Apple Pencilのペン先を保護するifeilのチップカバーを試してみた

2020年5月10日ガジェットApple,ApplePencil,iPad

先日Apple Pencilを購入したのですが、ペン先に付けるチップカバー(キャップ)をifeil様からレビュー用にご提供いただきましたのでレビューしたいと思います。

商品を提供してくださったifeil様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

開封

今回ご提供いただいたのは標準版と摩擦をより少なくしたlow friction版となります。

中に入っているのは4色のチップカバーと何故か画面を拭くシートが入っています。

実際に使って比べてみた

使用方法はApple Pencilのペン先にはめるような感じです。一度ペン先のキャップを外してから付けたほうが付けやすいと思います。

標準版はしっかり書ける感じ

標準版は書く時にも少し押すような感じで書く感じで、元々のペン先よりも滑りにくい印象です。逆にサラサラ感は無いため、ある意味書きづらさを感じるかもしれません。

low friction版はサラサラ書ける気持ちよい書き心地

次にlow friction版を試してみました。こちらは標準版とは異なりサラサラとした書き心地で、元のペン先とあまり遜色のない書き心地でした。

摩擦も少なくなっていて、紙などに書くよりも書きやすい反面、滑りやすいといえば滑りやすいです。

まとめ:用途により使い分けたい

今回2つの商品を試用してみましたが、どちらが良いというよりも用途により向き不向きがあると感じました。

Lightroomなどで作業を行う際には標準版の方が滑りにくいので数値などを合わせやすいと思う反面、文字を書いたり絵を書くにはlow friction版のほうが紙に近い感触のため書きやすく感じました。

また筆圧に関してはどちらのチップでも問題なく認識していましたが、標準版ではあまり弱いと滑らないため、筆圧を求める作業ではlow friction版をオススメ。

カチカチ音が無くなるのは大きなメリット

iPadで何も付けていないApple Pencilを使用すると画面に当たる度にカチカチという音がするのが気になっていました。

家などでは良くても、静かな場所では結構気になってしまう音ではあります。

その点、このチップを付ければ音がしなくなるので出先などで良く使う人にもオススメしたい商品です。