天然温泉のスパも利用できるチケット付き!会津若松駅前の「駅前フジグランドホテル」に泊まってきた

宿泊記
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。なお本記載は景品表示法改正に伴うASPからの要請に基づく表記であり、依頼された記事などは別途記載を実施しています。

先日会津若松から早朝に出発する用事があったので、会津若松駅から一番近いという「駅前フジグランドホテル」に宿泊してきました。

徒歩数分の場所にある温泉施設に無料で入れるチケットがもらえるので、大きな温泉でゆったりできました。なお宿泊した際の旅行記は以下からどうぞ。

ようやく乗れる……!悲願の復旧を遂げた只見線に乗りに行く18きっぷ旅行:1日目
久しぶりに水郡線に乗って郡山へと行ってきます!

会津若松駅前にある「駅前フジグランドホテル」

今回の宿泊の目的の一つは駅からの近さ。翌日6時過ぎの列車に乗る関係で、あまり遠いと起きる時間がその分早くなってしまうので、近さも選んだ理由の一つです。信号のタイミングを合わせれば駅の敷地から10秒くらいで行けちゃうかもしれない距離感でした。

駅を出たら右を見れば目の前にホテルがあります。この近さなら迷うこともないと思います。館内には飲食店が入っていて、朝食会場になっているほか、普通に食事をとることもできます。

フロントはちょうど人が多かったのか混雑。でもずっとという感じでもないのですんなりチェックインできました。

部屋はダブルベッドがある一般的な洋室です。ベッドの寝心地は良さそうな柔らかさ。

奥の障子を開けると会津若松駅前が良く見えますが、隙間風が入ってきて寒いので閉めておいた方が良いです。

ベッドの近くには、後付け感が半端ないコンセントが。でもこういう所にコンセントがあると助かりますよね(でも寝床でずっとスマホいじってしまう問題……。)

テーブルにはLANケーブルとコンセントが一つ。多くのコンセントを使いたい場合は、タップなどを用意した方が良いと思います。

お茶も用意されていたのですが、こういうホテルにしては珍しくお菓子も準備。別の建物に温泉があるから温泉旅館チックってことなんですかね?美味しい。

冷蔵庫も用意されています。一般的なサイズなので大きなペットボトルなども問題なく入ると思います。

バス・トイレ。浴槽は深めだけども幅は狭いように見えますね。でもここは近くの温泉施設に行けるので使わないから良いかな。トイレはウォシュレット対応の一般的なものが設置されています。

フロントでは全国旅行支援の地域クーポン(休日なので1,000円分)と、近くにある温泉施設「富士の湯」に無料で入浴できるチケットがもらえます。

タオルなどは現地で貸してくれるようで、手ぶらで行って大丈夫。部屋からあれこれ持っていかなくていいのは嬉しいですね。

天然温泉が楽しめる「富士の湯」に行ってきた

このホテルに泊まった楽しみがこの天然温泉。レビューを見ても結構評判が良いので、早速行ってみることに。通常の入浴料金は450円なので、日帰りで行ってもリーズナブルな価格設定です。

富士の湯(ふじのゆ) | 日帰り 温泉 会津 若松駅より徒歩1分

ここは温泉だけではなくレストランやマッサージ、カラオケとかもあります。意外とカラオケが安くて1時間200円というのは穴場かもしれない。

画像:富士の湯公式サイトより
画像:富士の湯公式サイトより

大浴場は「木の湯」「石の湯」と分かれており、日替わりで男女が変わるようです。今日は男湯が木の湯の日でした。

営業時間は0時まで(最終入場は23時)と遅くまで営業しているので、遅い列車でやってきても間に合います。少しは歩くので、天気が悪いと行くのが面倒と思ってしまうかも。

入ると休憩所があります。湯上りにちょっと休憩していくにはちょうどいい場所ですね。

温泉は加水なし、源泉かけ流し、塩素消毒ありという内容でした。どうしても塩素消毒があると塩素の匂いが気になってしまうのが少し残念ではありますが、出てもしばらくポカポカ感が続いて良い気持ち。すぐ湯冷めしないのが温泉の良さですよね。

ちなみに天然温泉じゃない炭酸泉のジャグジーも有ったけども、そっちは塩素臭がきつくて早々に出てきてしまった……。

どうも気になっちゃうので、やっぱり塩素消毒の無い温泉に入りたい。

少し古さは感じるけども、天然温泉が嬉しいビジネスホテル

ホテル自体は少し古さを感じますが、ベッドの脇にコンセントが増築されていたりと不便さはあまり感じませんでした。

そしてやっぱり嬉しいのは大きなお風呂に入れること。ホテルの大浴場ではなく専用の温泉施設なので、ゆったりと温泉を楽しむことができます。

今回は時間が無かったので素泊まりでしたが、また会津若松に来た時には食事付きで泊まってみたいなと思える宿でした。

コメント