JR東日本版のどこかにマイル?6000ポイントでどこかに飛ばされる「どこかにビューーン!」が12月開始予定

トラベルニュースJRE POINT,JR東日本,どこかにビューーン

JALで行われている6000マイルで4つの行き先からどこかに行くことができる「どこかにマイル」。通常安くても片道6000マイルは掛かりますが、これを使えば片道3000マイルでどこかに行くことができます。

そんなどこかにマイルのJR東日本版である「どこかにビューーン!」というサービスが開始されるようです。

往復6000ポイントで150km以遠のどこかに行ける

どこかにビューーン!(2022年12月サービス開始予定!)|JR東日本

航空会社の場合は「特典航空券」というもので通常の運賃に比べて比較的安価に航空券に交換することが可能ですが、新幹線の場合は対して安くならない特典チケット。

しかし今回のサービスであれば本来の半額以下という価格で新幹線チケットが交換可能です。

乗車可能なのは「東京」「上野」「大宮」の3駅となっており、各種新幹線で150km以北の駅から4つ選択肢が表示され、そのどこかに行くことができるというサービスです。

先発のJALが行っているどこかにマイルはこんな感じ。同様であれば4つの駅が表示され、その中のどこかに飛ばされる上、候補は再検索できるような仕組みになると思います。

しかし上毛高原とか安中榛名とかに当たったらハズレ感半端ないですね……。まあ候補に出たら外せばいいかなとは思いますが。

先行サービスとして「どこかに冒険days」が10月に開催

どこかに冒険days(「どこかにビューーン!」先行体験イベント)|JR東日本

正式サービスの前に試験的なサービスとして、「どこかに冒険days」が実施されます。既に東京駅発は完了していますが、上野駅と大宮駅は受付を行っています。

上野駅八戸駅、山形駅、福島駅、新潟駅
大宮駅新青森駅、一ノ関駅、新庄駅、長野駅

試験サービスでは予め駅が決まっています。まあこの中ならどこが当たってもという感じはあるものの、当たりは八戸とか新青森でしょうか。

マイナポイントを使うのも良いかも

マイルはどこかから交換できる印象ですが、JREポイントは交換ができないので地道にためなくちゃならない印象。しかしちょうどマイナポイントを申し込むと最大2万ポイントゲットできるので、いいチャンスかもしれません。私もJREポイントにしようかな。