GoToトラベルを使った合宿免許の通称「GoTo免許」は終了へ。観光庁が11月1日以降の適用を除外する方針

トラベルニュースGoToトラベル,合宿免許

GoToトラベルと合宿免許を組み合わせたいわゆるGoTo免許ですが、観光庁から除外になると発表がありました。

なお、既に受け付けているものは対象のままとなるので、申し込みした人が追加で支払いを求められるような事はないようです。

合宿免許×GoToトラベル=GoToトラベル

このGoTo免許ってなんだったのかというと、免許取得費用(宿泊費+教習費用)を宿泊日数で割って、1日あたり上限14,000円割引のGoToトラベルと組み合わせたもの。

それにより破格で合宿免許が取れると申し込みが殺到していたようです。

11月1日以降の申し込みがGoTo対象外に

今までは観光庁も把握しつつも特に何も言っていなかった状況でしたが、10月23日にQ&Aが更新されて中に記載が入っていました。

簡単に言えば、「目的が免許取得で観光需要を高めるという趣旨にあってないよねこれ」ということ。

なお、既に申し込みされたものは対象のままとなり、11月1日以降が対象外ということで10月中に駆け込めれば対象にはなるようです。

宿泊費としてはGoToトラベル対象のまま

今回問題視されたのは、「教習費用までGoToトラベルとして割引にしたこと」となっています。

そのため、合宿免許の宿泊分のみであれば通常のホテルなどと同じくGoToトラベルの対象となります。

すぐに対象外にならなかっただけ良かった事案

このGoTo免許ですが、当初から賛否あったものでした。しかし開始すぐに対象外とならなかっただけ免許取得したい人には良かったのかなと思います。

一応10月中は対象なので、駆け込めればですが受付してるところあるんでしょうか。