欲しい画角ドンピシャ……!タムロンから20-40mm F/2.8のレンズ「A062」が2022年10月27日に発売予定、希望小売価格は118,800円に

ガジェット

最近のタムロンはそうそうこれこれというレンズを出してくれる印象ですが、今回もまた欲しいと思えるレンズが発売予定として発表されていました。

今回出たのは20-40mmという焦点距離のレンズ。20mm単体ではちょっと困ることもあったので、期待したいレンズです。

20mm単体から100g増えて40mmまでの焦点距離

開発発表 プレスリリース | タムロン 20-40mm F/2.8 Di III VXD (Model A062) |ソニー Eマウント | 大口径標準ズームレンズ – TAMRON

今回発表されたのはソニーEマウント向けの広角ズームレンズ「20-40mm F/2.8」というレンズ。

今まで単焦点で発売してきた「20mm F/2.8 (F050)」「24mm F/2.8 (F051)」「35mm F/2.8 (F053)」という小型軽量レンズをまとめて1本のズームレンズに仕上げたという雰囲気のレンズに仕上がっています。

価格は未定なものの、「17-28mm F/2.8 (A046)」が10万前後なことを想定すると、同等かちょっと安価……位に収まるのではないかなと期待しています。

20mmだけだと不満なことも出てきていた現状

今は旅行や普段持ちに「20mm F/2.8 (F050)」を使っており、風景写真などで絶賛活躍中なのですが、どうしてもこのレンズで気になる点がありました。

  • やってくる乗り物を撮る場合に寄せるとピントが合いにくい
  • 広角過ぎて上に照明があるような場所で撮ると写真に影が入る
  • 動画をAF状態で撮るとピント合わせの音が入る

とはいえ最初に持っていた28-75mmは旅行には不向き(重い・長い・28mmは狭い)ということもあり我慢して使っていたところに登場したこのレンズ、求める理想にドンピシャな感じがして今から予算を組みだしています。

長さや重さのアップは許容範囲か

「理想のレンズ」なのはそうなのですが、どうしても単焦点と比べると長さや重さが増えてしまうのは仕方ないこと。その他の点も併せて現状公開されている情報を比較してみました。

20mm F/2.8 (F050)20-40mm F/2.8 (A062)
焦点距離20mm(固定)20-40mm
明るさF/2.8F/2.8
レンズ構成9群10枚11群12枚
最短撮影距離0.11m0.17m(20mm時)
最大撮影倍率1:21:3.8
フィルター径Φ67mmΦ67mm
長さ64mm86.5mm
重量220g365g
対応マウントソニーEマウントソニーEマウント

最短撮影距離が6mm伸びてしまっている他、長さは1.35倍、重さは1.5倍といったところですが、それでも持ち運びのサイズとしては十分小型軽量を保てているのではないかと思います。

10月27日に希望小売価格「118,800円」で発売予定

発売発表 プレスリリース | タムロン 20-40mm F/2.8 Di III VXD (Model A062) | ソニー Eマウント | 大口径標準ズームレンズ – TAMRON

待望の価格が発表されていました。10万以下なら良かったなと思ったら希望小売価格が118,800円と結構なお値段。これは厳しいと思ったのですが、予約をしているサイトを見ると実売価格は「87,120円」という値段となっていました。(ヨドバシなどは10%還元で96,800円になってる)

タムロン 20-40mm F/2.8 Di III VXD (Model A062) 製品情報 | Eマウント | 標準ズーム レンズ – TAMRON

既存の20mmが大体2万円程度で売れそうなので、実質7万円程度となりそうです。これは「買い」かな。想定通りの価格設定で良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました