イオンゴールドカードの発行基準が100万円から50万円へ緩和へ。

クレジットカード

最近ゴールドカードの安売りが激しくなってきている印象ですが、前から無料ゴールドカードとして有名(?)だったイオンゴールドカードの基準が100万円から50万円へと緩和へ。

正直ゴールドカードとしての特典が少なかったので作ってなかったのですが、50万円なら修行するのも有りかもしれません。

50万円使うと勝手にグレードアップされるゴールドカードへ

イオンゴールドカード | イオンカード 暮らしのマネーサイト

イオンゴールドカードは以前から年間いくら使えばゴールドカードが発行されると記述の有る「作りやすいゴールドカード」だったのですが、そんなに話題にもなってなかった印象です。

というのも同様の無料ゴールドのエポスカードに比べると、特典とかがそんなに目立って良くもなかったんですよね。空港ラウンジの使える空港も少ないし。

ということで作ってなかったのですが、50万円使えば発行されるなら……と、ちょっと検討し出してます(セゾンはアメックスあるしなぁと)

全てのイオンカードが対象ではない

このイオンゴールドカードですが、山のように有るイオンカード全てがアップグレードの対象になるというわけではありません。

  • イオンカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウス デザイン)
  • イオンカード(WAON一体型/トイ・ストーリー デザイン)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
  • イオンカードセレクト(トイ・ストーリー デザイン)

対象となるのは上記のカードのみ。例えばイオンJMBカードなど、他社提携カードは対象となりません。また映画の割引の有る「ミニオンズ」は対象外となるので注意。

なおミッキーマウスやトイ・ストーリーは専用柄のゴールドカードとなるので、好きな人は最初からデザイン指定で作ると良いと思います(なおJCBのみな点は注意)

無料カードの最高レベルのショッピング保険

イオンカードゴールドの特典としては、空港ラウンジやいつになっても入れないイオンラウンジなどがありますが、一番の特典はショッピング保険。

イオンカード(デビット含む)のショッピングセーフティ保険が結構有能だった件
付帯しているショッピングセーフティ保険がかなり使えそうだなと思ったので紹介したいと思います。

ショッピング保険自体は他のクレジットカードにも搭載されていることが多いですが、イオンカードのものはスマートフォンなどの電子機器も対象。

通常カードの50万円からゴールドになると300万円と補償上限がアップします。還元率は0.5%と低いカードですが、半年の保険の掛け金が0.5%と思えば良いのかなとは思います。

イオンの各種特典はもちろん対応

イオンカードの上位カードなので、お客様感謝デーやポイント10倍、オーナーズカードなどイオンカードの特典は全て対応しています。イオンカード持ちが変えることでデメリットになることはありません。

地味にうれしいイオンカード特典

私はイオンカードは常に財布に入れているのですが、その理由がこのイオンカード特典。イオンカードって特定の店で提示したり決済すると特典が貰えるサービスがあるんですよね。

見せておトク!使っておトク!イオンマークのカードの優待特典

施設の入場料が割引になったり、飲食店でドリンク無料になったりと地味だけど嬉しい特典がたくさん。最近も餃子屋さんでウーロン茶無料で貰えたりしたし。

どうせ維持費も無料なので、財布に一枚入れて損はないカードです(なんかエポスも同じような感じの側面有りますよね。)

私はイオン銀行もあるので、イオンカードセレクトでも作ってまとめてゴールドにしてみようかなと検討中。イオンカードは種類別に作れるのが嬉しいですよね。

イオンカードの作成は以下からどうぞ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました