西九州新幹線開業前に!JR九州の株主優待で在来線特急ぐるっと旅:2日目

2022年7月3日2022年の旅行記7月:株優で巡るJR九州旅,にちりんシーガイア,宮崎ファイブシーズホテル,日南線,日豊本線,鹿児島本線

おはようございます。今日はにちりんシーガイアで宮崎に向かって周囲の観光を軽くして宿へという行程です。台風近づいているみたいですが大丈夫でしょうかねぇ……。

帰りは明日の鹿児島空港。ソラシドエアなのでLCCのような放置プレイはないとは信じたいのですが、飛ばなかったらどうしようという不安は付きまとってます。

福岡から昼行最長特急の「にちりんシーガイア」に乗車して宮崎空港へ

今回の旅行の目的として、かもめに乗車することもありましたが、それ以上に乗りたかったのは博多から宮崎空港までを結ぶ特急にちりんシーガイア。

この列車は博多から小倉経由の日豊本線回りで宮崎へと向かう列車で、距離にして413.1kmと現在日本国内で運行される昼行特急列車としては最長の距離を誇ります。

ちなみにこの413.1kmというのは東京から名古屋を越えて大垣辺りまでと同等の距離で、快速ムーンライトながらとほぼ同じと思うとわかりやすいかもしれません。

博多から宮崎空港まで:鹿児島本線、日豊本線

早朝の博多駅にやってきました。にちりんシーガイアの宮崎空港行きは7時半発の1本のみ。乗り遅れたら終わりなので朝は早めに起きておきました。

博多から宮崎空港までを結ぶにちりんシーガイア。大分などから発車する「にちりん」と連番となっているため、こんな時間なのに「5号」を名乗っています。

なおソニックとにちりんの乗り継ぎで宮崎へ向かう場合、別府・大分で改札をでなければ特急券が通算される特例が用意されているので、にちりんシーガイアだと特急料金が安くなるってことはありません。

  • 5005M
  • 博多→小倉→西小倉:鹿児島本線
  • 西小倉→南宮崎:日豊本線
  • 南宮崎→田吉:日南線
  • 田吉→宮崎空港:宮崎空港線
  • 特急|にちりんシーガイア 5号
  • 博多→宮崎空港
  • 博多→宮崎空港
  • 7時30分→13時19分

乗車時間は驚異の5時間49分。1日の1/4を走り続けている計算になります。経路としては小倉に向かった後スイッチバックして日豊本線に入り、南宮崎から空港方面へと進路を変えて空港へと向かうルートです。

列車は昨日も乗った787系。今回は787系が多くなりそうですね。明日もきっと787系な気がするし。

3席しかないDXグリーン席に乗車

この787系には普通車指定席、グリーン席、DXグリーン席というのがあり、今回は一番豪華なDXグリーン席に乗ることに。

DXグリーン席は3席しかない貴重な席なのですが、昨日でも空いていたので助かりました。ネットきっぷなどで割引がないので乗る人も少ないのかもしれませんね。

また、先述したソニックとにちりんの乗り継ぎの特例はDXグリーン席には適用されないため、博多→大分と大分→宮崎が別料金となり、にちりんシーガイアよりかなり高くなります。

ソニック&にちりん
博多→大分+大分→宮崎
6,490円
(2,720円+3,770円)
にちりんシーガイア
博多→宮崎
3,770円
DXグリーン席で博多~宮崎に行く場合のグリーン料金

なおこの座席に関しても株主優待は有効。距離の割に安価なDXグリーン席がさらに半額で使えるので指定席とか座ってられません。

このDXグリーン席は各座席にハンガーの設置がある他、(最近は普通車にもあることが多いけど)コンセントの設備が備わっています。

そしてリクライニングはボタンを押せば自動的に背もたれなどが動きます。グランクラスみたいな雰囲気ですね。

そして一番の特徴はこのフルフラットレベルに倒せる座席。DXグリーンのエリアは他のグリーン席とも区切られており、背後を気にすること無く全力で倒すことができます。

ほぼ横になりながら車窓を6時間眺められるって贅沢な空間。サンライズは高いけどこれならお気軽です。

途中小倉駅でスイッチバックが行われる関係で座席をくるっと回転させる必要があります。なので席の見方がわかりにくいのですが、宮崎で海をみたいなら2列側の1Aを取りましょう。1Cだと小倉で逆になっちゃいます。

朝御飯。コンビニで地域限定のおにぎりを買ってきました。鶏めしと塩サバ美味しい。鶏めしはお気に入りです。

天気が悪いのもあってどんよりした車窓ですが、延岡までやってきました。ここまで来ると宮崎空港はもうすぐって感じがしますね。

宮崎駅に着いたら乗ってたグリーン席から離れて自由席に移ります。というのも宮崎空港は日豊本線から分かれてしまうため、グリーン席も宮崎までにしてたんですよね。

ここから使うのがこちら。myrouteというアプリから発行可能なフリーきっぷとアミュプラザ1,000円商品券がセットになって1,500円というプランです。

商品券を抜くと実質500円のフリーきっぷなのですが、TOYOTA Walletで買うと500円キャッシュバックなので実質的にフリーきっぷは無料に。宮崎⇔宮崎空港の往復で720円掛かることを考えると、280円で1,000円分の商品券がもらえるような考え方もできますね。

そして宮崎~宮崎空港は自由席が乗車券のみで利用できるのですが、せっかくならと4人掛けのシートに来てみました。ここも実は自由席なんですよね。

リクライニングなどは出来ないので長時間乗車には向かないとは思いますが、優雅な雰囲気を味わえます。

宮崎市内でランチと青島観光へ

宮崎空港に到着してにちりんシーガイアの「博多→宮崎空港」の乗り通しを達成。時間的にまだ昼間なので購入したフリーきっぷを使ってランチと青島観光に行こうと思います。

宮崎空港から宮崎まで:宮崎空港線、日南線、日豊本線

宮崎空港に来たものの、特にすることもないので早々に宮崎駅へととんぼ返り。アミュプラザ宮崎へと向かいます。

帰りの列車は普通列車。たまに南宮崎で長々と止まる列車がありますが、今回の延岡行きはすんなり宮崎駅へと向かってくれます。

  • 734M
  • 宮崎空港→田吉:宮崎空港線
  • 田吉→南宮崎:日南線
  • 南宮崎→宮崎:日豊本線
  • 普通
  • 宮崎空港→延岡
  • 宮崎空港→宮崎
  • 13時34分→13時45分

宮崎空港から宮崎までは3駅なのですが、1駅ごとに路線がコロコロ変わります。こんなに短距離で路線が変わるのもここくらいじゃないでしょうか?

列車は817系。クロスシートだし快適な列車です。とはいえこれで延岡までは中々大変そうではあるけども……。

アミュプラザ宮崎の「うまや」でチキン南蛮ととり天

宮崎駅に着いたらアミュプラザに向かってきっぷの特典を引き換えます。1,000円分なのでこれを使ってランチにすることに。名物を調べてみたらチキン南蛮とか出てきたのでそれにしましょう。

チキン南蛮を探して「うまや」というお店にやってきました。メニューを見るととり天もあったので、定食メニューではないのですが「ハーフとり天370円」と「ハーフチキン南蛮370円」と「ごはん220円」と「味噌汁110円」を頼んでハーフアンドハーフ定食を作り上げてみました。普通にメニューにほしい。

とり天とチキン南蛮はサクサクで柔らかくて美味しい。タルタルソースもたっぷり添えられてて嬉しいですね。ごちそうさまでした。

なおお支払は商品券の他JQエポスゴールドカードにて。今日は5%引きなので、差額70円でも3円くらい引かれます。

宮崎から青島まで:日豊本線、日南線

日南線は何分かなと見たらちょうど10分後くらいだったので急いで駅へと向かいます。青島までもフリーエリアなので追加費用は不要です。

宮崎駅のホームには普通列車が勢揃い。キハ40も中々レアになってきたので残せるうちに写真を撮っておきましょう。

  • 1939D
  • 宮崎→南宮崎:日豊本線
  • 南宮崎→青島:日南線
  • 普通
  • 宮崎→油津
  • 宮崎→青島
  • 14時40分→15時08分

青島までは約30分。運賃は380円ということで、やはりあのフリーきっぷのお得さが目立ちますね。青島まで行けるってのはかなり嬉しいです。

列車はキハ40系。ローカル線にはやはりキハ40系が似合います。

雨の中青島観光(?)へ行ってきた

何か前に来たときにもどんよりしてる天気だった気がする青島ですが、今日も雨が降る中での訪問となってしまいました。何か宮崎に来ると天気があんまりよくないんですよね……。

これは「鬼の洗濯板」と呼ばれる波の侵食によって帯状に形成された岩です。貝殻とか拾えるみたいだけど滑りそうであんまり行きたくないですね……。

青島神社の入り口の鳥居。雨が強くなっているので早々に参拝していきましょう。

手水の所に来たら急に雨が強く……ここから帰るときにこの雨だと辛いな……と思ってたらすぐに収まってきました。急いで戻らないと。

天気も悪いので参拝客もまばら。縁結びのご利益らしいけども願いは叶うのでしょうか。叶ってほしいな。

さて前も同じだったけど今回も折り返しの列車に間に合うように急いで戻ります。もう少しのんびり参拝していきたいんですが、日南線の本数がなぁ。

青島から南宮崎まで:日南線

雨が降る中折り返しの列車に間に合うように到着できました。南宮崎まで戻っていきます。

  • 1942D
  • 青島→南宮崎
  • 普通
  • 油津→南宮崎
  • 青島→南宮崎
  • 15時44分→16時10分

今回の列車は宮崎までいかない日南線完結列車。南宮崎から乗り換えていく形になるのですが、1駅なら宮崎まで行ってほしいと思うのは私だけではないはず……。

列車は変わらずキハ40系。扇風機があるので蒸し暑く汗をかいた体がすぐに冷えて助かりました。扇風機あるほうが直接的にはすぐ冷えますよね。

南宮崎から宮崎まで:日豊本線

南宮崎に到着。ここでとある列車に乗るために少し待ち時間があるので駅前のイオンに行ってきたのですが、特に欲しいものも無かったので退散……というかレジがめちゃ並んでてげんなりしたってのが正しいかも。

帰ってくると日南線末端区間が運転見合わせとの告知が。明日日豊本線で鹿児島中央に行くので、そこが少し心配なところですね。

ホームにやってきました。今回乗車するのは日南線のD&S列車(D&S:デザイン&ストーリー)である「海幸山幸」という特急列車です。

特急列車なので通常は特急券が必要なのですが、宮崎~宮崎空港間の特急列車の自由席は乗車券のみで乗れるという特例がこの列車にも適用されるので特急券は不要となっています。

  • 8054D
  • 南宮崎→宮崎:日豊本線
  • 特急|海幸山幸4号
  • 南郷→宮崎
  • 南宮崎→宮崎
  • 16時50分→16時53分

1駅なので所要時間はわずか3分。とはいえ観光列車に乗ってみたかったので乗れてよかったなぁと思えます。

列車はキハ125系を改造した列車。宮崎辺りではあまり見ませんが、九州北部の非電化路線ではちらほらみる列車ですね。こうも変わると同じ列車には見えなかった……。

基本的にほとんど指定席なのですが、1号車の先頭部分数列だけが自由席となっています。こういう観光列車で一部自由席ってのは珍しいなぁと思います。

自由席は枕部分が自由席と掛かれています。わかりやすいようなわかりにくいような……。色とか違うとわかりやすいんですけどね。

車内の写真を撮っていたら乗車記念のポストカードを頂きました。すみません1駅しか乗ってないのに……。

宮崎駅に到着したら「ようこそ宮崎へ」という横断幕でお出迎え。ごめんなさい南宮崎からしか乗ってません……。なんて言えない。

宮崎駅に戻ってきてぶらぶらしてたら「菓匠茶屋」というお店で抹茶生地の大判焼を見つけたので買ってみました。期間限定のずんだ餡の大判焼。珍しいけどおいしかった。近くにもほしいな……。1つ150円でした。

しかし雨が降ってきたけど傘がないな……買おうかなぁと思ったら無料の貸し出し傘が。助かりました。

宮崎ファイブシーズホテルに宿泊

今回の宿泊先は宮崎駅から歩いて15分ほどの「宮崎ファイブシーズホテル」です。駅から少し遠いですが、価格が安かったのでここにしてみました。

部屋はこんな感じ。そんなに広くはないですが、ベッドにテーブルもあるので過ごすには問題ありません。エアコンは個別だし、タバコの臭いとかはないので快適です。

テーブルやバス・トイレ。普通のビジネスホテルって感じですね。トイレもウォシュレット搭載です。

無料のドリンクバーが豊富だった

今回の宿泊費は2,980円と破格だったのですが、フロント前にお茶やコーヒーなどのドリンクバーが提供されています。コーヒー飲み放題は嬉しいですね。

さらに味噌汁やコーンスープ、オニオンスープなども。飲み物は持ってこなくても良さそうですね。

夕食に鶏のタタキやらなすの揚げ浸しを食べる

夕食はスーパーで買ってきた品々で済ませます。パンにヨーグルッペ、そして鶏のタタキとなすの揚げ浸しを買ってきました。

鶏肉は普通生で食べるのは危ないですが、宮崎や鹿児島ではちゃんと適切に加工された生の鶏肉が食べられます。南九州に来たら生の鶏肉を食べたくなるんですよね。

あとはなすの揚げ浸し。好きなんですよ。ごちそうさまでした。

明日は無事に鹿児島に行けるかが勝負かも

明日は台風がきていて無事に帰れるかが現状の心配事項。鹿児島中央まで日豊本線に乗るのですが、それがちゃんと動いてくれるかなぁというのが心配な点です。

鹿児島まで行ければ空港でダメでもまあソラシドエアなので何とかしてくれるかなぁとは思いつつ、行けなかったらさすがに宮崎空港からの振り替えとかはしてくれないよなぁ……と。

現状は運行予定ですが、明日の朝が心配ですね。