美味しい食事とトロトロな温泉が楽しめ、最寄り駅から歩いて行ける温泉旅館「松園」に泊まってきた

宿泊記
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。なお本記載は景品表示法改正に伴うASPからの要請に基づく表記であり、依頼された記事などは別途記載を実施しています。

今回が二回目となるこの温泉旅館への宿泊です。青森県の東北町という八戸より少し上に行ったところにある温泉地にある温泉ですが、価格と泉質、そして食事も美味しいと好きな旅館です。

駅からも徒歩数分で行けるので「列車旅」で泊まるにもぴったりな旅館だと思います。なお今回はJR東日本パスの旅行での宿泊先として選びました。旅行記は以下からどうぞ

JR東日本パスと全国旅行支援で行く信州から東北巡り:2日目
「ステキ」ではなく「苦行」な日本海側の特急に結構うんざりしてしまった。

青森県の東北町、青い森鉄道「上北町駅」から徒歩数分の宿

今回宿泊する「温泉旅館 松園」は、以前は東北本線として運行していた「青い森鉄道」という路線にある「上北町」という駅が最寄り駅。新幹線で来るなら八戸で乗り換えてくるか、飛行機なら三沢空港が最寄りの空港です。

駅を降りてもあんまり「温泉街」という感じが正直しないのは確かなのですが、泉質としてはかなり良くてリピートしています。

駅を降りると歓迎の看板。でもその先は真っ暗な道が続いています。目的の温泉宿までは歩いて5分程度なのですが、ちょっと怖いかもしれませんね。

そして無事に到着。以前は車で来たので列車で来るのは初めてですね。懐かしの光景です。

入るとこんな感じのエントランスです。以前は現金だけだった気がするけどいつの間にかキャッシュレス対応になっていました。

部屋はこんな感じ。以前は和室でしたが、今回は洋室に宿泊することに。ツインベッドのようですが、片方は畳になっていて良い荷物置き場になって嬉しい。広さもそこそこあり、スーツケースなどを持ち込んでも狭さは感じないと思います。

奥のテーブルも広々。これだけあれば作業スペースとしては十分だと思います。バスタオルやタオルは部屋に置いてあるので、入るときには持っていきましょう。

しかし前回泊まった時も思いましたが、ここかなり清潔感があって「古さ」とか「汚れ」を全然感じないんですよね。下手なビジネスホテルよりもよっぽど清潔に維持されているなと思います。

なおお風呂は当たり前として、トイレや洗面所も共用になっています。気にする人は居るとは思いますが、個人的には共用でも全く問題ないとは思ってるので支障はありません。

洗面所の横にある休憩スペースにはマッサージ機も完備。お金を入れる場所がないので無料なようですね。コンセントが刺さってないので使うときは自分で刺してという使い方のようです。

また電子レンジやポットもあるので、食事つきじゃないプランでも持ち込んだご飯を温めることも可能です。

安いプランでも豊富なラインナップの夕食

今回は2食付きのプランにしているのですが、夕食付きのプランでも8,000円位のリーズナブルなプランと12,000円位の食事がグレードアップしているプランがあります。

以前は食事がグレードアップしたプランにしていたのですが、比較したいのもあって今回はリーズナブルなプランで予約してみました。

食事は食堂で食べるので移動します。家族で来ていたりするならオプションで部屋食プランとかあっても良いかもしれませんね。

夕食はこんな感じ。料理が9品とご飯とみそ汁というラインナップです。ご飯のおかずがたくさんあるしご飯もおひつに入っているので、十分お腹いっぱいになるんじゃないかなと思います。

焼き物はホルモン炒めのようで、ピリ辛で好きな味です。刺身も新鮮で1枚でご飯が進んでご飯があっという間になくなってしまいました。どれを食べても美味しくて満足です。ごちそうさまでした。

どこかにマイルで当たった青森東部レンタカーの旅:1日目
どこかにマイルで三沢に当たったので巡ってきました!

ちなみに料理がグレードアップするプランだとこのラインナップ。これにご飯があるのでお腹をよく空かせて来ないと食べきれないかも(私も当時かなりお腹いっぱいになった記憶があります)

グレードアップしたプランなら「物足りない!」ってことはそうそうないと思うので、たくさん食べたい人にはぜひグレードアップしたプランをおすすめします。

トロットロな茶褐色の温泉を堪能

ここの温泉は茶褐色なトロットロな温泉。以前も入りましたが、温泉の泉質はかなり上質で近くの人がうらやましく思います。ここは内湯と外湯がありますが、離れているので一旦服を着ないといけないのがちょっと面倒かもしれません。

内湯と外湯はこんな感じ。どちらもトロトロな温泉が楽しめますが、やっぱりちょっと寒くなった今だと露天風呂のほうが私は好き。そしてここはシャワーも温泉だったりします。

朝食を食べて朝風呂を楽しんで出発

今回は2食付きなので朝食を食べてきました。朝食は和定食+ハムという感じで、朝ごはんらしい美味しい食事です。ちなみに朝食に関してはプランによる差はないようですね。ごちそうさまでした。

裏手にある「まつのゆ」という日帰り入浴施設も無料で入れる

旅館の裏手には「まつのゆ」という同じ温泉が楽しめる日帰り入浴施設があり、Googleのレビューでも☆4.3というかなりの高評価。通常の入浴料は300円(シャンプー・ボディーソープなどは無し)なのですが、松園に泊まっている人は無料で入浴できます。

というのもこの「温泉旅館 松園」と「まつのゆ」は名前の通り経営者が同じなんですよね。だから無料で入れるというわけ。

ここでは内湯がぬるめ、熱めな温泉の他、電気風呂やサウナなど設備としては旅館の中の温泉よりも充実しています。日帰り入浴施設なので人は多めですが、電気風呂やサウナに入りたい人はぜひ行ってみてね。

いろいろと「ちょうどいい」温泉旅館

今回2回目の宿泊となりましたが、既に「また泊まりに来たい」と思えるほど気に入っています。一般的な温泉旅館のような「部屋食」「お茶請け」などのサービスはないものの、清潔感は保たれているし食事も美味しい、温泉もトロトロで好きな泉質ということ、そしてなにより立地の良さ(?)が個人的に気に入っているポイントです。

部屋も和室に洋室と揃っており、一人の旅行でも家族旅行でも楽しめるんじゃないかなと思います。また来たいなと思える旅館です(彼女とかできたら二人で来たいな←)

コメント