どこかにマイルとはこだて割で函館へ。レンタカーで巡る道南旅行:1日目

2022年の旅行記
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。なお本記載は景品表示法改正に伴うASPからの要請に基づく表記であり、依頼された記事などは別途記載を実施しています。

「函館行きたいなぁ」と思って、どこかにマイルを回したら見事に函館が当選。ちょうど宿泊割引キャンペーンのはこだて割も実施していたので、併用して道南旅行に行ってくることに。

函館自体は何度も行ったことありますが、レンタカーで巡るのは初めて。色々巡れればいいなと思います。

早朝の羽田空港へ

毎回恒例ですが、羽田空港発の場合は基本的に7時台の飛行機なので朝早く起きて向かいます。正直もう少し遅くても良いのですが、遅延とかで乗り遅れとなったら困るので可能な限りは早く向かうようにしています。

押上から泉岳寺まで:都営浅草線

毎度お馴染みの押上駅。ここから羽田空港に向かっていきます。特に時刻検索をしなくてもと思ってましたが、そういえばダイヤ改正してたんですよね。

しかし毎度お馴染みの5時51分発の列車は変わらず。泉岳寺での乗り換えも始発があるようなので特に変わりはなさそうです。

  • 586K
  • 押上→泉岳寺:都営浅草線
  • 普通
  • 京成高砂→西馬込
  • 押上→泉岳寺
  • 5時51分→6時15分

平日の朝ですが、早朝なのでまださすがに混雑は少なめ。毎日の通勤もこれくらいの混雑率なら快適なのになぁ……。

この運用は毎回変わらず京成車両。最近撮影するときに事前にピントを合わせておいて来たときにシャッターを切る方式に変えてみています。早いとピント間に合わないんですよね。

泉岳寺から羽田空港まで:京急本線、空港線

泉岳寺では対面乗り換えで羽田空港行きが待機中。この乗り換えは一応「1分」となってますが、西馬込行きのドアが空いた瞬間から羽田空港行きは発車ブザーが鳴り響きます。とはいえ乗り遅れたことはないのですが……。

車両は京急1000型の何代目でしょうか。車端部にボックスシートとコンセントがあるので比較的新しい車両なのは確かなのですが、世代で言われても覚えれないから1010型、1020型みたいにして欲しかったり。

冬場とかはまだ真っ暗だったりしますが、段々日が早くなってきて既に明るくなっていました。品川周辺はいつも再開発しているような印象があります。

羽田空港のサクララウンジで休憩

羽田空港に来るとモビリティがありましたが、まだ時間外で乗れず。これ結構楽しいのですが遅いのと回りの目が気になります。

羽田空港ではパワーラウンジとサクララウンジで悩みましたが、どうせ7月までに乗る予定も無いしと枠が余っているサクララウンジにすることに。せっかくESTにお金払ってるし使えるものは使いましょうかね。

サクララウンジの入り口すぐには試供品の低アルコールのビールテイストのドリンクが配布されていました。

正直サクララウンジってビールとかお酒好きな人はタダで飲み放題なので良いと思うんですが、飲めない人にとってはカードラウンジと対して代わり映えしない……。

とはいえ、カードラウンジは制限エリア外、サクララウンジは制限エリア内というような空港では直前までのんびりできる優位性はありますね。今回はトマトジュースとおせんべいを取って一休憩です。

羽田空港はちょっとどんよりしていますが、函館は夜まではまあまあな天気なようです。しかしITS健保のパックでJAL無くなって乗る機会が減りそうだよなぁ……。

特典なら乗ると思うのですが、そうなるとじゃあJALカードを維持する必要性がどこまであるのかって謎に思えてきますね。セゾン雨金のマイルオプションでも良いかなとか。

羽田空港から函館空港まで:JAL585便

それでは搭乗時間。やっぱりLCCと違って時間がのんびりできるのは利点です。LCCだと30分くらい前には目の前に居ないとなという感じなのに対して、JALとかなら10分前に着けば良いですからね。

今回完全に座席指定を忘れて来たのですが、勝手に割り振られたのは15Hという座席。通常だと上位ステータス会員のみ予約可能な席ですが、直前になると全員に解放される席です。(エメラルド以上らしい。)

何が違うのかというと、足元が広々なんですよね。普通席ですが他の席に比べてかなりの余裕がある席なので、のんびり足を伸ばすことが可能です。なおテーブルは肘掛けに収納されているので安心してください。

函館空港近くのアップルレンタカーでハイブリッドワゴンRをレンタル

今回のレンタカーは、ガソリン代高騰を考慮してハイブリッドにしてみました。ワゴンRハイブリッドという車種ですが、加速とかがショボそうなのがきになるところです。

借りたのは函館空港近くのアップルレンタカーというレンタカー屋さん。アップルって中古車のアップルなんでしょうね。単純に価格の安さで選びました。

元々は9時過ぎに到着するのに11時から予約しており、理由は単純に料金が増えるからだったのですが、9時過ぎに行っても値段同じだからさっさと送迎車で来てくださいと前日連絡があったので早々に行くことにしましょう。

函館空港ビジネスラウンジでドリンク

早々になのですが、ドリンクは飲みたいということでラウンジにやってきました。函館空港のカードラウンジです。

エポスカードも使える使いやすいラウンジです。ということで今回はエポスカードで入場。

ここのラウンジはソフトドリンクの種類が豊富で、スープバーも備え付けられていました。帰りはのんびりできそうです。

あんまり時間もないので気になった梅スカッシュをさっと飲んで退場。散策は帰りの時にすることにしましょう。

歩いてアップルレンタカーの営業所へ

歩いて10分ほどでアップルレンタカーの店舗に到着。今回はワゴンRをレンタルします。

ワゴンRといっても色々ありますが、今回はスティングレーのハイブリッドと上位モデルとなっています。個人的に思うのが大手のレンタカー屋よりこういう中小のがグレードが良い気がするんですよね。

JR松前線の廃線跡を巡る

とりあえず江差に行こうとしたのですが、江差線の他にも松前線という廃線跡があることを知って巡っていくことに。松前線は木古内から松前へと進む路線でしたが、江差線よりも先の1988年に廃止されています。

痕跡も少ない森越駅

まず最初にやってきたのは木古内駅の隣にあった森越駅。駅跡への道をみると「停車場線」という雰囲気を感じられます。

駅の跡地は原っぱとなっており、看板がないと駅があったともわからない状況でした。江差線と異なり廃止からかなり時が経っているので仕方ないですね。

とはいえ後から設置されたであろう駅名標が、ここに駅があったことを記しています。

先に進むと怪しげな道。もしかしたら廃線跡なのかもしれません。

駅舎がバスの営業所として残る渡島知内駅跡

隣駅の渡島知内駅跡にやってきました。ここは函館バスの営業所が現在設置されており、先程みたいな「何もない」感じではありません。

そして駅舎の跡がバスの営業所として利用されています。しかし待合室に入ってみましたが、駅の名残などは無く残念。(案内看板に江差線が残っていたけど)

駅を少し行った先にある「新重内川」の橋に気になる建造物を発見。

どう見ても松前線の廃線跡の橋のようですね。橋脚だけっていうのはよく見ますが、橋が残っているのは珍しいように思えます。

残念ながら線路は既に無いようですが、遺されたものが初めて見られて良かったかも。こういうのを巡るのも廃線巡りの醍醐味ですね。

こういう遺構を見ると、どういう形で線路があったとか想像したくなってしまいます。

看板がないとわからない重内駅跡

続いてやってきたのは重内駅跡。ここは完全に原っぱになっていて、言われないとわかりません。看板があって初めて「駅跡」と理解できるような場所です。

駅跡の前には線路のあったであろう道が。当時の映像とか後で探してみようかなと思います。

道の駅知内で新幹線展望台を見てきた

次の廃線跡に向かう途中にある「道の駅しりうち」には、新幹線の展望台があります。狙ったわけでもないのだけどちょうど2分後に来るということで展望台に行ってみました。

ちょっと曇っていたのが残念でしたが、良い感じに新幹線を見ることができて満足。タイミング良かったですね。後から知ったのですが、ここは以前津軽海峡線の知内駅だったらしい。

続けて横にあるあすなろパン工房へ。ここでパンとソフトクリームを買ってきましょう。

ソフトクリームはこちら。北海道らしい濃厚な美味しいソフトクリームです。やっぱり北海道に来たらソフトクリーム食べないとね。

そしてお値段は驚きの150円。150円で良いんですか……?

そして同時に購入した知内名産のニラを使ったカレーパンとピロシキ。どちらも100円です。

どちらも100円とは思えないクオリティで満足。ごちそうさまでした。

道の駅の少し先に青函トンネルを撮影ポイントがあります。思ったよりポツンとしていました。

正面に青函トンネルの入口?出口が見えますが、さすがに20mmでは遠すぎてよく見えませんね。300mmとかだと迫力ある写真が撮れそうなスポットです。

何となく雰囲気が残る湯ノ里駅

続けて湯ノ里駅にやってきました。ここもまた正面に直線の道があり、駅の跡って感じがよくわかる場所です。

知内町内の廃駅跡は立派な駅名標跡が残っているので場所がわかりやすいですね。奥に見える道路が廃線跡となっています。

となると手前の広場は駅舎跡でしょうかね?想像が膨らみます。

線路跡は今では車の通れる道となっています。廃線跡は藪になっていたり道路になっていたりとバラバラですね。

「何もない」けど遺構の残る千軒駅跡

どんどん次の駅に向かっていきましょう。千軒駅ということですが、今までの駅と違って小さな札がポツンと立っていました。とはいえ札が立っているだけでもありがたいです。

現役時代は交換可能な駅だったようで、比較的線路の跡らしき場所が広くなっています。ちょうど先の森の右端あたりからこちらにやってきているのが線路跡です。でもなんか途中にありますね。行ってみましょう。

これは……?現役時代の何かの遺構でしょうか……?

完全に錆び付いていますが、崩れ落ちそうな雰囲気はありません。登ろうと思えば登れそうですが、落ちたりしたりしたら怖いので見るだけにしておきましょう。

あとそこら辺に落ちていた木ですが、これ枕木でしょうか……?何もないように見えましたが、案外色々収穫のある駅跡でしたね。

右手が線路跡で森の方へと伸びています。廃線ウォークみたいな事もしてみたいですが、それだと数日レベルで時間がないと厳しそうですね。

町役場になっている渡島福島駅跡

続いてやってきたのは町役場です。この町役場の裏手が渡島福島駅跡となっています。

町役場の看板の横に駅跡の札が立っていました。しかし歴史とかも何も書いてないのも不親切だなという感じも……。

裏手の駐車場が駅構内だったようですが……。町役場なのに何も残ってないんで