鉄道4割引券やグリーン券がもらえる特典も!JR東日本が「JRE BANK」を5月から開始へ

その他
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。なお本記載は景品表示法改正に伴うASPからの要請に基づく表記であり、依頼された記事などは別途記載を実施しています。

JR東日本は楽天銀行と共同で、銀行サービス「JRE BANK」を2024年5月9日から開始すると発表しました。

JR東日本グループの銀行ということで、ビューアロッテでの手数料無料特典や、残高や利用状況に応じた鉄道割引券の特典付与など、独自サービスが目玉となっています。

楽天銀行の支店として「JRE BANK」がスタート

画像:JR東日本

JR東日本がスタートする「JRE BANK」は、楽天銀行を所属としてビューカードが代理店として販売する商品。内部的には、楽天銀行の「JREはやぶさ支店」「JREとき支店」「JREこまち支店」として開設されます。

なお通常、楽天銀行の口座は1人1つまでしか作れませんが、JRE BANKの口座は楽天銀行とは別に開設することが可能です。

楽天銀行にJREを被せたようなアプリが提供される見込み

JRE BANK用に専用のアプリも提供される見込みで、口座残高の確認や振込など、一般的な銀行アプリでできることが可能です。楽天銀行のアプリは比較的使いやすいとは思うので、JRE BANKアプリも使いやすくなるのではないでしょうか。

還元率がショボいデビッドカード

楽天銀行で発行しているデビッドカードと同じように、JRE BANKでもデビッドカードの発行が可能。しかし楽天銀行では1%と高還元率ですが、こちらは20歳未満は0.5%、20歳以上は0.2%と低還元率。キャンペーンでもなければ使う必要性は感じません。

鉄道4割引やグリーン券がもらえる特典

JRE BANKの特徴は、JR東日本の提供するサービスで使える特典が付与されること。それぞれ「口座残高が50万円以上」「ビューカードの利用」「給与振込」という条件がありますが、特典の割には難易度は高くありません。

なお残高判定は判定月の25日時点。なので、24日〜26日くらいだけ入れておけばよいので、それ以外の期間は金利の良い銀行にでも移しておきましょう。

えきねっと限定の鉄道4割引券

まずはえきねっと限定で使える鉄道(片道運賃・特急券)4割引券。条件としては、特定月の25日時点で、口座残高が50万円以上なことと、ビューカードの引き落としがあること、給与等の受取があること。さらに残高が300万円以上であれば、さらに追加枚数がもらえます。

物としては株主優待券と同等ですが、みどりの窓口では使えず「えきねっと限定」となることには注意が必要です。とはいえ、株の下落リスクや金券ショップで買う出費なく、これだけもらえるのは凄い。

なお16歳から24歳の人であれば、口座残高20万円以上で1枚もらえる特典が追加されます。

「どこかにビューーン!」2,000円割引券

続いてはJREポイントを使って「どこかに行ける」というサービス「どこかにビューーン!」の割引券。首都圏からだと6,000ポイント必要な所、2,000ポイント割引になるクーポンが進呈されます。

こちらは残高50万円のみとなり、年間の判定月は4回と多め。とはいえJREポイントを貯めないとならないので、それだけもらっても使い切れないような気がする。

モバイルSuicaでのグリーン券プレゼント

一番使い勝手が良さそうなのが、モバイルSuica限定のグリーン券進呈。これは口座残高のみの判定となり、年4回付与されます。通勤などで使ったり、旅行のときに使ったりするのも良さそうです。

さらにはJR東日本の各施設で色々な特典も受けられます。中でも気になるのは佐野までのバス無料券。なぜに佐野なのだ。

楽天銀行のJRE版のような特典「JRE BANKプラス」

楽天銀行のハッピープログラムのJRE版とも言える「JRE BANKプラス」も実施されます。なおランクに関係なくVREW ALTTEでの入出金は無制限で無料。首都圏のユーザーならば駅に行けば無料で下ろせるような感覚です。

金利が微妙だと判定日に入れるだけの銀行になりそう

JRE BANKの内容を見ると、とりあえず毎月25日にお金を入れておけば良いような雰囲気に思えます。毎日の残高を元に計算される「金利」とは違うし。とりあえず現状の特典は魅力的ではあるけども、さていつまで続くかな。

参考リンク

JRE BANKサービスを5月より開始します~JR東日本グループブランドの金融サービスで、心豊かな毎日を~(東日本旅客鉄道株式会社のプレスリリース)

JR東日本グループブランドのネットバンクサービス(JRE BANK)

コメント