PayPayのボーナス運用が一部有料化。100円以上の預け入れに1%の手数料が発生

キャッシュレスPayPay,PayPayボーナス,ボーナス運用

PayPayの支払いで還元されるPayPayボーナスを使って投資ができるPayPayボーナスですが、翌年3月24日から一部有料化となるようです。投資なので前後することもあるのはわかりますが、初っ端から手数料取られてしまうのはなんかモヤッとしますね。

ボーナスを「追加」する際に1%のスプレッドが発生

「ボーナス運用」の一部有料化について - PayPay

今回のリリースを見ると、2022年3月24日以降、100円以上のボーナスを運用に追加する際に1%の手数料(スプレッド)を差し引いた額が運用に追加されるようになるとのこと。

今までと手数料発生後の入金額

現行2022年3月24日以降
99円99円99円
100円100円99円
1,000円1,000円990円
10,000円10,000円9,900円

現行の制度では、100円を運用に追加すれば100円追加されましたが、今後は1%=1円が差し引かれて99円が追加されるようになります。1%というと大した額で無い気もしますが、1万円追加すると100円と結構大きな額にもなってきます。

100円未満の追加は手数料なし

今回の改定は「100円以上」という条件があり、逆に言うと99円以下の追加の場合は手数料無しで今まで通り等価で追加が可能です。100円未満は一律1円引き去りとならなかったのは良いかなと思います。

自動追加で放置という運用方式を見直さないとならないかも

今はボーナス運用に自動的に追加するように設定していて、勝手にボーナス運用に積みあがるようにしていますが、今後はちょっと見直さないとならないかなと思います。

付与されてすぐに使用しようとした場合、勝手に1%引き去られるのも気分良くないですからね。