iVideoからSoftBank回線のeSIMが登場。早速試してみた

iVideoeSIM,iVideo,ソフトバンク

ふとiVideoのサイトを見るとeSIMが出ていたので試してみました。値段は高いものの気軽に試せるeSIMとなっています。

SoftBank回線のeSIMが使えるプラン

日本 eSIM | iVideo

新商品として出ていたのはこちらのeSIM。容量ごとに分かれており、1日500MB/1GB/2GB/無制限となっています。今回試したのは1日2GBまでのプラン。

プラン料金(税抜/税込)延長(税抜/税込)
500MB816円/897円128円/140円
1GB1,003円/1,103円198円/217円
2GB1,283円/1,411円280円/308円
無制限1,597円/1,756円396円/435円

金額に関してはわかりにくいのですが3日間の金額となっています。無制限は記事書いてたら消えてました。

料金体系としては短期間利用が前提で、月単位で利用するような金額にはなっていません。なお延長金額は1日辺りの金額。

eSIMなのでSIMなしで翌日から利用可能

今までのiVideoのプランはSIMやWi-Fiルーターが送付される形だったので、利用開始までに数日必要でしたが、eSIMプランは翌日から利用可能です。

しかしこれ、日本時間(GMT+9)なのか台湾時間(GMT+8)なのか良くわかりません。

利用手続きは通常のeSIM同様

今回は手元にPixel 4aが有ったのでそれで開通してみることに。何かとeSIM対応は便利ですね。

申し込むとiVideoからアクティベーション用のQRコードが送付されるので、それを使って有効化を行います。

また、QRコードの再発行はできないため、違う端末に入れてしまった場合は再購入となります。

今回はPixel 4aでの流れですが、Androidなら似た感じだと思います。ネットワークとインターネット→モバイルネットワークからeSIMの追加画面に。

今のSIMを取り外すか、eSIMを使うかを選べるので「代わりにSIMをダウンロード」を選択します。すると2枚のSIMを使うかの確認が出るので「はい」をタップして続けます。

続いてダウンロードを行うためのQRコードを読み込みます。ここで先ほど用意しておいたQRコードを読み込むのですが、端末内の画像データを読み込む機能が無いので、別端末やパソコンがないといけないのは不便ですね。

読み込むと出てくるのが「Billion Connect」という聞きなれない会社。調べると亿点连接というサイトがヒットして似たようなプランを展開していたので、ここの再販のようです。

有効化が完了するとデータSIMを選ぶ項目が出るので「BillionConnect」を選んで有効化します。

なおこのSIMは電話番号がIIJでは020~と表示されていましたが、されずに「不明」となっていました。

自動的にAPNの設定はされないようで、手動で設定を行います。設定自体はソフトバンクのplus.4gとなっています。

名前任意
APNplus.4g
ユーザー名plus
パスワード4g

上記のAPN設定を行えば接続可能です。アンテナピクト自体はSoftBank表記となっていました。

速度は早くも遅くもなく普通の速度

手元にiVideoで借りた601HW回線と、Y!mobileの回線があったので比較してみました。結果としては特に変わらないという結果に。

ダウンロードアップロード
iVideo eSIM54.8Mbps13.4Mbps
iVideo 601HW46.0Mbps11.6Mbps
Y!mobile56.1Mbps11.3Mbps

601HWはWi-Fi経由というボトルネックが有ったものの、速度としては大きく違いはありませんでした。良くある再販SIMと同じですね。

しかし2GBまでのはずなのに8GB使っても制限されないのは一体何故……。(しばらく経ったら128Kbps制限になりました。時間差があるようです。)

数日だけすぐに使いたいという場合には使えるeSIM

今回のeSIMプランは、長期利用は想定されておらず数日レベルの短期利用を想定されているSIMとなっています。

普段は数GBで賄えてるけど、旅行中だけは多く使いたいという場合などには使えそうですが、それ以外だとネタに使うくらいしか無さそうなSIMとなっています。

しかしソフトバンクの正式サービス前にソフトバンクのeSIMが試せるってだけで満足かな。(Apple向けには何か出してるけど

登録する際に、以下紹介アドレスを入れてくださるとうれしいです。

紹介者アドレス:kae.sakura.tsubuyaki+ivideo@gmail.com