名寄本線の廃線跡を巡って豊富温泉に入って来た – 道東&道北のレンタカー旅行:2日目

2023年の旅行記
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。なお本記載は景品表示法改正に伴うASPからの要請に基づく表記であり、依頼された記事などは別途記載を実施しています。

おはようございます。今日は紋別から興部~名寄の名寄本線の廃線跡を巡りつつ、豊富温泉に寄って稚内へと抜ける行程で進みます。おそらく廃線跡巡りで多くの時間を食ってしまうと想定し、名寄からはノープラン。

女満別空港から屈斜路湖経由で紋別へ - 道東&道北のレンタカー旅行:1日目
屈斜路湖の温泉に入って紋別へ。名寄本線の廃線跡も巡ってくる予定です。

昨日から旭川~稚内で雪が強くなっていることも頭によぎりつつ、無事に稚内にたどり着ければと思いますが、廃線跡巡りで大雪にならなければ良いな。

  1. 紋別セントラルホテルのホタテが食べ放題の朝食
    1. 何度でも来たくなる紋別セントラルホテル
  2. 名寄本線の廃線跡を巡って名寄駅へ
    1. 駅跡がスーパーになっている「紋別駅」
    2. 駐車場になっている「潮見町駅」
    3. 渚滑線との分岐駅だった「渚滑駅」
    4. 渚滑駅と富丘駅の間にあった橋梁
    5. 駅へと上る階段が残る「富丘駅」
    6. 跡地は公園として整備されている「沙留駅」
    7. 全て畑になっていて痕跡がわからない「豊野駅」
    8. 豊野駅と旭ヶ丘駅の間にある、枕木や橋が残る藻興部川橋梁
    9. 積まれた枕木が残る「旭ヶ丘駅」
    10. 資料館や車両の展示もある「興部駅」
    11. 廃止代替のバス停がある「北興駅」
    12. 駅への道が消えている「宇津駅」
    13. どこに駅があった?橋脚が残る「班渓駅」
    14. 駅舎やトイレの跡が残る「中興部駅」
    15. 痕跡の残らない「六興駅」
    16. 再開発によって痕跡の消えた「西興部駅」
    17. 資料館や車両の展示もある「上興部駅」
    18. 美味しいソフトクリームが食べられる「道の駅 にしおこっぺ花夢」
    19. 名寄本線の跡を見下ろす「天北跨線橋」
    20. 植樹した木が寂しく残る「一ノ橋駅」
    21. バス停だけが残る「幸成駅」
    22. 畑となっていて痕跡はない「二ノ橋」駅
    23. キハ22系の展示が残る「下川駅」
    24. 痕跡は消えた「岐阜橋駅」「矢文駅」
    25. バス停にレプリカの駅名標が残る「上名寄駅」
    26. 当時の駅舎が残る「中名寄駅」
    27. 3路線のターミナルだった「名寄駅」
  3. 名寄から稚内に向けて北へ向かう
    1. 名寄駅前の「キングベアー」でボリューミーなスープカレー
    2. 美深町にある「チョウザメ館」へ行って来た
    3. ちょうど晴れて星が見えた南幌延駅
    4. 石油の香り漂う豊富温泉の「ふれあいセンター」へ
  4. 稚内の中心部にある「ドーミーイン稚内」に宿泊
    1. ウェルカムドリンクやアメニティー
    2. 部屋は広いスペースのあるシングルルーム
    3. ドーミーインといえば夜に食べる夜泣きそば
    4. トロトロした稚内温泉
  5. 明日は稚内からオホーツク側を下って女満別空港へ

紋別セントラルホテルのホタテが食べ放題の朝食

紋別セントラルホテルの朝食はホタテの食べ放題が有名。他にも北海道らしいメニューが並び、数あるホテル朝食の中でも上位に入る好きな朝食です。早速食べに行きましょう。

朝食会場は本館2階のなぎさ。昨晩夕食を食べた場所と同じです。

卵コーナー。温泉たまごに厚焼玉子、スクランブルエッグ。

味の染みた煮卵も提供されていました。

鶏大根とフキの煮物。フキの煮物って朝食バイキングでは珍しく感じる。

そしてメインディッシュともいえるホタテ。大きな貝柱を半分に切ったものが盛られています。手前にあるのはタコの刺身。ここからいくらでも持って行っていいなんて天国です。

横にあるのはホタテのタタキ。薬味とポン酢で合わせていただく一品です。

かまぼこに生卵と納豆、湯豆腐が並びます。

焼き魚。よく見るのは「鮭と鯖」という組み合わせですが、ここでは北海道らしくほっけが提供されています。こういうちょっとしたことでも旅行客としては嬉しい。

漬物に昆布などの和食のおかず。その隣には塩辛とからし明太子が用意されています。

タマゴサラダにポテトサラダ、ハムのマリネが並びます。

ミックスサラダやトマト・ブロッコリーなどの生野菜サラダコーナー。

デザートにオレンジとパイン、おこっぺヨーグルトが用意されていました。

別のコーナーにはロースジンギスカン。隣にはベーコンとウィンナーが並んでいます。

肉団子に唐揚げ、目玉焼きです。個人的には「唐揚げ」じゃなくて「ザンギ」として用意してくれてると北海道らしくて良いなと感じるんですが……!

そうめんとお味噌汁です。

白米とカレー、おかゆが用意されています。

朝はパン派という人にもクロワッサンやロールパンなど、4種類のパンが用意されています。トッピングもジャムやバターにチーズと色々用意されていました。

ドリンクコーナー。ホットコーヒーに四つ葉牛乳。

牛乳はもう一種類用意されていて、興部産のおこっぺ牛乳です。こちらの方が地域限定なのでどうせ飲むならおすすめ。

お水とアップルジュースにウーロン茶もありました。さて色々持ってきて食べましょう。

ごはんにホタテとタコの刺身に焼き鮭と唐揚げにジンギスカンなど。牛乳はおこっぺ牛乳を持ってきました。さっそくホタテ丼を作って食べましょう。

増えてない????

持ってきたホタテをご飯に乗せていったんですが、ごはんの量に対してホタテが足りないということで追加して持ってきました。これだけごはんにてんこ盛りに乗せて食べることも食べられます。臭みとかも無くて美味しいほたてがこれだけ食べられるなんてやっぱり紋別は最高。

こちらはホタテのたたき。薬味とポン酢ジュレで食べるのが美味しい逸品です。刺身も良いけどもこっちも好き。

ロースジンギスカン。お肉が柔らかくていくらでも食べられちゃいます。味付けはそこまで濃いわけではないので、単体でも美味しくいただけます。

ホタテのタタキをお代わり。こうしてホタテとジンギスカンを無限往復してお腹いっぱいになるというルーティンを1年前と同じようにしてしまった。

最後にデザートとしておこっぺヨーグルトを食べてきました。ジャムなどを入れなくても美味しく食べられる濃厚なヨーグルトです。ごちそうさまでした。

何度でも来たくなる紋別セントラルホテル

客室からの紋別市内の景色

私がホタテが好きということもあってオホーツク側は良く来るのですが、その時には少し遠くても紋別まで来ることが多いです。理由としてはやはりホタテが朝食バイキングで食べ放題というのが大きい(網走のドーミーインとかでもあるけど、やっぱり紋別のが美味しい)。

そんな紋別の宿の中でも、紋別セントラルホテルは朝食が美味しくて何度も泊りたくなるホテルです。次は流氷シーズンに来れたら良いな。お世話になりました。

名寄本線の廃線跡を巡って名寄駅へ

今日の大きな目的は、名寄本線の廃線跡を巡っていくこと。紋別までなら今後も良く来るとは思うんですが、紋別~興部~名寄というのは早々来ないので完遂したい!と思って計画を立てました。

駅跡がスーパーになっている「紋別駅」

まずは紋別駅。当時の駅舎は既に無くなっていますが、跡地に建てられた氷紋の駅という商業施設に紋別駅の駅名標などを再現したモニュメントが設置されています。

なんか銀色の道という音楽を聴けるマシーンがあるんですが、有料だし壊れてるし……。

駐車場になっている「潮見町駅」

紋別の次の駅、潮見町駅にやってきました。当時はこの辺りを左から右へと線路が走っていたようですが、痕跡らしきものは見あたりません。

営業当時は近隣の商店できっぷの販売を行っていたようですが、この商店らしき建物もそうだったのかな。それにしてはちょっと新しすぎる気もするけども。

渚滑線との分岐駅だった「渚滑駅」

渚滑駅跡。渚滑駅は名寄本線と渚滑線の分岐駅だった場所でした。今ではふれあいセンターが建っています。

ふれあいセンターの横には「渚滑」という名前のバス停があり、当時の面影を残しています。

裏手には9600型蒸気機関車の展示も行われていました。どうせ車体の展示をするならば、駅の跡だったという展示もしてくれたらいいのに……。

渚滑駅と富丘駅の間にあった橋梁

駅跡ではないのですが、オホーツク街道の途中のオムシャリ沼に掛かる橋脚が残されています。

線路は剥がされてしまっているものの、枕木などはそのまま残されていました。国道からもすぐ見える場所にあるので、ナニコレ!?と止まった人も多いかもしれません。

駅へと上る階段が残る「富丘駅」

特に上に何かがあるわけでもないのにトンネルになっている場所。ここが富丘駅跡です。

上に上る階段が残されており、特に封鎖などもされていないので上ってみました。

結構立派な石の階段。雪が多いこともあり、階段が埋もれないようにスノーシェルターが設置されています。

上に上がると広場が広がっています。そして線路跡と思しき直線が残っていました。

反対側にも線路跡が続いています。左手の階段の場所から考えると、階段を上って左の広場辺りがホームだったんじゃないでしょうか。こういう想像を働かせるのも廃線探索の楽しみの一つ。

駅跡にはソフトバンクの衛星を使った基地局「IPStar」が設置。周囲は他キャリアが圏外になるような場所ということで、衛星を使ったエリア構築を実施しているようです。でも絶対に「良いところに階段があるからここに設置しよう」ということになったような気がする……。

ちなみに通信速度は下り70Mbpsで上り3Mbps程度。速度だけを見れば早いのですが、PINGの値が700msと遅いため、何かしようとしても「遅いなぁ」と感じてしまいます。

富丘駅から帰ろうと階段を降りたのですが、海風に晒されることもあって想像以上に腐食が続いているように感じました。いつか崩落してしまうんじゃないかと心配です。

跡地は公園として整備されている「沙留駅」

沙留(さるる)の集落にあった駅です。今は駅跡が公園として整備されていて、当時の痕跡を思い知ることができなくなっています。

公園のようになっているけども人は居ない……。

駅の場所としてはこの写真のカーブの辺りにあったらしい。有ったと知っていてもどこにあるのかわかりません。

全て畑になっていて痕跡がわからない「豊野駅」

豊野駅跡へ続く道。国道から少し入った場所ですが、そもそもなぜこんな場所にという所に駅がありました。

駅があったのはこの辺りだったようですが、今となっては痕跡を見ることはできません。

豊野駅と旭ヶ丘駅の間にある、枕木や橋が残る藻興部川橋梁

またも橋梁の跡です。豊野駅と旭ヶ丘駅の間にある藻興部駅に掛かる「藻興部川橋梁」が現存しています。

橋には銘板も残されていて、昭和56年に作られた橋であることがわかります。それからわずか8年後には廃止されてしまったんですね。

橋は枕木が残されている他、通路が別途設置されていて何かに使っていそうな雰囲気。対岸に渡って何か作業などを行っていたのでしょうか。

積まれた枕木が残る「旭ヶ丘駅」

旭ヶ丘駅跡。目の前というわけではなく、木々の先あたりに存在していたようです。っと奥に積まれているのはなんでしょうか。