都営地下鉄「春」のワンデーパスが発売へ、土休日に500円で乗り放題の一日乗車券

トラベルニュース
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。なお本記載は景品表示法改正に伴うASPからの要請に基づく表記であり、依頼された記事などは別途記載を実施しています。

季節ごとに販売されている都営地下鉄のワンデーパスですが、3月25日から「春」のワンデーパスが発売されます。

東京メトロの24時間券に比べると地味ですが、元々高い都営地下鉄なので割安感のあるきっぷです。

3月25日から5月7日までの土休日に発売

都営地下鉄のワンデーパスは春夏秋冬に設定されている一日乗車券。ここ最近はコロナの影響かで販売されない時期もありましたが、春のワンデーパスは無事に発売されることに。

設定期間は2023年3月25日から5月7日までで、期間中の土休日とGW中の5月1日、2日に利用可能。事前の前売りは行われず、当日に都営地下鉄各駅の券売機にて販売されます。

金額はおとな500円、こども250円となり、通常のきっぷのほか、PASMOに書き込む形で購入することも可能です。

なお都営地下鉄の駅でも他社管轄の駅(押上、目黒、白金台、白金高輪、新宿線新宿)では購入できないので注意が必要となります。

参考リンク

都営地下鉄「春」のワンデ-パスを発売いたします | 東京都交通局

コメント