ピーチと秋の乗り放題パスで巡る乗り鉄旅 in 九州:3日目

2021年の旅行記
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。なお本記載は景品表示法改正に伴うASPからの要請に基づく表記であり、依頼された記事などは別途記載を実施しています。

さて、本日は旅行最終日。今日は午前中に別府の地獄めぐりをしてから、福岡空港に久大本線経由で行く計画です。

今回の久大本線の完乗に伴って、JR九州は全線完乗となります。そして九州は……小倉の近くが若干残るくらいですね。

ピーチと秋の乗り放題パスで巡る乗り鉄旅 in 九州:2日目
今日は1日列車に乗って行きたいと思います。日田彦山線回りで門司港、そして別府へと向かいます。

ホテルはやし(ホテルシーウェーブ別府)の朝食

今回宿泊したホテルはやしでは、朝食は近くの系列ホテル「シーウェーブ別府」にて取ることになります。なので朝食券と食後の温泉のタオルを持ってシーウェーブ別府へ。

色々取ってきましたが、まあ良くあるビジネスホテルの朝食です。品数はあまり多くないかなというのと、大分の名物っぽいものがないのが残念でした(とり天とか有っても良いと思う)

メインの惣菜はこんな感じ。奥のサラダは野菜不足にならないように2回位食べてきました。後は奥にスクランブルエッグとウィンなー、筑前煮と鯖の塩焼きというラインナップ。レビューを見てみると、いつも大体同じメニューのようです。

ドリンクとごはん、味噌汁コーナーです。奥にパンコーナーも有りました。カレーなどもあるので、子供には良いかもしれませんね。

あとコーヒーを持ち帰りできるのですが、なんかスタッフの人に勧められたので持って帰ることに。これからお風呂入るんだけど()

その後露天風呂に入ってからホテルはやしに戻って出発です。安いし温泉も満喫できるし良い宿でした。そういえば入湯税は?と思ったら4,500円以下は非課税らしい。

個人的に良かったのはやっぱりこのトレインビュー。朝も列車の音で起きられたのは気分良いですね。

シェアサイクルで別府地獄めぐりへ

今日は久大本線に乗っていくのですが、時間は12時過ぎなのでそれまで時間があります。ということで別府ならではの地獄めぐりに行ってくることに。

調べてみると大分にはドコモバイクシェアがあるようなので、それを使って巡ることにします。電動アシストなので坂もらくらくです。

別府湾から大海原を眺めて出発

ねこちゃんのお見送りを受けて出発。大体8時半くらいで、3時間半くらいで巡る計画です。

別府駅前にはなくて不便なシェアサイクル乗り場に向かって乗車。都内のは赤いのですが、ここのは青なんですね。

ついでに変速が7段。とはいえ強いて3段変速のと重みは変わりません、タイヤ小さいですからね。

それでは出発。まずは近くにある別府湾に行ってみましょう。天気も良いのできっと良い景色を見られるはずです。

てな訳でやってきた別府湾。想像通りの青々とした綺麗な海が見られました。今回は3日とも天候に恵まれてラッキーでしたね。特に今日なんて雨なら行く気も起きません。

この先にはたしか四国があるんですよね。さすがにこんだけ晴れててもそこまでは見えない……か。

このタワーは別府タワーと呼ぶようで、通天閣みたいな形のタワーです。日本で何番目かに古いタワーのようですが、その分経年劣化も結構ありそうなタワーです。今回は時間もないのでパス。

途中で別のポートによって休憩です。都内と違ってあまり数は多くないので、予め調べておくと良いと思います。

そして休憩ついでに充電。都内のシェアサイクルはバッテリーをスタッフが交換しているのですが、大分のシェアサイクルはポートに止めると自動で充電される仕組みのようです。ポートに止まってたのに充電空っぽっていう問題が起きにくそうで良いですね。

飲泉などもあるかまど地獄

坂道を登り続けてかまど地獄に到着。電動アシストだから良いものの、普通の自転車なら厳しいですね。

こちらがかまど地獄。別府の地獄めぐりは各地獄が400円なのですが、全て回れる(7ヵ所)の共通券が2,000円で販売されています。

べっぷ地獄めぐり共通券・特別割引チケット

また、上記公式サイトのページを見せるだけで、10%割引の1,800円となるので、購入前には見せましょう。

各地獄の入館料400円が良いのかって話をすると、かまど地獄と海地獄、血の海地獄は良いと思うんですが、場所によってはこれで400円?って感じる場所も。

とはいえ共通券を割引で買えば、1ヵ所260円なので共通券を買うと良いと思います。全部行かないと後から行けば良かったと思ったりするでしょうしね。

でももし時間がない!ってなら、かまど地獄だけ行けば良いと思います。

では進んでいきましょう。進むと売店があり、売店の先にかまど地獄の順路があります。

最初に出てくるのがこの泥のような場所からぶくぶくと涌き出る温泉がみられます。

先に進むと左手にモニュメントと、右側には綺麗な水色の温泉が。水色なので涼しそうですが、めっちゃ熱いです。

モニュメントの所が二丁目と書かれていますが、ここからも温泉が涌き出ています。というかこの辺どこでも出るんじゃないかと思ったり。

そして水色の綺麗な温泉は三丁目と呼ばれています。涼しそうですが85度

凄い綺麗な色ですよねここ。温泉といえば透明か茶色っぽく濁っていたりというのは良くみますが、こういう綺麗な色のはあんまり見かけません。

その横には岩盤浴、飲泉、足湯と湯気を浴びるスポットが設置されています。飲泉は興味があるので飲んでみましょう。

温泉の温度は約80度。飲んでみましたが、少し塩味もあって飲みやすい温泉でした。なおヒ素が入ってるから66m以上は飲んではいけないらしい。

美味しいのでもっと飲みたくなりますが、書いてある通り少量で抑えておきましょう。

右手にあるのは、湯気を浴びられるスポット。温泉の良い香りを存分に味わうことができますが、メガネが真っ白。そりゃそうだ。

続いてはこちら。泥の中から湯気が立っているのですが、蚊取り線香の煙を当てるとそれが良く見えるっていう話でした。見えないだけでたくさん湯気が立ってるんですね。

かまど地獄の中でも一番大きな池。水色というかエメラルドグリーンというかっていう感じの綺麗な色の温泉池。温度が良ければ入れたら最高なんでしょうけど、入ったらゆでダコになっちゃいます。

お隣がかまど六丁目という最後のスポット。裏にひっそり見えていますが、ここ真っ赤なんですよ。

さっきの水色の温泉のすぐ隣なのに、こんなに色が違うってのもh不思議ですね……。

最後に足湯があります。色はあの水色の温泉と同じような感じですね。無料なので入ってみましょう。タオルは貸してくれますよ。

毛を剃れとか綺麗な足じゃないという不満は受け付けません!まあこんな感じです。温度もちょうど良くて気持ちいい足湯でした。

ワニがたくさん飼育されている鬼山地獄へ

続いて隣にある鬼山地獄へ行ってみましょう。こちらは温泉というよりもワニがメインです。逆にワニに興味なかったり恐怖心を持っているなら行かなくても良いと思います

入ると目の前に大きな温泉池が現れます。先ほどとは異なりこちらは色は付いていません。

で、ワニが居ます。というのも、温泉の熱を使って暖めた温水を用いて飼育されているみたいなのです。

王者の貫禄でしょうか。じっとしているだけでも迫力が伝わってきます。

中心の大きな池にはワニがうじゃうじゃ。もし落ちたら(柵あるので落ちない)すぐにワニのエサになってしまうことでしょう。

こちらには日向ぼっこしているワニたち。のんびりと気持ち良さそうですね。さてワニも見たので次の地獄へと向かいましょう。

ハート型の池とピラルクが居る白池地獄

次に向かったのは少し歩いたところにある白池地獄。ここにはピラルクが飼われていて、プチ水族館のようになっています。

ここ、規模としてはあまり大きくないのですが、カップルとか女子旅とかなら是非寄って欲しいスポット。理由は後程。

ここは名前の通り白い温泉の池がある地獄です。でも白いので地獄というより天国のような感じもしますね。いやでも温度は地獄なのか……。

そして奥に進むと水槽があり、大きなピラルクが飼育されています。

このガラス、拡大鏡じゃないんですよね。拡大しているんじゃないかって思うレベルの大きさです。実際にアマゾン川とかにはすんでいるのかこんな大きいのが……。

そして先ほどカップルとか女子旅にオススメって話した理由がこちら。少し高いところに展望台があるんですが、そこから眺めると池がハートマークに見えるんですよね。なんかロマンチックですが、野郎1人で来てもロマンチックの「ロ」の字もありません。

帰りに駐車場を見ると、別府地獄めぐりのバスが止まってました。これは3,900円(入館料込み)で巡ってくれるというバス。時間があるならこっちのがガイドも着いてるので良いかもしれませんね。

定期観光バス | [公式] 亀の井バス株式会社

その名の通り青いから「海地獄」

かまど地獄の駐輪場から3分ほど走って海地獄へ。この前にも駐輪場があるので置いておく間充電していきます。

この海地獄はその名の通り海のような青い温泉池がある地獄です。かまど地獄にあったもののグレードアップ版という感じ。

今日は巡りつつも平日だからってこともありますが、比較的空いていて写真も撮りやすかったです。混んでると結構人が写り混んじゃうんですよね。

海地獄全景。青というより透き通っている感じにも見えますね。底が見えないのが逆に怖さも感じます。

海地獄の先には稲荷神社があったので、ついでに参拝してきました。結構神社巡りも好きなんです。

敷地内に温泉を使った温室があり、中にオオオニバスがあるということだったのですが……。まだ10月初めなのにそれっぽいものがなくて残念。

温室を出ると赤く染まった温泉池があります。赤と水色の温泉池は何ヵ所かあるんですね。1ヵ所1色なのかと最初は思ってました。

ぶくぶく涌き出ているのが見える鬼石坊主地獄

海地獄のすぐ横にある鬼石坊主地獄。ここは泥のような所から温泉が涌き出ている様子を見ることができます。

入ると左手に湯気が立ち上っているところが。岩盤から湯気が涌き出ているようです。

奥に進むと鬼石坊主地獄の石柱があり、その裏手がこの地獄のメインの場所。

灰色の泥の中から、お湯が沸いてぶくぶくと煮たつように見えます。とはいえ私、こういうのを北海道の阿寒湖で見ているのであんまり物珍しさは感じなかったり。

振り替えたピーチとレンタカーで行く道東巡りの旅:3日目
今日は釧路湿原をぐるっと巡りつつ阿寒湖に寄って摩周温泉に泊まる1日です。

正直これのミニ版はかまど地獄にあるので、そこで満足ならこなくても良いかもしれません。

自転車で下って血の海地獄へ

ここまでのかまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、海地獄、鬼石坊主地獄は近くにまとまっているのですが、血の海地獄と龍巻地獄は3km程度離れています。

とはいえ自転車なので10分もあれば行けると思うので早速向かっていきましょう。

行きは登り坂だったということで、ここからはずっと下り坂。この天気と心地よい風を浴びながら自転車で下っていきます。

山の上のほうということで、右手を見ると別府市街が一望できます。ここまで登ってきた甲斐がありますね。

他にも景色が良さそうと思っていってみたら、ソーラーパネルがデーンと。景観損ねすぎですよ。

その先も下り坂だったのであっという間なのですが、自転車のブレーキがダメにならないかが心配でした。もしダメになったら追突不可避ですからね……。

そんなわけで無事に血の海地獄へ到着。ここは小さいときに来た記憶があります(多分ここ以外も行ってるけど、ここのインパクトが大きかったんでしょう……)

ここ血の海地獄は、その名の通り血のような赤い温泉池があるところ。小さい時には怖く感じたのかもしれませんね……。

上に展望台(?)のような場所があり、そこから撮影すると全景が見えるのですが、木がちょっと邪魔かなぁと思います。冬場とかであれば、もっと良く見えるのかも。

結局展望台に登る階段の途中が一番良さそうだったのでそこから撮影。こう見ると煮たった血のように見えて、一番「地獄」感は感じられるかもしれません。

池の右手には小さな滝も。温泉の熱気から離れて、少し涼しさを感じられます。

間欠泉が見られる龍巻地獄

ここまで6ヵ所の地獄めぐりをしてきて、次が最後の地獄。間欠泉が見られる龍巻地獄です。この龍巻地獄は時間周期で見られるかどうかなので、予め様子を聞いてから血の海地獄で時間潰ししていくことをおすすめします。

それでは龍巻地獄へ。血の海地獄から歩いて1分程度の距離にあります。