意図せず高額なドリンクを購入してしまわないように、Coke ON Pass解約後はクレジットカード情報を削除をオススメ

アプリCoke ON,Coke ON Pass,Coke ON Pay

先月までのCokeON Pass半額キャンペーンも終わってさっさと解約した人も多いと思いますが、クレジットカード登録そのままにしてませんか?

CokeON Payの挙動的に誤って定価の高額なドリンクを購入してしまう危険性があるので、用がないなら削除しておきましょう。

クレジットカードを登録していると接続後にCokeON Payの画面に推移する

CokeONは普段は使うことはないのですが、ドリンクチケットが貯まっているときは使うことがあります。しかしクレジットカード(デビット、プリペイド含む)を登録していると、意図しない購入が発生する危険性があります。

上図は自動販売機に接続したときの画面なのですが、左はCokeON Payに○○ペイ系もしくは未登録の場合、右はクレジットカードなどのカードを登録した際の画面です。

クレジットカードなどを登録した場合、ドリンクチケットが残っていたとしても選択画面ではなく自動的にCokeON Payの画面に推移するようです。

良く確認しろという話なのですが、急いでいたりするとこの状態で誤って160円とかの高額なドリンクを買ってしまうようなことが起きてしまう危険性があります(私もやらかしました)

使わないならカード情報の削除を推奨

確認しろと言っても、うっかりということはあると思います。無料で引き換えようとして高額なドリンクを買ってしまうのはショックなので、カード情報の削除しておきましょう。

カード情報の削除は左上のメニューから「Coke ON Pay お支払い設定」から行えます。消しておけば誤購入のリスクは無くなります。

そもそもドリンクチケットあるなら選択画面を出してくれと思うんですが、Coke ON Passを解約して放置してる人は泣く前にカード情報を削除しておきましょうね。