LCCとひがし北海道フリーパスで行く北海道旅行-1

2019年5月18日2018年以前旅行記

北海道に行きたい!

北海道行ってきます。

北海道に行きたい

バニラエアで新千歳空港に行ったときに限定で買えるひがし北海道フリーパスというきっぷがあります。
通常でもフリー区間の特急自由席含む列車に5日間乗り放題で15,500円で十分安いきっぷです。

そのきっぷが11月末まで限定で25歳以下はなんと3,500円引きの12,000円で購入することが出来るという情報を聞いて行くことにしました。

Vanilla Air ひがし北海道フリーパス
https://www.jrhokkaido.co.jp/travel/higashi_hokkaido/Vanilla_Air.html

航空券の入手

北海道までの交通手段ですが、バニラエアを使わないといけない関係上、LCCを使用する必要がありました。

行きはきっぷの都合上バニラエア必須、帰りは色々値段見て最終的に以下に決定しました。

行き→バニラエア 4380円+諸費用
帰り→春秋航空日本 3780円+諸費用

セールでの破格というわけではないですが、それでも諸費用含めても往復1万円以下で成田から新千歳までの往復です。安いですね。

最近はバニラエアとジェットスターがドコモケータイ払いプラスに対応してるのでタイミングが合えば支払い手数料がポイントで実質無料になることも。

自分はd曜日で5倍の時に!と思って買ったら10月に毎日10倍になって悔しい思いをしましたが…

成田空港へ!

LCCは基本的に成田空港から出航するため、成田空港へ行かなくてはなりません。

成田空港へ公共交通機関で行く手段ですが基本的には以下になると思います。

バス
JR
京成

通常では一番安いのはバスだと思います。東京駅などから1000円以下で行けるバスも多く出ています。

また、18きっぷシーズンでその日に18きっぷ使うのであればJRの快速エアポート成田も良いですね。

自分は今回は京成で行くことにしました。理由としては京成本線と成田スカイアクセス線の乗り通し目的が大きいのと、上野駅から23時発のイブニングライナー成田空港行きがあったこと。

イブニングライナーって?

京成のライナーと言えばスカイライナーが有名ですが、こちらは速達性を求めたスカイアクセス線経由成田空港へのライナーです。(お値段も高い…)

それと異なりイブニングライナーは京成本線経由で、仕事帰りに座って帰ろうという良くある通勤ライナー的な扱いです。

値段も安くて410円で上野から成田空港まで行けます。

201711212302125c7.jpg

車両はスカイライナーと同じでリクライニングもありますし、全席コンセント付きなので充電もできます。

2017112123021533d.jpg
2017112123021585a.jpg

次の記事では成田到着後の内容を書きます~。