ですね(翌日くらいまでは腕が上がりませんでした)

その後接種となりますが、痛みとしては健康診断の採血程度で思っていたよりは痛くないなと言う感想です。

接種後は15分~30分の待機を実施

接種後は基本は15分の待機時間が設けられ、並べられた椅子に座って待つことになります。人によっては30分の人も居るようですが、予診の結果によるのではないでしょうか。

待機が終わると最後に(1回目の人は)2回目の予約確保と、接種票へのシールの貼り付けが行われます。

時間としては入ってから出るまで30分は掛からず、非常にスムーズに流れている印象でした。

多摩センターの大規模接種は既に予約埋まっている(キャンセルがちらほら出るらしい)ようですが、既に予約して行く人は参考にしてみてください。