誰得?な機器だったauの「無線LAN STICK(KTD31)」が端末制限がなくなり、気軽な自宅用インターネット機器に便利かもしれない

MNO/MVNOau,KDDI,KTD31,無線LAN STICK

発売直後に詳細を見て、だれが使うのこれと思った「無線LAN STICK」。というのもauの指定する機器しか使えないような代物だったんですよね。

それが端末制限が撤廃されるということで、自宅に設置するインターネットとして、便利に使えるかもしれないって話です。

USB電源があればWi-Fi環境が構築できるドングル

無線LAN STICK KTD31 – データ通信端末(IoT専用端末) - au

そもそもこの機器は何なのかというと、簡単に言えばバッテリーレスのモバイルルーターです。USBのACアダプターに接続すれば、auの携帯回線に接続できるWi-Fi環境を簡単に構築できます。

最近多くなってきたホームルーターの小型版というような形で、Wi-Fiは2.4GHzのみで、通信速度も下り150Mbps/上り50Mbpsと、今時としては低速となっていますが、実際ライト利用では十分なスペックだと思います。

料金は端末代6,480円と月額費用550円とリーズナブル

無線LAN STICKプラン ds - au

端末が低スペックな分、価格は安価で6,480円となっています。そして月額料金は「無線LAN STICKプラン ds」という専用プランで550円となっています。

なおこの商品は「スマホ+α」という製品で、スマホの通信量と共用する形となっています。(データMAXの場合はテザリング枠と共通で30GBまで)そのため、単体で利用することはできません。

auが指定する端末でしか使えない意味不明な仕様だった

ここまで書くと結構便利に使える端末なのでは?と思うかもしれませんが、この端末には大きな欠点というか、全てを台無しにする制限がありました。それが以下のauの指定端末しか使えないという制限です。

  • Amazonデバイス
  • au HOME デバイス
  • TCL TAB 10s

この条件を見て、何この誰得デバイスと思っていたのですが、多分思っていたのは私だけではないようで、今回の制限撤廃になったのだと思います。

なお制限撤廃のアップデートは1月中旬ということですが、プランの半額割引終了が1月19日ということなので、その辺りに行われるような気がします。

ライト利用な自宅インターネット構築に便利そう

家に帰ってテザリングするのも良いのですが、手間だったり自宅に帰らないと使えないというデメリットも多いです。とはいえ固定回線などを引くほどでもないという需要もあると思います。

そう考えるとau契約者限定とはいえ、自宅に+αでインターネット回線を設置できる便利なアイテムになりそうです。

なお3年間半額で使えるキャンペーンの受付終了は1月19日。気になる人は早めに契約したほうがお得になるのでお早めに。