ガラケーが欲しくてもシンプルSのほうが家族割引を適用するとケータイベーシックプランSSよりも良いかも?Y!mobileの通話定額を調べてみた

MNO/MVNOY!mobile,スーパー誰とでも定額(S),ワイモバイル

今でも折り畳みケータイは根強い需要があるようで、各社も中身Androidとはいえ折り畳み式のケータイを用意しています。

Y!mobileでも同様に提供の上で専用プランも出していますが、家族にY!mobileユーザーがいれば専用プランよりスマホプランのが安くなっていたので比較してみました。

家族割引のあるシンプルプランと無いケータイベーシックプランSS

Y!mobileではスマートフォン向けのシンプルS/M/Lと、ガラケー向けのケータイベーシックプランSSというプランを提供しています。

料金や通話・データ関連の簡単な価格は以下の通り。

シンプルSケータイベーシックプランSS
月額料金2,178円1,027円
データ通信3GB従量制
※接続オプション必要
メール対応対応
※データ通信料必要
通話定額オプション1,870円1,100円
家族割引1,188円割引対象外
合計金額
※家族割引適用時
2,860円2,127円

さすがに1人ではケータイベーシックプランSSのが割安ですが、これは通話しかしない場合。メールなどをするとデータ通信のベーシックパック(330円)が必要な他、たった110MBで上限の4,950円!の段階定額プランに入る必要があります。

それに対してシンプルSでは、データ通信込みで2,860円ということで、そもそもメールをするならこっちの方が安心して使えます。

60歳以上は通話定額の割引がある(シンプルS/M/L)

先ほど家族割引の話をしましたが、それと共に60歳以上には通話定額(スーパー誰とでも定額S)が1,100円割引される特典が用意されています。

60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン | Y!mobile

これを先ほどの表に合わせて適用すると以下のようになります。

シンプルSケータイベーシックプランSS
月額料金2,178円1,027円
データ通信3GB従量制
※接続オプション必要
メール対応対応
※データ通信料必要
通話定額オプション1,870円1,100円
家族割引1,188円割引対象外
60歳以上割引1,100円割引対象外
合計金額
※家族割引適用時
1,760円2,127円

このように価格が逆転します。もし全くメールも使わなくて通話だけとしてもシンプルSの方が安価に利用できてしまうことに。

メールも使うとなるとケータイベーシックプランSSを選ぶ理由は全く無くなると思います。

ケータイでシンプルSは普通に契約可能

でもケータイでシンプルSの契約が出来るの?と思う人も居るかもしれませんが、普通に可能です。

オンラインストアでも、利用タイプを通話+データと通話のみと選ぶことが可能で、通話+データを選べばシンプルプランが選べます。

でも「家族にY!mobileユーザーがいる」+「60歳以上」という場合は、通話のみだとしても「通話+データ」を選びましょう。そちらの方が安いです。

シンプルSプラン開始に伴い、通話+メールや、通話しかしなくてもスマホ向けプランのが安くなることもあるので、身近に契約している人が居たら見直ししてみるのも良いかもしれませんね。

Y!mobileの契約はオンラインストアからがおススメ。なお契約時にはどこでも貰える特典のエントリーを忘れずに!