2食付きでこのお値段なのにこのボリューム!?夕食に魚介類がたくさん食べられる平戸の宿「網元の宿 銀鱗荘」に宿泊

宿泊記

なんとなく「平戸に行きたいな」と思い、なら平戸に泊まろうということで泊まったのが「網元の宿 銀鱗荘」という宿。

まあ2食付きでもそんなに高くないし、そんなに大きな食事も期待できないかなという考えを壊してくれる美味しい食事が食べられるお宿です。宿泊した際の旅行記は以下からどうぞ。

おさかなと温泉!長崎県の魅力を発掘するレンタカー旅:2日目
既にまた長崎にいつ来ようかなと考えている。

美味しい食事が楽しめる「網元の宿 銀鱗荘」へ宿泊

今日の宿泊先は平戸島にある「網元の宿 銀鱗荘」という民宿。今回の宿泊理由は食事が美味しそうだなぁということ。

電子クーポンの対応ができないということで全国旅行支援が適用できませんでしたが、大した差額でもないので気にせず宿泊。

田舎の実家のようなたたずまい

平戸市街地からはそんなに遠くないのですが、ちょっと高台にあるので静かな場所です。入口の雰囲気は何やら田舎の実家に来たような錯覚を覚えます(こんな実家は無いんだけど)

入ると「民宿」という雰囲気が漂う空間が広がります。そうそう、こういうのが良いんですよ。事前に到着時間などを連絡しておいたので、すぐに案内してもらえました。

館内はこんな雰囲気。暖房は効いていないのでちょっと寒い……。

お部屋は6畳の和室。テレビが用意されている他、エアコンは部屋に個別で付いています。

洗面所やトイレは共同となっています。気になる人は気になるとは思いますが、私は共同でも問題ありません。

冷蔵庫は廊下に設置されていました。でも冷蔵庫が共同なのは抵抗あるんだよな……。

また、受付の前にコーヒーがありました。1杯100円のようですね。

海産物が豊富な夕食

ここは素泊まり、朝食付き、2食付きというプランがありますが、今日は2食付きのプランにて予約しています。到着時間には既に準備ができていたようなので、早速食べに行きましょう。

ここ一泊二食付きで7,500円なのですが、価格の割に豪勢な夕食が並びます。魚介類が大好きな私にとっては天国のような夕食です。

素泊まり3,600円
朝食付き4,400円
2食付き7,500円
2023年1月時点での宿泊料金

ご飯は炊飯器に入っていました。おひつじゃないから全部食べなくても良いかな……?

お刺身はヒラスでしょうか、他にもアジやイカなど、長崎名産品が並びます。

天ぷらに焼き魚。焼き魚は柔らかくて美味しい。何の魚か聞いておけばよかったな。

他にも焼きサザエやエビ入りの味噌汁などもありました。期待通りの豪華な夕食で満足。ごちそうさまでした。(欲を言えば天ぷらが温かったことだけが残念)

食後は外で星空を眺めてきた

食後に部屋に戻ると布団が敷いてありました。荷物とかは横に置いておいたほうが邪魔にならずに良さそうですね。

暗いので明るくしてみてください

外に街灯が見えないのと空に雲もないので、期待して外に出て空を眺めてみると星空を眺められます。北海道に比べてしまうと物足りない感じは否めませんが、都会では味わえない光景です。

オリオン座!

地面に置いて撮影する準備をしてなかったので手持ち撮影なので暗くて申し訳ないのですが、オリオン座を見かけたので撮影。これは地元でも見られますが、空が真っ暗だとはっきり見えて綺麗でした。

星空を眺めた後はお風呂へ。でも遅くなってしまったからか、お風呂が寒い!こればっかりは温泉じゃないので仕方ないですね。

朝食はシンプルな和定食

朝食はシンプルな和定食。でもおかずは色々あって朝から満足できる食事が食べられます。自分としても毎朝これくらいの朝食を作れればいいなとは思いつつ、そんな時間はない……。

朝食を食べたら出発、平戸に来たらまた泊まりたいな。お世話になりました。

設備は質素だけども、魚介類好きにはおすすめ

部屋にエアコンはありますが、冷蔵庫や洗面器、トイレなどが共用ということで抵抗がある人は抵抗があると思います。まあ確かにトイレとかは部屋にあった方が気楽だよな……とは思いますが、その分お値段がリーズナブルに宿泊できるお宿です。

平戸らしい海産物がいろいろ食べられるので、魚介類が好きな人はぜひ泊まってみてほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました