高松空港から琴平に向かうなら、直行バスだけよりことでんバス+電車のがお得に移動可能

トラベルガイドことでん,ことでんバス,ことでん琴平線,リムジンバス,高松空港

高松空港から琴平へバスが出ているのですが、実はバスだけよりバスと電車を組み合わせると数百円安くなることをご存じでしょうか。

乗り換え無しを目的にする場合はアレですが、少しでも移動費を抑えたいときは覚えておくと便利ですよ。

高松空港から高松市内、琴平、丸亀方面にバスが運行中

高松空港からは市内や観光地でもある琴平、そして海沿いの丸亀方面にもバスが出ています。なお高松、丸亀方面は素直にバスに乗った方が良います(誤差なので)

高松空港から琴平は1,500円→990円に

そもそも今は新型コロナウイルスの影響で運休してるのですが、高松空港から琴平まではリムジンバスが走っています。

高松空港リムジンバス(うどん空港シャトル) 三豊・琴平|うどん空港シャトル|コトバス

空港から琴平までは1,500円と正直高くない?と思う所。丸亀方面が1,200円なことを考えても割高感が否めません。

所要時間50分
運賃1,500円

所要時間と運賃の関係はこんな感じ。さてこれを前提に、ことでんバスとことでんの併用を考えてみたいと思います。

高松市内行きのことでんバスで「空港通り一宮」まで乗車

高松空港前のバス乗場から、高松市内行きのバスに乗車します。降りるのは次のバス停である「空港通り一宮」です。

通常運賃IruCa運賃
460円420円

運賃は上記の通り。IruCaというのは、ことでんグループのIC乗車券で、ことでんグループの電車やバスに乗車すると割引となる乗車券です。(バスは10%割引)

なお、割引にはなりませんが、SuicaやICOCAなどの共通交通系ICカードの利用も可能となっています。

ことでん琴平線の空港通りから「琴電琴平」まで乗車

空港通りバス停から歩いて8分程度でことでんの空港通り駅に到着します。ここから琴平行きに乗車します。

空港通り駅はホームが1つしかありません。高松築港行きも琴電琴平行きも同じホームに来るので、乗り間違いには気を付けましょう。

時間により「一宮」「滝宮」行きの列車が来ますが、それは琴電琴平より手前なので終点で乗り換える必要が出てくるので、「琴電琴平」行きに乗車しましょう。

通常運賃IruCa運賃(乗継)
530円410円

運賃は上記の通り。IruCaの場合は電車の5%引きと、バスと電車の乗継特典の100円引きが合わさって410円となります。

ここまでの運賃を合計すると以下になります。

直通バス通常運賃IruCa運賃
1,500円990円830円

バスのみに比べて、通常運賃でも510円安く、IruCaの場合は670円も安くなります。うどんが2、3杯は食べられますね。

所要時間の差は10分+α程度

運賃はわかったとして、気になるのは所要時間。大体ではありますが以下のような感じです。

高松空港→空港通り一宮約10分
空港通り一宮→空港通り駅約10分
空港通り→琴電琴平約40分

空港通り駅での待ち時間が少しあるとは思いますが、時間としては大きく直行バスとは変わらなくなっています。

往復すれば1,000円以上の差となるので、琴平に行くときは頭の隅にでも覚えておくと良いと思います。