2019年1月旅行記(金毘羅参り)2日目

2019年1月旅行記(金毘羅参り)2日目

マリンライナーで無事高松に到着して歩いて15分程度のホテルで夜を明かしました。

明日の宿が無くなるという緊急事態

昨晩にホテルに歩いていく途中に、翌日一緒に行動予定だった人から連絡があり、体調崩して行けなくなってしまったの事。

一緒に遊んだ後にその人の家に泊めてもらう予定だったので、宿が無くなってしまう事態になりました。

まあとりあえず明日のことは明日考えようと、その日はホテルで就寝。

今夜はどうやって過ごすか考える

昨晩の夜に、今夜の宿が無くなってしまう事態が発生したのですが、何か別の手段を考えなくてはなりません。

ぱっと思いついた手段は以下の3点。

1.いつもの快活

高松に夜に到着した時に普段使用しているのが瓦町の快活クラブです。料金も比較的安価で、快活なので設備面も安心が出来ます。

2.どこか安いホテル

どこか安いホテルが無いかと調べていたのですが、土日ということもあり、安価なのはカプセル程度しかなく・・・。

3.夜行のジャンボフェリーで神戸へ移動

高松から神戸までは、毎日ジャンボフェリーが運航されており、この中には深夜便として高松午前1時発で神戸に午前5時に到着する便があります。

運賃もカプセルホテル並みな上、この便を使用すれば、朝一に三ノ宮から行動できるため、高松始発よりも費用対効果が非常に高いと判断して結果ジャンボフェリーに乗船することにしました。

選ぶ大きな条件として、明日の朝にうどん食べる?ってのがあったのですが、今日たくさん食べればいいと判断して移動することに。

あさごはんでうどんを食べる

夜の予定も決まったので、若干のんびりしてホテルをチェックアウト。最寄り駅の片原町に向かいます・・・の前に朝ご飯です。

何しろ、今回香川に来たのはこんぴらさんでの厄払いももちろんありますが、うどんを食べに来たというのも大きな理由。

一軒目 たも屋 女道場

一軒目はたも屋というチェーン店の女道場店。名前の通り店員さんは女性が多いです(が、店長は男性らしい)

この系列は東京の有楽町にもありますが、ひやかけなのにだしがピッチャーに入っていて冷えてないとか色々あって1度しか行っていません・・・。

しかし、よく入口は見ていたのですが、空いている時間に行ったことが無かったので行ってみることに。

店の外観です
わかめも薬味として入れることが可能です
安定のかけうどん

基本うどん屋さんではかけうどんばっかり頼みます。それが一番だしの味と麺の味が良く分かると思うから。

ちなみに土日にはマイ箸を持参すると、ちくわ天ぷらが無料でもらえるらしい。

2軒目 麺処 綿谷 高松店

この店、今のところ高松では一番好きな店です。高松に行ったらぜひ行ってみてほしい店。なお日曜定休です。

この店は行きたくても朝8時半からな上、日曜定休で中々行けていなかったのですが、今回久しぶりに行くことが出来ました。

店の外観です
かけは210円。小、大、特大があります。
かけ?です
比較対象がありませんが、結構いっぱい入ってます

今回頼んだのはかけ小なのですが、この店は基本的に量が多く、かけ小が他店のかけ大レベルで入ってます。

なので、あまり自信が無い人はハーフサイズで頼むといいと思います(値段変わるのかは不明)いつか特大を食べてみたいと思っていたりはしている。

こんぴらさんへ厄払いへ

うどんを食べて腹ごしらえもできたので、ことでんでこんぴらさんへ行くことに。

瓦町駅にはことちゃんの顔出しパネルなどもあったりします。

左からことちゃん、ことのちゃん、ことみちゃん。

ことでんの自動改札はICのみ

ここ瓦町の改札は自動改札になっているのですが、よく見て見てください。

きっぷを入れる口が無いのがわかると思います。今ではICのみの自動改札も珍しくなくなりましたが、ことでんでは、きっぷ対応の自動改札はありません。

地元民は乗り継ぎ割引や回数割引などがあるIruCaばっかりで、きっぷを使うのはほとんどいないってことなんでしょうかね。

ちなみに、ことでんではきっぷでの乗車時に指定駅で途中下車できるという制度があったりします

ことでん琴平線で琴平へ。

瓦町から琴電琴平までは琴平線となります。やってきたのは元京王車。

そういえばホームで待っている間に、ホームで2人でうどんを食べている人を発見。流石香川県です。

琴電琴平まで行くのは30分に1本

瓦町から琴電琴平までは約1時間で運賃は620円(IruCa使用時は590円)ちなみにICカードでも、IruCa以外は割引は無いのでご注意を。

金刀比羅宮は結構混んでいました

琴電琴平から歩いて数分の所にある金刀比羅宮ですが、行ったのが1月5日ということもあって初詣の参拝客で結構賑わっていました。

石段を700段程度上らないと本堂にたどり着きませんが、慣れるとそんなに大変でもないと思います。奥社は・・・ちょっと遠いです。


大勢の参拝客
立派な建物だけど、ここはまだ本堂ではない。
登り切った先の本堂
登った人だけが見える

2年連続の厄払いへ

去年の正月にもこんぴらさんで厄払いをしたのですが、今年も連続して厄払いをこんぴらさんで。さて、関東から厄払いに正月に香川に来ている人間なんてどれだけいるんでしょうか・・・

正直こんぴらさん好きなので、ここまで来ているってのもあります。これでまた来年も無事にこんぴらさんへ来ることが出来るでしょうか。

ジャンボフェリーの時間まで時間つぶし

無事に予定していたことも終了したので、ジャンボフェリーの時間まで時間つぶしをしなくてはなりません。取り敢えず綾川駅近くのイオンモールに行くことに。

ことちゃんひやく号に遭遇

綾川駅に行くために琴電琴平に戻ってきたところ、居たのはこの電車。

ことちゃんファミリーのラッピングされたことちゃんひやく号~!!

前の時に乗った時は夜間だったので、今回明るい時間に乗れてよかったです。

ことちゃんと遊ぶぱんにゃ

このことちゃんひやく号に土日限定でことちゃんのぬいぐるみが置いてあります。

ことちゃん「なんだこの小さいの」 ぱんにゃ「うりゅ?」
ことちゃん「乗られたことこと…」 ぱんにゃ「うりゅ~♪」

ぱんにゃもご満悦なようです。

イオンモールへ行った後、まだ時間があったので栗林公園に行ってみることにしました・・・が、営業時間外で残念ながら見ることが出来ずに終了(´・ω・`)

高松市内の散策に便利なレンタサイクル

前にも書いた気もしますが、高松市内では市営のレンタサイクル事業が行われており、観光客も利用することが出来ます。

市営ということもあり、料金はなんと6時間まで100円と24時間まで200円という破格。(こんな所にハローサイクル来てるけど使う人いるのかな)

初回登録時のみ講習(といってもビデオ見るだけ)などがありますが、それ以降は利用証を機械に通すだけで利用でき、市内のどのポートにも返却することが可能です。

また、IruCaに利用証の登録を行うと、利用から決済まで全部IruCaで出来るので非常に便利です。

夕食うどん うどん市場 兵庫町店

夕食にもうどんを食べようと思いましたが、18時時点で殆どの店が既に閉店していて、うどん難民に。

そんな時に夜8時まで営業しているお店を発見して行ってみました。

こちらのかけうどんは鰹だしのだしを使用しており、鰹のいい香りが漂っていました。

ちなみに、夜は骨付き鳥を頼んでいる人がたくさんいて、ここの名物のようですね。

さて、この後時間を潰してジャンボフェリーに乗るのですが、長くなったので次の記事に移ります。

1月:香川のこんぴらさんカテゴリの最新記事