楽天カードで公共料金支払い分のポイント付与が変更に。1%から0.2%へと大きく改悪

クレジットカード公共料金,改悪,楽天カード,楽天ポイント

どこでも1%還元というのが売りの楽天カードですが、公共料金のポイント還元率が大きく下がるようです。結構公共料金の支払いでキャンペーン行うような印象は有りますが、あんまり儲かるものではないようですね。

公共料金の支払いに対してのポイントが0.2%還元に

公共料金等の楽天カード利用獲得ポイントに関するご案内 | 楽天カード

2021年6月1日利用分から、ポイント還元が従来の100円で1ポイント(1%)から500円で1ポイント(0.2%)に変更となります。対象となる利用分は以下の通り。

  • 公共料金(電気、ガス、水道)
  • 税金(国税、都道府県税など)
  • 国民年金保険料
  • Yahoo!公金支払い

対象として携帯電話料金は含まれていないため、携帯電話料金の請求は変わらず1%還元となりますが、他の固定費の支払いの還元が1/5となってしまうのは結構痛い改悪かなと思います。

還元目的なら早めに他のカードへ変更を

現状楽天カード以外は同様の話は出ていないので、還元率を求めるのであれば早めに他のカードに変更しておくと良いと思います。しかし電子マネーへのチャージの次は公共料金の支払いへ還元改悪が続かなければよいのですが……