【振込対応の件追記】EPARKテイクアウトで何度でも1000円キャッシュバック!だけど…

NO IMAGE

タダでご飯が食べられる。良い案件ですよね。
何だかんだ色々なタダ飯案件があって嬉しいところなのです。

EPARKテイクアウト

そんな中で最近話題なのがEPARKテイクアウト
お持ち帰りならEPARKテイクアウト
1080円以上頼むと「何度でも」翌月末に1000円キャッシュバックというもの。

要するに1080円なら1000円キャッシュバックされて実質80円になります。
しかも最初の1回だけというのではなく、何度でも使用することが出来、場合によっては朝昼晩を全て賄うことが出来ます。

そんな旨い話が…あるのは事実で、実際自分もちゃんとキャッシュバックを受けています。

ホントに良いサービスなので皆さん是非使ってください!

…で、終われば良いんですけどね。

キャッシュバックの遅延が起きている

2ヶ月連続で遅延してます。

先月は6月末という話だったんですが付与されたのは7月2日。(土日挟んだ形)
そして今回は7月31日の20時ということでしたが、実際に付与されたのは8月1日の12時頃。

それでも先月までは振込なので良かったんです。遅れたと言っても強いて数日でしたので。

キャッシュバックがキャッシュポに変更

今回分からは、キャッシュバックが口座振込から「キャッシュポ」というEPARKのポイントのような物に変更されています。

しかし共通ポイントなどと違って振込申請が出来るので、実質現金のようなものです。

振込申請後、振込までの期間が長い

このキャッシュポですが、振込申請して現金に変えることは出来るのですが、その振込が「振込申請日の翌月末」となっています。

なので、今回のEPARKテイクアウトのキャンペーンが今月分は翌月末に「キャッシュポ」で付与されると、そこからまた振込申請して実際に現金に変わるのがそのまた翌月末。

7月分キャッシュバック→8月末付与
8月末振込申請→9月末口座振込完了

また、振込申請を1度行うと、その申請が完了されるまで次の申請が出来ません。
その申請が完了の反映は振込完了後の翌日。

つまり月末に振込されて直ぐに次の申請して翌月末受けとることが出来ず、次の申請分が振り込まれるのはさらに翌々月の月末となり、かなり先になります。

キャッシュポ付与が月を跨いで遅延した話

先ほど話した本来7月31日に付与される予定のキャッシュポが8月1日に付与されたという件。

キャッシュポの振込申請が「翌月末」ということを考えると、1日の遅延=1ヶ月の遅延となります。

その分EPARK側はキャッシュアウトを遅らせることが出来るため、正直何だかんだ理由をつけて遅延させたと思ってしまいます。

なお、今6月分を振込申請してしまうと、7月分の付与が正しく8月末に付与されたとしても、直ぐに申請が出来ないため、待てるなら8月末付与時点でまとめて9月末に振込申請した方がいいかもしれません。

※追記
EPARKからお知らせがあり、キャッシュポ遅延により付与が遅れた人に対しては9日までに振込申請すれば8月末に振込対応するとのこと。

また、一部キャッシュポが正しく付与されてない人に関しては2日までには正しい額に修正されるとのこと。

一応自分のところには正しく付与されました。

が、次も遅延なく来る保証は無いのが現状です。

まあ…遅くてもいつか現金として振り込まれれば良いんですが…ね。ある意味自転車操業感を感じているのが不安なところ。
あんまり積極的に勧めづらいなぁと思うのが本音だったりします。

ブログカテゴリの最新記事