PayPayに登録した番号は使い続ける、しないに関わらず解約できないという話→出来るようになりました。

PayPayに登録した番号は使い続ける、しないに関わらず解約できないという話→出来るようになりました。

やっと電話番号変更できるようになりました

3月4日の更新で、やっっっっっっと電話番号の変更が出来るようになりました。遅すぎです。

新機能
みなさまからご要望の多かった携帯電話番号の変更ができるようになりました。
・携帯電話番号の変更ができるようになりました。
・メールアドレスの登録解除や変更ができるようになりました。

以下は過去の内容です。

良くも悪くも大きな話題になっているPayPayですが、そもそも根本的な問題が存在します。それは登録する電話番号の話。

現状では、PayPayに一度登録した番号はリスク的に解約できなくなってしまうかもしれません。

メインの番号とかであればあまり解約しないかもしれませんが、MVNOのSMSプランとかだと結構短期間に解約する可能性があると思うので要注意。

サービスの解約も番号変更もできない

まずPayPayは「サービスの解約」ということができません。また、番号の変更もできません。

現在は、携帯電話番号の変更や、PayPayに登録したアカウントを削除することができません。

携帯電話番号の変更やPayPayアプリを削除する前に

そのため、番号の変更を行っても残高の移行などは不可能です。

別の番号で登録したら規約違反に

それでは、残高も無くしたしこの電話番号のアカウントは不要だとなって、新しい番号で別のアカウントを作成したらどうなるか。

PayPayは同一人物による複数アカウントの所持を認めていないため、規約違反となってしまう可能性があります。

規約違反になったことにより、アカウントの利用停止などの処置が下される可能性もゼロではありません。

同じアカウントにログインは出来るが・・・

番号が無くなってしまっても、アカウントにログインは出来るので、PayPayとして使用はできます。

しかし、今後セキュリティ対策などでログイン時にSMS認証が必須などになった場合はログインができなくなる可能性もあります。

他人にアカウントを使われる可能性も

電話番号というのは解約後一定期間後に再利用され、他人に割り当てられます。これ自体は問題ないかと思いますが、このPayPayの仕様では一度登録した番号では再登録が出来ません。

それならまだしも、ログインパスワードが不明な場合でも登録した番号で再設定が出来てしまうため、元々自分の使用していたアカウントを他人に使われる可能性もあります。

もし悪意のある人間が手に入れ、クレジットカード情報を削除しないでいた場合、不正利用されてしまう可能性もあります。

そうでなくても、他人に履歴などを見られるのは好ましいものではないと思います。

登録する番号は慎重に選びましょう

先まで解説していましたが、PayPayを使い続ける場合でも、使わない場合でも登録した番号の解約をしてしまうのはさまざまなリスクを抱えてしまうことになります。

そのため、登録する番号はメインの番号など、解約予定が無いものにすることをおススメします。

PayPayなんて使わない!でも今後は・・・

そもそもPayPayなんて使わないし、今後登録する予定も無いという人も居ると思います。

しかし、4月以降Yahoo!の期間限定ポイントがPayPayになるため、必然的にYahoo!ショッピングやヤフオクなどを使用する人は登録せざるを得ない状況になると思います。

アカウントの完全削除、電話番号変更可能機能などのPayPay側の早急な対応をお願いしたいところです。

キャッシュレスカテゴリの最新記事