ワクチン接種証明書アプリが公開されたので早速登録してみた

アプリCOVID-19,ワクチン,接種証明書

今まで接種証明書を持ち運んでいましたが、やっと政府のワクチン接種証明書アプリが出たので登録してみました。これで紙を持ち運ばなくても良くなれば良いのですが……。

登録はマイナンバーカードがあれば簡単に出来るので、持っている人なら容易に登録可能だと思います。

マイナンバーカードで簡単に登録可能

新型コロナワクチン接種証明書アプリ ― デジタル庁

ワクチン接種証明書アプリは色々自治体でも企業と提携して出ていますが、今回のは政府のデジタル庁から出ている証明書アプリです。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ ― App Store

新型コロナワクチン接種証明書アプリ ― Play Store

12月20日から公開されたので、早速ダウンロードして登録してみました。

アプリを起動すると説明と注意事項が何ページか書かれています。次へ進んでいって発行に進みます。

なお、以下の項目に当たる人は発行が出来ないらしいので注意しましょう。

  • マイナンバーカードに旧姓表記がある方
  • パスポートに旧姓・別姓・別名併記がある方
  • パスポートとマイナンバーカードの氏名表記が異なる方

私は特に該当しなかったので、登録してきます。

接種証明書は「日本国内用」と「海外用」を選ぶことが出来ます。私はパスポートを持っていないので日本国内用を選んで発行を進めました。

発行を進めると、暗証番号を入力します。以前マイナポイントでも使った4桁の暗証番号となり、3回間違えるとロックされてしまうので注意しましょう。

暗証番号を入力したらスマートフォンの背面にマイナンバーカードをかざします。

マイナンバーカードの読み取りが成功すると、マイナンバーカードに登録されている情報が表示されます。内容に間違いが無ければ次に進み、自治体の接種記録から検索を行います。

接種記録が見つかると接種日や接種したワクチンの種類などが表示されます。内容を確認して問題内容なら「発行する」をタップして発行します。

発行完了すると、回数や2回目の接種日、種類などが見られるようになります。二次元バーコードを開くと、大きなQRコードが表示されます。今後色々使えるようになるのでしょうか。

マイナンバーカードを持ってるなら発行を

接種証明書の発行にはマイナンバーカードが必要となりますが、持っているならば簡単に発行できます。紙の証明書は失くしたり忘れてしまう可能性があるので、持っている人は発行しておくとよいと思います。

しかし徐々にマイナンバーカードの活用方法が増えてきて嬉しい限りです。あとは免許証を統合して欲しい……。