iPhoneでのRakuten Linkの仕様が変更に。音声着信は標準アプリに、SMS送信は有料へ。折り返し発信で予期せぬ通話料発生の懸念も

MNO/MVNOiPhone,Rakuten Link,UNLIMIT VI,楽天モバイル

郷に入れば郷に従えということなのでしょうか。楽天モバイルがiPhoneを正式発売しましたが、iPhoneでは通話関連が使いにくくなります。

iPhoneユーザーは、誤発信による予期せぬ通話料発生に気を付けないとならなくなりそうです。

6月15日以降はRakuten Linkではなく標準アプリにて着信になり、折り返しで料金発生の可能性

【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ | 楽天モバイル

変更内容としては、今までは音声着信に関しては「Rakuten Link」で着信していたものか、iOSの標準アプリで着信するようになるというもの。

日本国内での着信には通話料は発生しないため、この変更にて費用が別途発生することはありませんが、注意しなくてはならないのは折り返しです。

今まではそのまま折り返しすればRakuten Linkから発信されたために通話料は無料となっていたのですが、iOS標準アプリで着信したものをそのまま発信すると通常の音声発信となってしまい、通常の通話料金である「30秒で21円」という料金が発生します。

Androidでは、標準の電話アプリからの発信を検知してRakuten Linkに飛ばす「Rakuten Linkサポーター」という超便利なアプリがありますが、iPhoneには無いので意識して「そのまま折り返さない」を徹底する必要があります。

いや間違いなく意図せずそのまま発信する事件が多発しそうですね。

Wi-Fiでの着信が不可に

Rakuten Linkって実質IP電話なので、楽天モバイルが圏外でもインターネットに繋がったWi-Fiなどがあれば通話可能なのですが、標準の通話アプリでは出来ません。

そのため圏外だけどWi-Fi環境があるような場所では、発信できるのに着信が不可という事態になります。

海外での着信が有料に

iOS標準の通話アプリで着信することによってもうひとつ変わるのが、海外での着信です。日本国内では基本的に通話料は着信側は無料となりますが、海外では着信にも費用が発生してきます。

今は海外旅行ってのも無いですが、今後行けるようになった時には海外では着信しても無視した上で、Rakuten Linkで掛け直すという手間が必要となります。

また海外でも日本国内扱いとして使えるので、eSIMで使っている人も居ると思いますが、日常的に使うのであればiPhoneを止めることも検討する必要があるかもしれません。

SMSもiOS標準となり、送信が有料に

音声着信の他にもSMSもiOS標準となってしまい通常の料金が発生してくることになります。正直あまりSMSは使わないといえば使いませんが、気にしておく必要はありそうです。

回線交換で通話定額にして欲しい

良くも悪くもRakuten Linkというアプリを中継しての通話やSMSが無料という楽天モバイルですが、それによってiPhoneでの利用に不都合が出るという状況となりました。

コストの問題で実質IP電話のRakuten Link経由のみなのだとは予測できますが、「折り返しで予期せず高額請求」というのは評判を下げるだけなので、回線交換で通話定額になれば良いなと思います。